TOP > 映画監督・俳優を探す > 野淵昶

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1955年 まで合計14映画作品)

1955年

怪談 牡丹燈籠

  • 1955年7月12日(火)
  • 脚本、監督

「悲剣乙女桜」の野淵昶が久しぶりに監督する映画で、彼自身がシナリオを書き、「さいざんす二刀流」の藤井春美が撮影する。主なる出演者は「闇太郎変化」の東千代之介と田代百合子、「天保六道銭 平戸の海賊」の浦里はるみ、「水戸黄門漫遊記 火牛坂の悪鬼」の山口勇、「サラリーマン 目白三平」の杉狂児など。

監督
野淵昶
出演キャスト
東千代之介 田代百合子 浦里はるみ 山口勇
1953年

悲剣乙女桜

  • 1953年3月5日(木)
  • 監督

「千姫(1953)」に次ぐ宝塚作品。脚本の中川博之、入来一二を除き、監督野淵昶、撮影藤井春美、音楽渡辺浦人、美術西七郎等主なスタッフは「千姫(1953)」と同じ顔ぶれをそろえている。出演者は「千姫(1953)」の浅茅しのぶ、東郷晴子、草間淑江、南郷比加利、「恋の捕縄」の屋上さくら、「その夜の誘惑」の新珠三千代、雅章子、「天狗の源内」の故里明美など、宝塚歌劇のスタアが中心になっている。

監督
野淵昶
出演キャスト
東郷晴子 新珠三千代 浅茅しのぶ 尾上さくら

千姫(1953)

  • 1953年1月29日(木)
  • 監督

寿々喜多呂久平の脚本によって「滝の白糸(1952)」の野淵昶が監督した宝塚作品。撮影は宝塚映画の常連藤井春美。「神州天馬侠(1952)」の渡辺浦人が音楽を担当している。千姫に「恐妻時代」の浅茅しのぶが扮し、これに八千草薫、寿美花代、東郷晴子、草間淑江、南郷比加利など宝塚スタア連、「真空地帯」の山形勲、「恋の捕縄」の市川男女之助、「トンチンカン捕物帳 -まぼろしの女-」の杉山昌三九などが助演する。

監督
野淵昶
出演キャスト
浅茅しのぶ 草間淑江 東郷晴子 金剛麗子
1952年

滝の白糸(1952)

  • 1952年6月12日(木)
  • 監督

明治文壇の巨匠泉鏡花の原作から「西鶴一代女」の依田義賢が脚本を書き、「愛染橋」の野淵昶が監督し、「西陣の姉妹」の宮川一夫が撮影を担当している。なお衣裳考案を閨秀画家梶原緋佐子が受け持っている。主演は「長崎の歌は忘れじ」の京マチ子と「武蔵野夫人」の森雅之で、他に星美千子、進藤英太郎、羅門光三郎、浪花千栄子、殿山泰司などが助演している。

監督
野淵昶
出演キャスト
京マチ子 森雅之 星美千子 浪花千栄子
1951年

愛染橋

  • 1951年10月12日(金)
  • 脚本、監督

原作は川口松太郎。「武蔵野夫人」の依田義賢と野淵昶の共同のシナリオによって、「姉妹星」の野淵昶が監督し「限りなき情熱」の伊佐山三郎が撮影に当っている。主演者は「武蔵野夫人」の田中絹代に、「逢魔が辻の決闘」の岡譲二、新人三橋達也に、長谷部健、沢村貞子、殿山泰司、羅門光三郎などである。

監督
野淵昶
出演キャスト
田中絹代 岡譲司 三橋達也 長谷部健
1950年

復活(1950)

  • 1950年6月10日(土)
  • 監督

監督
野淵昶
出演キャスト
京マチ子 滝沢修

姉妹星

  • 1950年12月16日(土)
  • 脚本、監督

須田鐘太と小川吉衞の共同製作により、「雪夫人絵図(1950)」「南の薔薇」などの脚色者依田義賢と、「復活」の監督野淵昶とが共同で脚本を書き、野淵昶が演出したもの。出演者は、「肉体の暴風雨」の大日方伝に「拳銃の前に立つ母」の三益愛子、「火の鳥(1950)」の三條美紀の母物コンビが再び姉妹として共演、他に菅井一郎、浦辺粂子などが助演している。

監督
野淵昶
出演キャスト
大日方伝 三益愛子 三條美紀 三井太子
1949年

女殺し油地獄(1949)

  • 1949年10月31日(月)
  • 監督、脚本

「幽霊列車」についで野淵昶が近松門左衛門の原作から脚本を執筆し、監督する。撮影に同じく「幽霊列車」の宮川一夫が担当。出演者は「大江戸七変化」の阪東好太郎「野良犬(1949)」の志村喬「花嫁と乱入者」の日高澄子「透明人間現わる」の月形龍之介、荒木忍、「山を飛ぶ花笠」の沢村貞子、加東大介などである。

監督
野淵昶
出演キャスト
阪東好太郎 志村喬 常盤操子 日高澄子

幽霊列車(1949)

  • 1949年8月15日(月)
  • 監督

企画は「地下街の弾痕」「虹男」の辻久一。朽木綱博の原作から「三十三間堂・通し矢物語」「グッドバイ(1949)」の小国英雄が脚本を執筆、「千姫御殿(1948)」の野淵昶が監督し、撮影は「新妻会議」の宮川一夫が担当する。出演者は「花くらべ狸御殿」の柳家金語楼「平次八百八町」の花菱アチャコ「びっくり五人男」の横山エンタツ「花くらべ狸御殿」の藤井貢「三つの真珠」の日高澄子、小柴幹治らである。

監督
野淵昶
出演キャスト
柳家金語楼 花菱アチャコ 横山エンタツ 藤井貢
1948年

千姫御殿(1948)

  • 1948年9月20日(月)
  • 脚本、監督

企画は「狙われた女」の辻久一。「好色五人女」の野淵昶が脚本、演出を担当し、カメラは「山猫令嬢」の武田千吉郎。主演は「狙われた女」の花柳小菊「武装警官隊」の岡譲二で小杉勇、月形龍之介、毛利菊枝、野々宮由紀、飯田蝶子が出演する。なお按舞指導の坂本晴江がお国に扮して特別出演する。

監督
野淵昶
出演キャスト
花柳小菊 岡譲司 月形龍之介 大原二郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 野淵昶

ムービーウォーカー 上へ戻る