TOP > 映画監督・俳優を探す > 高堂国典

年代別 映画作品( 年 ~ 2014年 まで合計73映画作品)

1959年

暗黒街の顔役(1959)

  • 1959年1月15日(木)
  • 出演(石山の父親 役)

「若旦那は三代目」の関沢新一と西亀元貞の脚本を、「若い娘たち(1958)」の岡本喜八が監督した男性活劇篇。撮影は「裸の大将」の中井朝一、音楽は「東洋の怪物 大怪獣バラン」の伊福部昭。「弥次喜多道中双六」の鶴田浩二、「隠し砦の三悪人」の三船敏郎、「大学の人気者」の宝田明に、白川由美らが出演。パースペクタ立体音響。

監督
岡本喜八
出演キャスト
鶴田浩二 宝田明 三船敏郎 白川由美
1958年

隠し砦の三悪人

「どん底」の黒澤明が久方振りに発表する初のワイド作品で、戦国の世、敗軍の将が美女と黄金を擁して敵中を突破するという娯楽時代劇。脚本は、菊島隆三・小国英雄・橋本忍・黒澤明の合作。撮影は「東京の休日(1958)」の山崎市雄。出演者は「無法松の一生(1958)」の三船敏郎を筆頭に、千秋実・藤原釜足・藤田進・志村喬、それに新人の上原美佐・樋口年子など。

監督
黒澤明
出演キャスト
千秋実 藤原釜足 三船敏郎 藤田進

裸の大将

  • 1958年10月28日(火)
  • 出演(金持ちの爺さん 役)

山下清が自ら放浪の半生を綴った『放浪日記』から「純愛物語」の水木洋子が脚本を書き、「女殺し油地獄(1957)」の堀川弘通が監督した喜劇。撮影は「旅姿鼠小僧」の中井朝一。「風流温泉日記」の小林桂樹が山下清に扮するほか、加東大介・三益愛子・団令子・青山京子・有島一郎・市村俊幸・中田康子・横山道代などが助演する。パースペクタ立体音響。昭和33年度芸術祭参加作品。

監督
堀川弘通
出演キャスト
小林桂樹 三益愛子 中山豊 野口ふみえ

太鼓たゝいて笛吹いて

  • 1958年5月13日(火)
  • 出演(百姓 役)

菊田一夫の原案を、「旅は気まぐれ風まかせ」の小国英雄が脚色、「愛情の都」の杉江敏男が監督、同じく「愛情の都」の完倉泰一が撮影した時代喜劇。宮城まり子、有島一郎、三木のり平らのコメディアンに、久慈あさみ、草笛光子、平田昭彦、中田康子なども加わる豪華キャスト。色彩はイーストマンカラー。

監督
杉江敏男
出演キャスト
三津田健 千石規子 小泉博 宮城まり子

無法松の一生(1958)

  • 1958年4月22日(火)
  • 出演(町の古老 役)

岩下俊作の原作から伊丹万作と稲垣浩が脚色、「柳生武芸帳 双龍秘劔」の稲垣浩が再び監督する往年の名作の再映画化。撮影は「遥かなる男」の山田一夫が担当した。「柳生武芸帳 双龍秘劔」の三船敏郎、「張込み」の高峰秀子という顔合せに、芥川比呂志、笠智衆、宮口精二、多々良純、有島一郎などが出演。色彩はアグファカラー。

監督
稲垣浩
出演キャスト
三船敏郎 芥川比呂志 高峰秀子 笠原健司
1957年

続 青い山脈(1957)

  • 1957年11月19日(火)
  • 出演(長森老人 役)

「青い山脈(1957)」の後篇で、スタッフ、キャストとも草笛光子を除き前作に同じ。色彩はアグファカラー。

監督
松林宗惠
出演キャスト
雪村いづみ 久保明 司葉子 宝田明

逢いたいなァあの人に

  • 1957年10月8日(火)
  • 出演(行宗順造 役)

「坊ちゃん大学」の中田竜雄の脚本により、同じく伊賀山正光が監督、「血まみれの決闘」の佐藤三郎が撮影した歌謡メロドラマ。主演は「爆音と大地」の中村雅子、「霧の街」の今井俊二、「別れの茶摘み歌 お姉さんと呼んだ人」の島倉千代子、「こけし子守唄 夕やけ鴉」の松島トモ子。ほかに藤里まゆみ、高木二郎、古賀京子など。

監督
伊賀山正光
出演キャスト
中村雅子 松浦築枝 石井一雄 松島トモ子

青い山脈(1957)

  • 1957年10月27日(日)
  • 出演(長森老人 役)

昭和二十四年同じ東宝で製作された石坂洋次郎原作『青い山脈』の再映画化で今回は東宝スコープ、アグファカラーで製作された。脚色は前回と同じく井手俊郎(近作は「初恋物語(1957)」)が話を現代風に改め、「ひかげの娘」の松林宗恵が監督した。撮影は「智恵子抄(1957)」の小原譲治。主演は「大当り三色娘」の雪村いづみ、「大学の侍たち」の宝田明、司葉子、久保明、草笛光子、「月と接吻」の淡路恵子、映画初出演の水谷良重。ほかに太刀川洋一、中北千枝子、志村喬、井上大助など。

監督
松林宗惠
出演キャスト
雪村いづみ 久保明 司葉子 宝田明

若さま侍捕物帖 鮮血の人魚

  • 1957年9月29日(日)
  • 出演(島方左門 役)

大川橋蔵の「若さま侍」捕物シリーズの第六話。原作は城昌幸の『人魚鬼』(講談社刊)、これを「怪談番町皿屋敷」の村松道平が脚色、「魔の紅蜥蜴」の深田金之助が監督した。撮影は「素浪人忠弥」の三木滋人が担当した。主演は「ふり袖大名」の大川橋蔵「満月乙女笠」の星美智子、「ゆうれい船」の星十郎、「水戸黄門(1957)」の千原しのぶ、伏見扇太郎、「素浪人忠弥」の大川恵子。色彩はイーストマン東映カラー。

監督
深田金之助
出演キャスト
大川橋蔵 星美智子 星十郎 岸井明

健太と黒帯先生(二部作)

  • 1957年9月14日(土)
  • 出演(正直寺の和尚 役)

ラジオ東京、中部日本放送などの連続放送劇寺島アキ子の原作を「続大番 (風雲篇)」の笠原良三が脚色、「ふるさとの灯台」の原田治夫が第二回目の監督に当り、「名犬物語 吠えろシェーン」の宗川信夫が撮影を担当した。主演は劇団こけし座の少年広田栄二、第十期ニューフェイスの石井竜一と金田一敦子が抜擢されるほか、見明凡太朗、高堂国典、町田博子、立花宮子など。

監督
原田治夫
出演キャスト
石井竜一 広田栄二 宮島健一 小柳秀樹

高堂国典の関連人物

志村喬  堺左千夫  小川虎之助  三船敏郎  見明凡太朗 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 高堂国典

ムービーウォーカー 上へ戻る