映画-Movie Walker > 人物を探す > ルー・コディ

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1934年 まで合計31映画作品)

1934年

合点!!承知!!

  • 1934年公開
  • 出演(Hanratty 役)

「ボレロ」「妾は天使じゃない」のウェズリー・ラッグルズが監督した映画で、ベン・ヘクトとジーン・ファウラーが共作した舞台劇を「勝利の朝」「仮面の米国」のハワード・J・グリーンが「女難アパート」「美人探し」のクロード・ビニヨンと共同脚色した。出演者は「絢爛たる殺人」「めりけん音頭」のジャック・オーキー、「波止場の天使」「可愛いマーカちゃん」の故ドロシー・デル、ラジオ界の人気者ベン・バーニー、「恋の凱歌」のアリソン・スキップワース、「ある日曜日の午後」のロスコー・カーンス、「空飛ぶ悪魔」のアーリーン・ジャッジ、「ボレロ」のウィリアム・フローリー、「暗夜行路」の故ルー・コディ等で、「絢爛たる殺人」「ボレロ」のレオ・トーヴァーが撮影に当った。

監督
ウェズリー・ラッグルズ
出演キャスト
ジャック・オーキー ベン・バーニー ドロシー・デル アリソン・スキップワース

嫌疑者

  • 1934年公開
  • 出演(R.J.Somers 役)

「女難アパート」「麦畑を奪うもの」と同じくラルフ・マーフィーが監督したチャールズ・R・ロジャースの作品で、ヴィエラ・キャスパリイ戸ブルース・マニングが共作し、「紐育の仇討ち」「七万人の目撃者」のギャレット・フォートが脚色に当たった。出演者は「駄法螺男爵」「やりくり客船」のザス・ピッツ、「七万人の目撃者」「宿命の窓」のフィリップス・ホームス、「ビール万歳」「月の宮殿」のメアリーブライアンを始め、「唄へ!踊れ!(1933)」のネッド・スパークス、「めりけん音頭」の故ルー・コディ、ジューン・ブルースター、チャールズ・セロン、オリーヴ・チル等で、撮影は「めりけん音頭」「麦畑を奪うもの」のミルトン・クラスナーの担当である。

監督
チャールズ・R・ロジャース
出演キャスト
ザス・ピッツ フィリップス・ホームス メアリー・ブライアン ネッド・スパークス
1933年

暗夜行路(1933)

  • 1933年公開
  • 出演(Labels 役)

「千万ドルの醜聞」「拳骨大売出し」のハリー・ジョー・ブラウン監督作品で、「千万ドルの醜聞」と同じくジーン・タウンとグレアム・ベイカーが共同して原作脚色した。撮影は「絶対の秘密」のミルトン・クラスナー。主演は「爆走する悪魔」「謎の真空管」のエドモンド・ロウと「紐育の仇討」「追いつめられた女」のナンシー・キャロル。共演に「紐育の仇討」のルー・コディ、「千万ドルの醜聞」のロバート・アームストロングおよびウォーレン・ハイマー、「恋愛百科全書」のスーザン・フレミング、「ラスカ」のドロシー・バージェス、ウォルター・ウォーカー、グラント・ミッチェル等。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
エドモンド・ロウ ナンシー・キャロル ルー・コディ ロバート・アームストロング

めりけん音頭

  • 1933年公開
  • 出演(Jules_Clark 役)

「暗夜行路」「一千万ドルの醜聞」と同じくハリー・ジョーブラウンが監督したチャールズ・R・ロジャース作品。「麦畑を荒す者」の原作者二ナ・ウィルコックス・プトナムの原案によりジャック・マッゴワン、S・J・ペレルマン、ルウ・ブレスロウが共同脚色し、「キャバレエの鍵穴」と同じくマック・ゴードンとハリー・レヴェルが作詞作曲した。撮影は「麦畑を荒す者」「暗夜行路」のミルトン・クラスナーの担当。主なる出演者は「唄へ!踊れ!(1933)」「鷲と鷹(1933)」のジャック・オーキー、「青春倶楽部(1930)」のジャック・ヘイリー、「四十二番街」のジンジャー・ロジャース、「六百万交響楽」のグレゴリー・ラトフ、「暗夜行路」のルー・コディ、子役ジュリー・タッカー等で、ラジオの人気歌手ピックンス3姉妹も出演。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ジャック・オーキー ジャック・ヘイリー ジンジャー・ロジャース グレゴリー・ラトフ
1932年

劇場王ブラウン

  • 1932年公開
  • 出演(Sam_Lehman 役)

「選手の後に娘あり」「ブラウン野球虎の巻」に次ぐジョー・E・ブラウン主演喜劇で、「スパイ(1930)」のアーサー・シーザー、「裁かれる魂」のアール・ボールドウィン及び喜劇俳優だったモンティー・パンクスが共同して書卸した脚本によってかつてリンチンチン映画の監督者だったレイ・エンライトが監督し、「恋愛即興詩」「フービー」のグレッフ・トーランドが撮影したもの。助演者は「彼女の名誉」「三太郎大西洋横断」のジンジャー・ロジャース、「七万人の目撃者」「間諜X27」のルー・コディ「フービー」のスペンサー・チャータース「裁かれる魂」のラルフ・インス「けだもの組合」のロバート・グリーグ、ヴィヴィアン・オークランド、メイ・マディスン、ウィルフレッド・ルーカス等である。

監督
レイ・エンライト
出演キャスト
ジョー・E・ブラウン ジンジャー・ロジャース ルー・コディ ヴィヴィアン・オークランド

拳骨大売出し

  • 1932年公開
  • 出演(Roarke 役)

