TOP > 映画監督・俳優を探す > 加賀裕子

年代別 映画作品( 1952年 ~ 1956年 まで合計3映画作品)

1956年

漫才長屋に春が来た

  • 1956年4月11日(水)
  • 出演(おきん 役)

スタッフは一四〇号掲載の「漫才長屋は大騒ぎ」と同様。配役も同じ顔ぶれをそろえているが、これに「鞍馬天狗 御用盗異変」の松島トモ子が一枚加わっている。

監督
山崎憲成
出演キャスト
ミヤコ蝶々 松島トモ子 喜味こいし 南都雄二
1953年

天狗の源内

  • 1953年2月25日(水)
  • 出演(助三郎の女房 役)

「その夜の誘惑」に次ぐ宝塚映画。脚本は中西順三、「恋の捕縄」の倉谷勇が監督している。撮影は「その夜の誘惑」と同じく藤井春美。出演者は、「恋の捕縄」の山茶花究、宝塚歌劇月組組長故里明美の映画初出演、久しぶりの江見渉の外、寺島雄作、杉山昌三九の脇役陣、宝塚歌劇団、宝塚新藝座などが賛助出演している。

監督
倉谷勇
出演キャスト
山茶花究 故里明美 江見俊太郎 寺島雄作
1952年

恋の捕縄

  • 1952年10月16日(木)
  • 出演(女房お徳 役)

「昔話ホルモン物語」に次ぐ宝塚映画で、「娘十八お転婆時代」の監督倉田勇が、脚本及び監督に当っている。撮影は藤洋三。出演者の主なものは、「娘十九はまだ純情よ」のアキレタ・ボーイズ・トリオ、に「トンチンカン捕物帳 -まぼろしの女-」の如月寛太、かつての宝塚スター初音麗子、現役スター梓真弓、尾上さくらその他宝塚少女歌劇の人々である。

監督
倉谷勇
出演キャスト
山茶花究 如月寛多 加賀裕子 梓真弓

加賀裕子の関連人物

梅香ふみ子  山茶花究  千城いづる  吉井高明  志茂山剛 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 加賀裕子

ムービーウォーカー 上へ戻る