映画-Movie Walker > 人物を探す > ルー・コディ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1931年 まで合計31映画作品)

1931年

滅びゆく凱歌

  • 1931年
  • 出演(Lew 役)

ホレース・ジャクスン及びジェームズ・グリースン両氏がストーリーを組み立て脚色したものによって「船出の朝」「夜襲」のジョン・S・ロバートソンが監督し、「海の荒鷲(1933)」「赤ちゃん母さん」のノーバート・ブロディンが撮影した映画で、主なる出演者は「脱走兵物語」「非常警戒」のビル・ボイド、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、「ハア・マン」のジェームズ・グリースン、ラッセル・グリースン、新進マリオン・シリング、「毒瓦斬」のリシー・アルナ、ルー・コディー、フレッド・スコット、メアリー・カー、ウェード・ボトラー、セオドア・フォン・エルツなどである。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ビル・ボイド ザス・ピッツ ルー・コディ マリオン・シリング

男性の血潮

  • 1931年
  • 出演(Tip_Scanlon 役)

「踊るカレッジ」「青空」のフレデリック・ハズリット・ブレナン執筆になる小説から「ハレルヤ」「ビリー・ザ・キッド」のワンダ・タショック、「マダムX」「ウォール街の女將」のウィラード・マックの二人が協力してシナリオを作成し、「緑の処女地」「肉体の呼ぶ声」のチャールズ・ブレイビンが監督に当たったもので主なる出演者は「無冠の帝王」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブル、「戦う隊商」「燃ゆる海原」のアーネスト・トーレンス、マッジ・エヴァンス、「間諜X27」のルー・コディ、「希望の星」のマリイ・プレヴォー、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、「ルンペンの天国」のハラム・クーリー、ジョン・ラーキン、ユージン・ジャクソン等。カメラは「マダム・サタン」「南方の放浪者」のハロルド・ロッソンが担当。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル アーネスト・トーレンス マッジ・エヴァンス ルー・コディ

間諜X27

  • 1931年8月12日(水)
  • 出演(Colonel_Korvin 役)

「嘆きの天使」「モロッコ」に次いでジョセフ・フォン・スタンバーグが自ら原作し、監督にあたった映画である。脚色者は「テキサス無宿」と同じくダニエル・N・ルービン、カメラは「モロッコ」「戦う隊商」のリー・ガームス。主なる出演者は「嘆きの天使」「モロッコ」のマレーネ・ディートリッヒ、特にフォックス社から籍りられたヴィクター・マクラグレン、「放浪の王者(1930)」「危険なる楽園」のワーナー・オーランド、「女の一生」「紐育の波止場」のグスタフ・フォン・セイファティツ、「四人の悪魔」「父と子」のバリー・ノートン、ルー・コディなどである。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
マレーネ・ディートリッヒ ヴィクター・マクラグレン ルー・コディ グスタフ・フォン・セイファーティッツ

天晴れ競馬で一掴み

  • 1931年
  • 出演(Wally_Weber 役)

「米国撃滅艦隊」「怒号する天地(1932)」のアルバート・S・ロージェルが監督した映画で、「米国撃滅艦隊」の脚色者リュウ・リプトンが書き下ろした台本に、現在は監督となっているラルフ・マーフィーが台詞をつけた。主役は「ビッグ・マネー」「絶対の秘密」のエディ・クィランが勤め、「拳骨大売出し」「懐かしの谷」のマリオン・ニクスン、「米国撃滅艦隊」「歓呼の涯」のジェームズ・グリースンのほか、ルー・コディ、ポール・ハースト、ジョージ・桑が助演している。カメラは「ペインテッド・デザート」のエドワード・スナイダーがクランクした。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
エディ・クィラン ジェームズ・グリースン マリアン・ニクソン ルー・コディ
1930年

陽気な後家さん

  • 1930年
  • 出演(Victor 役)

「トレスパサー」につぐグロリア・スワンソンの主演映画。ストーリーは「船出の朝」のジョセフィン・ラヴェットの筆になるものでそれをジェームズ・グリースンとジェームズ・シーモアが協力して脚本にまとめ上げ台詞を付し「鉄仮面」「南海のバラ」のアラン・ドワンが監督にアたった。助演者は「法の外(1930)」「導火線」のオーエン・ムーア、「滅び行く凱歌」「間諜X27」のルー・コディー、「七つの鍵」のマーガレット・リヴィングストン、ウィリアム・ホールデンその他でカメラは「怪紳士」「曳かれゆく男」のジョージ・バーンズが担任。

監督
アラン・ドワン
出演キャスト
グロリア・スワンソン オーエン・ムーア ルー・コディ マーガレット・リヴィングストン
1925年

モダン結婚

  • 1925年
  • 出演(Nicholas_Wentworth 役)

