TOP > 映画監督・俳優を探す > 安倍盛

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1954年 まで合計7映画作品)

1954年

嘘(1954)

  • 1954年10月12日(火)
  • 音楽

厚生省、中央児童福祉審議会推薦のテレビ映画第一回作品で、小学生の綴方の生んだ実話に取材している。脚本は「ボート8人娘」の岡田豊、監督は「クイズ狂時代」の佐藤武。「東京物語」の三宅邦子のほか、劇団民芸の人達が出演している。

監督
佐藤武
出演キャスト
三宅邦子 村瀬禪 芦田伸介 真弓田一夫
1953年

母波

  • 1953年4月22日(水)
  • 音楽

川口松太郎の『平凡』連載原作を新人田辺朝二(大映助監督)が脚色、「魚河岸の石松」の小石栄一が監督した。撮影、音楽にはそれぞれ「現代処女」の峰重義、「天城の決闘」の安倍盛があたっている。「総理大臣の恋文」の三益愛子、「決闘五分前」の木村三津子、「十代の性典」の千田是也、南田洋子、「女性の声」の三宅邦子などの池箏曲の宮城道雄、テイチク歌手の菅原都々子が特別出演している。

監督
小石栄一
出演キャスト
三益愛子 木村三津子 白鳥みづえ 千田是也
1952年

天城の決闘

  • 1952年7月23日(水)
  • 音楽

虎造の新作浪曲をもととした映画でグラフィック映画の製作になる。越智貞生の脚色を伊藤和夫、真弓典正が協同監督し、福田寅次郎、荒木慶彦が撮影に当っている。出演者は「お染半九郎」の海江田譲二、往年の日活スター日暮里子のほかに大友伸、岡村英司等である。尚、虎造は刑事という変った役で出る。

監督
伊藤和夫 真弓典正
出演キャスト
海江田譲二 日暮里子 大友伸 岡村英司

霧の夜の兇弾

  • 1952年6月12日(木)
  • 音楽

「オールロマンス」に掲載された並木行夫作『法の外』より「夢よいづこ」の松浦健郎がシナリオを脱稿、「哀愁の夜(1951)」の杉江敏男が東映東京撮影所で初めてメガフォンを握る。撮影は「拳銃地獄」の西川庄衛。主演に「山びこ学校」の岡田英次、「上海帰りのリル」の浜田百合子、他に植村謙二郎、河津清三郎、谷間小百合が出演している。

監督
杉江敏男
出演キャスト
岡田英次 浜田百合子 植村謙二郎 河津清三郎
1951年

奴隷の街

  • 1951年8月24日(金)
  • 音楽

NHKの連続放送劇「新しい道」より、「袴だれ保輔」の八住利雄が脚本を書き、「江の島悲歌」の小石栄一が監督し、同じく姫田真佐久が撮影に当っている。配役は、「お遊さま」の堀雄二、「牝犬」の久我美子、「黄門と弥次喜多 からす組異変」の星美千子などに、瀧花久子、花布辰男、田中春男、浦辺粂子、植村謙二郎、千石規子、沢村貞子などが助演している。

監督
小石栄一
出演キャスト
堀雄二 瀧花久子 久我美子 星美千子
1950年

決闘の河

  • 1950年11月22日(水)
  • 音楽

「将軍は夜踊る」「与太者と天使」の製作者小川記正が製作を兼ねて演出家として乗り出した第一回作品である。配役は、新派の小堀誠、松竹少女歌劇から転向した蓮見あかね、「君が心の妻」の宇佐美諄、中北千枝子、上山草人、ストリップの伊吹まり子。

監督
出演キャスト
小堀誠 蓮美あかね 宇佐美淳也 林伊佐緒

東京の門

  • 1950年10月24日(火)
  • 音楽

夕刊読売新聞に連載された田村泰次郎の原作を、長らく豊田四郎の助監督を務めていた杉江敏男が、一本立ちの監督となって初めての演出。脚本も彼自身が書いている。主演は宝塚少女歌劇から転向の越路吹雪の、映画第一回出演。それに「暁の追跡」の水島道太郎、「鞍馬天狗 大江戸異変」の沢村晶子、やはり「暁の追跡」の田崎潤、「恋愛教室」の村田知栄子、「暴力の街」「浪人街(1950)」などの佐々木孝丸が出演。

監督
出演キャスト
越路吹雪 水島道太郎 沢村晶子 田崎潤
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 安倍盛

ムービーウォーカー 上へ戻る