映画-Movie Walker > 人物を探す > 服部正

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1958年 まで合計52映画作品)

1948年

向う三軒両隣り

  • 1948年11月9日公開
  • 音楽

「鐘の鳴る丘」と共に全国のラジオ聴取者に親しまれている連続放送劇の映画化で、先ず「白百合の巻」と「坂東家の巻」が製作される。製作は「愛情診断書」の武山政信の担当。毎週交代で原作を書いた八住利雄、伊馬春部、北条誠、北村寿夫の原作を「花ひらく(1948)」、「野球狂時代」の八住利雄が脚色し「エノケンのホームラン王」に次いで渡辺邦男が演出する。撮影も「エノケンのホームラン王」の友茂達雄である。出演者は「親馬鹿大将」の柳家金語楼、「黒馬の団七」の江川宇禮雄、黒川弥太郎、中村彰、「三百六十五夜(1948)」の野上千鶴子、「天の夕顔」の田中春男、「唄まつり百万両」の宮川玲子、清川虹子の他松竹の飯田蝶子、大映の浦辺粂子が特出し、東宝舞踊団出身の水谷真弓と桜木陽子のニューフェイスが出演する。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
柳家金語楼 黒川弥太郎 宮川玲子 桜木陽子

火の薔薇

  • 1948年9月1日公開
  • 音楽

「不死鳥」「噂の男」の小出孝の製作。脚本は「わが生涯のかがやける日」に次いで新藤兼人が執筆。監督には「炎とともに」に先立って中村登が当たる。カメラは「弥次喜多凸凹道中」「シミキンの探偵王」森田俊保。「たそがれの密会」に引続き浜田百合子の出演で「肖像」に次ぐ佐田啓二が「彼と共に去りぬ」以来三本目の主演映画。その他清水將夫、菅井一郎(東宝)堺駿二の特別出演がある。

監督
中村登
出演キャスト
浜田百合子 佐田啓二 久慈行子 高松栄子

それはある夜のことだった

  • 1948年5月18日公開
  • 音楽

「誰がために金はある」「あの夢この歌」につぐ井内久プロデュース作品で、「見たり聞いたりためしたり」「誰がために金はある」の斎藤寅次郎が演出する。斎藤監督の原案を伏見晁が「ニコニコ大会 追ひつ追はれつ」以来久しぶりに脚本執筆に当った。撮影は「大江戸の鬼」の安本淳。「美しき豹」(大映東京)につぐ花井蘭子、「金色夜叉(1948)」(東横京都)につぐ古川緑波、大日方伝、「弥次喜多凸凹道中」(松竹大船)につぐ飯田蝶子が出演する他に、終戦直後の「歌へ!太陽」(東宝)以来の川田義雄が出演。三人の子役は片里が田中春男の長男、青柳が青柳信男の次男、服部が服部良一の次女である。因みにこの映画は「噂の男」についで大泉スタジオで製作される。

出演キャスト
花井蘭子 片里讓次 服部早苗 古川緑波

あの夢この歌

  • 1948年3月20日公開
  • 音楽

西條八十原作「歌の自序傳」を「恋する妻」の岸松雄と「誰か夢なき」「愛情診断書」の演出をした渡辺邦男が協同脚色して渡辺邦男が演出する。製作は「恋する妻」の井内久、撮影は「誰か夢なき」の友成達雄が担当。出演者は「金色夜叉(1948)」の斎藤達雄「愛情診断書」の宮川玲子、黒川弥太郎、清川虹子、「見たり聞いたりためしたり」以来の岸井明らと霧島昇、松原操らの歌手が特別出演する。西條八十の歌の集大成ともいうべき音楽映画。

出演キャスト
斎藤達雄 岸井明 清川虹子 黒川弥太郎

大学の門

  • 1948年2月19日公開
  • 音楽

田村泰次郎の原作(「サンデー毎日」連載中)を「かけ出し時代」の永見隆二「誰か夢なき」の木村千依男が協同脚色した。製作は「九十九人目の花嫁」「幸福への招待」の筈見恒夫と「浮世も天国」「見たり聞いたりためしたり」の野口久光。「九十九人目の花嫁」に次ぐ佐藤武の演出。キャメラは「見たり聞いたりためしたり」の山中晋、音楽は「誰か夢なき」「飛び出したお嬢さん」の服部正の担当。キャストは殆どニューフェイスで占めている。

監督
佐藤武
出演キャスト
堀雄二 中村彰 江見渉 大海俊二

愛情診断書

  • 1948年1月6日公開
  • 音楽

製作は「かけ出し時代」「誰か夢なき」「ぼんぼん」の武山政信、脚本は「今日は踊って」「恋する妻」の岸松雄「誰か夢なき」の渡辺邦男の協同、メガフォンは同じく渡辺邦男がとる。「今日は踊って」「誰か夢なき」の友成達雄のクランク。「かけ出し時代」「ぼんぼん」の鈴木勇が録音担当。キャストは新東宝の総動員である。

出演キャスト
大河内傳次郎 伊達里子 沢井一郎 黒川弥太郎
1947年

飛び出したお嬢さん

  • 1947年8月26日公開
  • 音楽

「象を喰つた連中」(池田忠雄と共同)「新婚リーグ戦」の斎藤良輔と、「仮面の街」(新藤兼人・岩沢庸徳と共同)の中山隆三の協同脚本を、「情炎(1947)」に次ぐ渋谷実が監督する。撮影は「深夜の市長」「情炎(1947)」の長岡博之。「情炎(1947)」の水戸光子、村田知英子、「最後の鉄腕」の三浦光子、「消えた死体」の上原謙が主演する。

監督
渋谷実
出演キャスト
河村黎吉 村田知英子 三浦光子 飯田蝶子

誰か夢なき

  • 1947年8月12日公開
  • 音楽

富田常雄の原作より渡辺邦男が「僕の父さん」の木村千依男と共同脚色し「今日は踊って」に次いで監督する作品。撮影も「今日は踊って」の友成達雄の担当。大河内、藤田、黒川らのスターを中心に新人野上千鶴子、宮川玲子らが出演。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
藤田進 黒川弥太郎 野上千鶴子 宮川玲子

素晴らしき日曜日

  • 1947年6月25日公開
  • 音楽

昨秋「わが青春に悔なし」を発表後本年に入り「四つの恋の物語(1947)」第一話(初恋)「銀嶺の果て」(谷口千吉監督)等のシナリオを書き下した黒澤明の本年度第一回監督作品。脚本は「今ひとたびの」の植草圭之助、撮影は「幸運の仲間」「わが青春に悔なし」「四つの恋の物語(1947)」第四話(恋のサーカス)の中井朝一がそれぞれ担当。沼崎勳、中北千枝子が主演するほか、ロッパ一座の渡辺篤、エノケン一座の中村是好、菅井一郎、小林十九二、清水将夫らが出演している。

監督
黒澤明
出演キャスト
沼崎勳 中北千枝子 菅井一郎 有山緑
1946年

わが青春に悔なし

  • 1946年10月29日公開
  • 音楽

「明日を創る人々」に次ぐ黒澤明演出作品。

監督
黒澤明
出演キャスト
大河内傳次郎 三好栄子 原節子 藤田進
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 服部正

ムービーウォーカー 上へ戻る