映画-Movie Walker > 人物を探す > チェザーレ・グラヴィナ

年代別 映画作品( 1916年 ~ 1928年 まで合計20映画作品)

1928年

黄金の世界へ

  • 1928年公開
  • 出演(Berna's_Grandfather 役)

ロバート・W・サービス氏原作になる小説を、ベンジャミン・グレイザー氏が改作し、同氏とウォルデマー・ヤング氏とが共同で撮影基本を書いた。監督は「お転婆キキー(1926)」「肉体と悪魔」と同じくクラレンス・ブラウン氏。主役は「ラモナ(1927)」「カルメン(1927)」のドロレス・デル・リオ嬢、「ホィップ」「ミスター・ウー」闘のラルフ・フォーブス氏、「滑れケリー」のハリー・ケイリー氏。その他タリー・マーシャル氏、エミリー・フィッツローイ嬢、ラッセル・シムブスン氏、カール・デーン氏、ケーザレ・グラビナ氏等、堂々たるオール・スター・キャストである。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ドロレス・デル・リオ ラルフ・フォーブス ハリー・ケイリー タリー・マーシャル

結婚行進曲(1928)

  • 1928年公開
  • 出演(Mitzi's_Father 役)

エリッヒ・フォン・シュトロハイム氏がその初期の作品「アルプス颪」「愚なる妻」と同じく原作監督主演した作品で、脚色にあたって「戦艦くろかね号」「男子起たば」のハリー・カー氏と共同しているとはいえ全編フォン・シュトロハイム氏の創意によって製作されたもの。助演者は氏が抜擢したフェイ・レイ嬢(「空行かば」「罪の街」出演)を筆頭に「グリード」のザス・ピッツ嬢、「悪魔の合鍵」のモード・ジョージ嬢、「熱血拳闘手」のマシュー・ベッツ氏、「燃え立つ戦線」のジョージ・フォーセット氏、「幸運の風」のジョージ・ニコルズ氏及びデール・フラー嬢、チェザーレ・グラヴィナ氏等の特異な芸風の俳優を網羅している。

監督
エリッヒ・フォン・シュトロハイム
出演キャスト
エリッヒ・フォン・シュトロハイム フェイ・レイ ザス・ピッツ マシュー・ベッツ

南京豆王子

  • 1928年公開
  • 出演(Nicholas_Tom 役)

「南京豆小僧天空の巻」「南京豆小僧競馬の巻」と同じくウィリアム・クラフト氏の監督、グレン・トライオン氏の主演になる喜劇である。ただ、対手役のみは、従来のパシー・ルース・ミラー嬢に代わるに「紅い唇(1928)」「法螺吹き靴屋大当たり」等出演のマリアン・ニクソン嬢を以てしてある。ジャック・フォーリー氏の改作をカール・クルセーダ氏が台本を作成したもので、「深夜の太陽」「翼の輝き」出演のレイモンド・キーン氏、を始めとしてブル・モンタナ氏、レオ・ホワイト氏、チェザーレ・グラヴィナ氏、等が助演している。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
グレン・トライオン レイモンド・キーン マリアン・ニクソン ブル・モンタナ

笑う男

  • 1928年公開
  • 出演(Ursus 役)

フランス文豪ヴィクトル・ユーゴーの長編名作「笑う男」の映画化で、「支那の鸚鵡」「言論の自由」等を脚色したJ・クラブ・アレキサンダー氏が映画改作並びに撮影台本作成を行い、「支那の鸚鵡」「猫とカナリヤ」と同じくポール・レニ氏が監督した。主役は「ある男の過去」「芸術と手術」等出演のコンラート・ファイト氏と「君が為め命捧げん」「オペラの怪人(1925)」等出演のメアリー・フィルビン嬢との2人で、これを助けて「罪の街」出演のオルガ・バクラノヴァ嬢、最近物故したジョージ・シーグマン氏、サム・ド・グラッス氏、チェザーレ・グラヴィナ氏、スチュアート・ホームズ氏、等が出演している。

監督
パウル・レニ
出演キャスト
メアリー・フィルビン コンラート・ファイト Julius Molnar Jr. オルガ・バクラノヴァ
1927年

狐と狸の腕比べ

  • 1927年公開
  • 出演(Tony_Verdi 役)

マックス・マーシン氏作の舞台劇をチャールズ・ローグ氏が改作し、ジェームズ・オトノホー氏が脚色し、「法に追われて」「天下の大評判」等と同じくエドワード・レムル氏が監督したもので、主役は「駅馬車(1925)」「極楽突進」等出演のベティー・カンプソン嬢、「肉弾王」「霧の裏街」等出演のケネス・ハーラン氏が演じ、エディ・グリッボン氏、チェサレイ・グラヴィナ氏、ルシアン・リトルフィールド氏等が共演している。