「紅唇百万ドル」「故郷の土」等主演のノーマ・シアラー嬢が主演する映画で、サミュエル・シップマン氏が映画のために書卸したストーリーにより、ベス・メレディス女史が脚色し、「紅唇百万ドル」「虎御前」と同じくホバート・ヘンリー氏が監督した。シアラー嬢を助けて「滑れケリー」のウィリアム・ヘインズ氏、「紅唇百万ドル」のルー・コディ氏、メアリー・カー夫人、デュポン嬢、等が主演している。

監督
ホバート・ヘンリー
出演キャスト
ノーマ・シアラー ルー・コディ ウィリアム・ヘインズ メアリー・カー

スポーツの女神

  • 1925年
  • 出演(Prince_Carlos 役)

ジェラルド・ボーモン氏作の小説をチャールズ・E・ウィティカー氏が映画的に改作しトム・ジェラティー氏が執筆した台本によって「受難のテス」「海の洗礼」等主演のブランシュ・スウィート嬢で、「ロモラ」「ステラ・ダラス(1925)」等出演のロナルド・コールマン氏と「奇跡の薔薇」「極光に踊る女」等出演のリュ・コディー氏が共演し、ジョージ・フォーセット氏ハンク・マン氏、ジョセフィン・クロウェル嬢、アーサー・ホイト氏等が助演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ブランシュ・スウィート ロナルド・コールマン ルー・コディ ジョセフィン・クロウェル

紅唇百万ドル

  • 1925年
  • 出演(David_Golman 役)

「新婚の危機」「競売台」と同じくホバート・ヘンリー氏の監督作品で、ケイリー・ウィルソン氏のオリジナル・ストーリーによりルイス・D・ライトン氏とホープ・ロアリング女史とが脚色したもの。主演者は「殴られる彼奴」「悪魔の曲馬団」出演のノーマ・シアラー嬢と「愛の黒眼鏡」「奇跡の薔薇」のルー・コディ氏とで、この2人を助けて故ウィラード・ルイス氏、カール・デーン氏、グウェン・リー嬢などが出演している。

監督
ホバート・ヘンリー ホープ・ロアリング
出演キャスト
ノーマ・シアラー ルー・コディ ウィラード・ルイス カール・デーン
1924年

3人の女性

  • 1924年
  • 出演(Edmund_Lamont 役)

「結婚哲学」に続くエルンスト・ルビッチ氏在独時代の片腕たりしハンス・クレーリー氏が台本を書いた三角恋愛劇である。3人の女性は「水塔の西」のメイ・マカヴォイ嬢と「燻ゆる情炎」のポーリン・フレデリック嬢、「結婚哲学」のマリー・プレヴォー嬢で、男は「離婚歓迎」のルー・コディ氏である。その他ウィラード・ルイス氏、メアリー・カー夫人等も助演している。尚助監督として「十番目の女」のジェームス・フラッド氏「包囲の中に」のスヴェン・ガーダ氏及びヘンリー・ブランク氏がウビッチュ氏を助けた。

監督
エルンスト・ルビッチ
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ポーリン・フレデリック マリー・プレヴォー ルー・コディ

奇跡の薔薇

  • 1924年
  • 出演(Count_de_Roche 役)

メーベル・ワグナルス女史作の「千年の薔薇の木」を映画化したもので、「嘘八百の世界」「地獄花」等と同じくジョージ・D・ベイカー氏が脚色監督した。先に上映されたアラ・ナジモヴァ婦人主演の「奇跡の薔薇」も一九一八年のベイカー氏監督作品である。主役は「美人懸賞」「幸運の風」等出演のヴァイオラダナ嬢で相手役は「快走百万哩」「恋の舞台姿」等出演のモント・ブルー氏が勤め「三人の女」等出演のルー・コディ氏を始めマージョリー・ドウ嬢、フランク・カリアー氏、エドワード・コネリー氏、ジョージ・シーグマン氏等が助演している。

監督
出演キャスト
ヴァイオラ・ダナ モント・ブルー マージョリー・ドゥ ルー・コディ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
サーホー
サーホー

『バーフバリ』シリーズのプラバースが主演を務めたインド発のクライムアクション

ジョン・F・ドノヴァンの死と生
ジョン・F・ドノヴァンの死と生

人気俳優の死の真相に迫る物語を描いた『マイ・マザー』のグザヴィエ・ドラン監督作

弥生、三月 -君を愛した30年-
弥生、三月 -君を愛した30年-

遊川和彦監督・脚本×波瑠&成田凌W主演で30年に及ぶ男女の愛を紡ぐラブストーリー

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルー・コディ