映画-Movie Walker > 人物を探す > 船山汎

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1955年 まで合計22映画作品)

1955年

若き潮

  • 1955年12月14日(水)公開
  • 出演(朝吹孝次 役)

「サラリーマン 続・目白三平」の沢村勉が脚本を書き、「荒木又右衛門」の堀内直真が監督。撮影は小原治夫が担当した。主なる出演者は「野菊の如き君なりき」の笠智衆、「青銅の基督」の山田五十鈴、「裏町のお嬢さん」の七浦弘子、「あこがれ(1955)」の石浜朗、田浦正巳、「続・この世の花 第4・5部」の中川弘子、文学座の宮口精二など。

監督
堀内真直
出演キャスト
笠智衆 山田五十鈴 七浦弘子 石浜朗

サラリーマン 続・目白三平

  • 1955年9月27日(火)公開
  • 出演(機関助手 役)

中年の国鉄職員とその一家を中心に庶民生活の哀歓を描く。製作スタッフは本誌一一九号所載の「サラリーマン 目白三平」と殆ど同じであるが、今回は、脚色を沢村勉、照明を森沢淑明となり、配役に若干の追加変更がある。前作と同じく中村武志の原作を「貝殻と花」の沢村勉が脚色し前作に同じく千葉泰樹が監督、西川庄衛が撮影を担当した。追加出演者のうちには「魚河岸の石松 マンボ石松踊」の堀雄二、「暴力街(1955)」の中原ひとみ、「忍術三四郎」の波島進、宇佐美諄などがいる。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
笠智衆 堀雄二 中原ひとみ 深見恵子

中野源治の冒険 三部作

  • 1955年5月31日(火)公開
  • 出演(中野源治 役)

雑誌『明星』に連載された山川惣治の原作を「母を尋ねて幾山河」の八木沢武孝が脚色、「忠治外伝 火の車お万」の津田不二夫が監督に当る。撮影は「十九の花嫁」の福島宏、音楽は「のんき裁判」の松井八郎が夫々担当している。出演者は「青春航路 海の若人」の船山汎、「サラリーマン 目白三平」の福岡正剛、中原ひとみ、日野明子、「十九の花嫁」の天路圭子など。

監督
津田不二夫
出演キャスト
船山汎 福岡正剛 高須準之助 天路圭子

青春航路 海の若人

  • 1955年4月19日(火)公開
  • 出演(横井剛 役)

商船学校の生徒を書いた『平凡』連載の小説から「この世の花」の舟橋和郎が脚本を書き、「明日の幸福」の瑞穂春海が監督する。撮影は「石松と女石松」の佐藤三郎、音楽は「飛竜の門」の木下忠司の担当である。出演者は「越後獅子祭り やくざ若衆」の中村錦之助、「七変化狸御殿」の美空ひばり、「息子の縁談」の船山汎、「血槍富士」の田代百合子、「姉妹(1955)」の中原ひとみなど。

監督
瑞穂春海
出演キャスト
中村錦之助 英百合子 美空ひばり 高木二朗

息子の縁談

  • 1955年3月6日(日)公開
  • 出演(大熊小太郎 役)

朝日新聞に連載された林房雄の小説を「竜虎八天狗 第三篇・完結篇」の八木保太郎と「此村大吉」の村山俊郎が共同で脚色し、「女人の館」の春原政久が監督に当る。撮影は「火の車お万」の星島一郎、音楽は「愛のお荷物」の黛敏郎の担当。出演者は「母を尋ねて幾山河」の船山汎、「明日の幸福」の久我美子、「一寸法師(1955)」の三浦光子、「隼の魔王」の波島進のほか藤里まゆみ、佐山二三子など。

監督
春原政久
出演キャスト
船山汎 久我美子 三浦光子 藤里まゆみ
1954年

母を尋ねて幾山河

  • 1954年12月21日(火)公開
  • 出演(清七 役)

「泥にまみれて」の八木沢武孝の脚本を、「暗黒街の脱走」の小石栄一が監督し、同じく佐藤三郎が撮影を、飯田三郎が音楽を担当。出演者は「あんみつ姫」の松島トモ子、「忠治外伝 火の車お万」の月丘千秋と高木二朗、「あゝ洞爺丸」の船山汎のほか花澤徳衛、小島洋々等で、浪曲映画シリーズの一つ。

監督
小石栄一
出演キャスト
松島トモ子 月丘千秋 船山汎 三好久子

あゝ洞爺丸

  • 1954年11月8日(月)公開
  • 出演(大学生吉川 役)

洞爺丸の遭難事件を映画化したもので、「竜虎八天狗 第一篇・第二篇」の結束信二が脚本を書き、「三日月童子 三部作」の小沢茂弘が初めての現代劇として監督する。撮影は「神風特攻隊」の小西昌三、音楽は「学生五人男」(三部作)の小杉太一郎の担当。主なる出演者は「継母」の宇佐美諄と船山汎、「悪の愉しさ」の伊藤久哉と中野かほる、「学生五人男シリーズ・第一部 幽霊軍隊」の天路圭子、「神風特攻隊」の日野明子など。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
宇佐美諄 中野かほる 原国雄 藤田淑子

継母

  • 1954年10月26日(火)公開
  • 出演(古野喬弘 役)

婦人倶楽部連載の小説を「日本敗れず」の館岡謙之助が脚色し、「水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ」の伊賀山正徳が監督、気賀靖吾が久しぶりで撮影に当る。音楽は「二十四の瞳(1954)」の木下忠司の担当。「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の折原啓子、「神風特攻隊」の宇佐美諄、船山汎、田代百合子、「日本敗れず」の高田稔、「母の初恋」の三宅邦子、「水戸黄門漫遊記 地獄極楽大騒ぎ」の月丘千秋らが出演する。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
折原啓子 宇佐美諄 田代百合子 原国雄

壮烈神風特攻隊

  • 1954年10月19日(火)公開
  • 出演(石田少尉 役)

「懐しのメロディー」の結束信二が脚本を書き、「暗黒街の脱走」の小石栄一が監督する戦記映画。撮影は姫田真佐久(こんなアベック見たことない)星島一郎(彌次喜多)小西昌三の三人が当り、音楽は「暗黒街の脱走」の飯田三郎の担当。出演者は「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の宇佐美諄、堀雄二、月形哲之介、高木二朗、田代百合子、「暗黒街の脱走」の波島進、「懐しのメロディー」の船山汎、日野明子などである。

監督
小石栄一
出演キャスト
宇佐美諄 堀雄二 高木二朗 福岡正剛

悪の愉しさ

  • 1954年10月5日(火)公開
  • 出演(池田浩二 役)

読売新聞連載の小説を「かくて夢あり」と同じく猪俣勝人が脚色、千葉泰樹が監督に当り、「母恋人形」の西川庄衛が撮影を「江戸の夕映」の黛敏郎が音楽を担当。主なる出演者は俳優座の新人伊藤久哉、「女の暦」の杉葉子、「噂の女」の久我美子、「緑の仲間」の森雅之、「懐しのメロディー」の日野明子と船山汎、「恋風街道」の東郷晴子のほか、伊豆肇、星美智子等である。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
伊藤久哉 杉葉子 久我美子 森雅之
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 船山汎