監督
エドワード・レムル
出演キャスト
ベティー・カンプソン ケネス・ハーラン エディ・グリッボン チェザーレ・グラヴィナ
1926年

深夜の太陽

  • 1926年公開
  • 出演(Director_of_Opera 役)

ローリッド・ブラン氏作の小説を骨子にしてエイ・ビー・ヤンガー氏が書下した台本により、「嘆きの白百合」「煉獄の花」等と同じくディミトリ・ブコウェツキー氏が監督したユニヴァーサル社1926年度特作映画である。主役は「えくぼ御用心」「スキナーの夜会服」等出演のローラ・ラ・プラント嬢と「細君御注意」「厄介娘」等出演のパット・オマリー氏とで新たに抜擢されたレイモンド・キーン氏と悪役名優ジョージ・シーグマン氏とが重要な役を演じている。その他アーサー・ホイト氏、アール・メトカルフ氏、ミハイル・ヴィヴィッチ嬢等が助演している。

監督
ディミトリ・ブコウスキー
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント パット・オマリー レイモンド・キーン アール・メトカルフ
1925年

オペラの怪人(1925)

  • 1925年公開
  • 出演(Retiring_Manager 役)

仏国探偵小説家ガストン・ルルウ氏の同名の小説からエリオット・クロースン氏が脚色し「メアリー・ゴー・ラウンド」「愛国の喇叺」等と同じくルパート・ジュリアン氏が監督し、ギブスン映画で御馴染みの監督エドワード・セジウィック氏が特に補助監督をして製作された1925年度ユニバーサル社超特作映画である。主役は「ノートルダムのせむし男(1923)」に主演したロン・チャニー氏で「メアリー・ゴー・ラウンド」「五番街のモデル」等に共演したメアリー・フィルビン嬢とノーマン・ケリー氏とが主要な役を演じ、その他ギブスン・ガウランド氏、ヴァージニア・ペアソン嬢、アーサー・エドモンド・カリュー氏等が出演している。なお劇中劇「フアウスト」はテクニカラーで撮影した。

監督
ルパート・ジュリアン
出演キャスト
ロン・チャニー メアリー・フィルビン ノーマン・ケリー スニッツ・エドワーズ

天界への挑戦

  • 1925年公開
  • 出演(Odilon_Turcot 役)

レディース・ホーム・ジャーナルに掲載されたクラレンス・バディントン・ケランド氏原著の小説「奇蹟」“Miracle” に基づき、エドワード・T・ロウ・ジュニア氏と、リチャード・ウォーレス氏が脚色し、「恐怖の街」等と同じくエドワード・レムル氏が監督した。主役は「女性の敵」「ユーモレスク(1920)」等出演のアルマ・ルーベンス嬢,「冬来りなば」「疑問のK」等出演のパーシー・マーモント氏である.

監督
エドワード・レムル
出演キャスト
アルマ・ルーベンス パーシー・マーモント ヒューイー・マック ジーン・ハーショルト
1924年

胡蝶の如く

  • 1924年公開
  • 出演(Von_Mandescheid 役)

キャスリーン・ノーリスの小説として好評を博した「胡蝶」を映画化したもので、脚色者は「子煩悩」「燃ゆる砂」「女は曲者」「唖も語る」などのオルガ・プリンツロー、「誰が罪ぞ?」「信号塔」などで一寸売出しのクラレンス・ブラウンの監督下に、ユ社新進のローラ・ラ・プラント、「メアリー・ゴー・ラウンド」「ノートルダムのせむし男(1923)」などのノーマン・ケリー、ブルーバード映画時代から返り咲きのルース・クリフォード、プリファード映画でお馴染みのケネス・ハーラン、「負けじ魂」「アダムとエヴァ」など出演のT・ロイ・バーンズ、最近エフ・ビー・オーの「離婚」に出演したマーガレット・リヴィングストンなど主演の下に製作されたものである。

監督
クラレンス・ブラウン
出演キャスト
ローラ・ラ・プラント ノーマン・ケリー ルース・クリフォード ケネス・ハーラン

蜂雀

  • 1924年公開
  • 出演(Charlot 役)

モード・フルトンという女優が書いた舞台劇に基づき、フォレスト・ハルシーが脚色し、「ボーケール」「我が懐かしの紐育」等と同じくシドニー・オルコットが監督した。主役は「舞姫ザザ(1923)」「幸福の扇」等と同じくグロリア・スワンソンで、対手は「舞踏王国」等に出演しているエドモンド・バーンズである。パリの暗黒面を背景とし、スウォンスンはアパッシュの女を演じている。

監督
シドニー・オルコット
出演キャスト
グロリア・スワンソン エドモンド・バーンズ ウィリアム・リシャルディ チェザーレ・グラヴィナ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チェザーレ・グラヴィナ