映画-Movie Walker > 人物を探す > 蛭川伊勢夫

年代別 映画作品( 1953年 ~ 1955年 まで合計2映画作品)

1955年

東京の空の下には

  • 1955年1月28日(金)公開
  • 監督、脚色

井伏鱒二の小説「吉凶うらない」から「トラン・ブーラン 月の光」の岸松雄が蛭川伊勢夫と共同で脚本を書き「あぶない年頃」の蛭川伊勢夫が監督する。撮影は「太陽のない街」の前田実、音楽は「女の一生(1955)」の黛敏郎の担当。出演者の主なる者は「生きとし生けるもの」の宇野重吉と山内明、「大学は出たけれど」の三橋達也、「愛すればこそ」の山田五十鈴、「和蘭囃子」の滝沢修など。

監督
蛭川伊勢夫
出演キャスト
宇野重吉 三橋達也 山内明 津村悠子
1953年

あぶない年頃

  • 1953年4月29日(水)公開
  • 監督

「風の噂のリル」の浅野辰雄の糊本によって戦後第一回蛭川伊勢夫が監督にあたった。出演者は「権九郎旅日記(1953)」の月丘千秋、「涙の恋千鳥」の石井麗子、「息子の青春」の蘭かず子、「抱擁(1953)」の平田昭彦ら。

監督
蛭川伊勢夫
出演キャスト
月丘千秋 石井麗子 蘭かず子 藤京子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 蛭川伊勢夫