「進めオリンピック」のジャック・オーキーが主演する映画で、トムソン・バーティスの原作をP・J・ウルフソンとアレン・リヴキンが共同で脚色し、ケン・エイナード西部劇の監督者だったハリー・ジョ・ブラウンが監督に当たり、「偽りのマドンナ」のヘンリー・シャープが撮影したもの。「拳闘のキャグネー」のマリアン・ニクソン、「摩天楼の悲劇」のトーマス・ミーアン、「偽りのマドンナ」のウィリアム・ボイド、「河上の別荘」のウォーレン・ハイマー及びウィリアム・コリアー・シニア、「七万人の目撃者」のルー・コディー・ロバート・エリオット、ザス・ピッツ等が助演するほか、有名なスポーツ記者、引退した名ボクシング家連中が大勢出演している。

監督
ハリー・ジョー・ブラウン
出演キャスト
ジャック・オーキー マリアン・ニクソン トーマス・ミーアン ウィリアム・ボイド

七万人の目撃者

  • 1932年公開
  • 出演(Slip_Buchanan 役)

R・K・O・パテから数本の映画を発表しているプロデューサーのチャールズ・R・ロジャースがパラマウントと提携して製作した映画でコートランド・フィツシモンズの筆になる小説家ら「魔人ドラキュラ」「フランケンシュタイン(1931)」のギャレット・フォートが映画劇に改作し、P・J・ウルフソン及びブレン・リヴキン両人が台詞を付加したものを前記プロデューサー付きの監督ラルフ・マーフィーが演出した作品である。主なる出演者は「私の殺した男」のフィリップス・ホームス、「春ひらく(1931)」「太平洋爆撃隊」のドロシー・ジョーダン、「君とひととき」「今晩愛して頂戴ナ」のチャーリー・ラッグルウス、「秘密の6」「ビリー・ザ・キッド」のジョン・マック・ブラウン、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、「間諜X27」のルウ・コディー、「ロイドの活動狂」のケネス・トムソン、デイヴィッド・ランドウ、ウォルター・ハイアース、リード・ハウスでカメラは「ダグラスの世界一周」「偽りのマドンナ」のヘンリー・シャープが担当している。

監督
ラルフ・マーフィー
出演キャスト
フィリップス・ホームス ドロシー・ジョーダン チャールズ・ラグルズ ジョン・マック・ブラウン

紐育の仇討

  • 1932年公開
  • 出演(Kenneth_Mason 役)

「夜毎来る女」に次ぐジョージ・ラフトの主演映画で、ジョン・ウィルスタッチの原作小説をトムソン・バーティスが脚色し、「フランケンシュタイン(1931)」「魔人ドラキュラ」のギャレット・フォートと「犯罪王リコ」「フランケンシュタイン(1931)」のフランシス・エドワーズ・ファラゴーが共同脚色し、「女傑」のジェームズ・フラッドが監督に当たり、「今晩愛して頂戴ナ」「極楽特急」のヴィクター・ミルナーが撮影した。助演者は「私の殺した男」「わがまま者」のナンシー・キャロル、「拳骨大売出し」「七万人の目撃者」のデイヴィッド・ランドー、「謎の真空管」「夜の大統領」のノール・フランシス、舞台劇から来たグレゴリー・ラトフ、ウィリアム・ジャニー、ポール・ポルカシ等である。

監督
ジェームズ・フラッド
出演キャスト
ジョージ・ラフト ナンシー・キャロル ロスコー・カーンス グレゴリー・ラトフ
1931年

天晴れ競馬で一掴み

  • 1931年公開
  • 出演(Wally_Weber 役)

「米国撃滅艦隊」「怒号する天地(1932)」のアルバート・S・ロージェルが監督した映画で、「米国撃滅艦隊」の脚色者リュウ・リプトンが書き下ろした台本に、現在は監督となっているラルフ・マーフィーが台詞をつけた。主役は「ビッグ・マネー」「絶対の秘密」のエディ・クィランが勤め、「拳骨大売出し」「懐かしの谷」のマリオン・ニクスン、「米国撃滅艦隊」「歓呼の涯」のジェームズ・グリースンのほか、ルー・コディ、ポール・ハースト、ジョージ・桑が助演している。カメラは「ペインテッド・デザート」のエドワード・スナイダーがクランクした。

監督
アルバート・S・ロージェル
出演キャスト
エディ・クィラン ジェームズ・グリースン マリアン・ニクソン ルー・コディ

男性の血潮

  • 1931年公開
  • 出演(Tip_Scanlon 役)

「踊るカレッジ」「青空」のフレデリック・ハズリット・ブレナン執筆になる小説から「ハレルヤ」「ビリー・ザ・キッド」のワンダ・タショック、「マダムX」「ウォール街の女將」のウィラード・マックの二人が協力してシナリオを作成し、「緑の処女地」「肉体の呼ぶ声」のチャールズ・ブレイビンが監督に当たったもので主なる出演者は「無冠の帝王」「暗黒街に踊る」のクラーク・ゲーブル、「戦う隊商」「燃ゆる海原」のアーネスト・トーレンス、マッジ・エヴァンス、「間諜X27」のルー・コディ、「希望の星」のマリイ・プレヴォー、「蹴球大学」のJ・ファーレル・マクドナルド、「ルンペンの天国」のハラム・クーリー、ジョン・ラーキン、ユージン・ジャクソン等。カメラは「マダム・サタン」「南方の放浪者」のハロルド・ロッソンが担当。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
クラーク・ゲーブル アーネスト・トーレンス マッジ・エヴァンス ルー・コディ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ルー・コディ