TOP > 映画監督・俳優を探す > 水原真知子

年代別 映画作品( 1950年 ~ 1960年 まで合計79映画作品)

1960年

わが愛

  • 1960年1月3日(日)
  • 出演(おうめ 役)

井上靖の『通夜の客』を、「硫黄島(1959)」の八住利雄が脚色し、「からたち日記」の五所平之助が監督した抒情編。「伴淳の三等校長」の竹野治夫が撮影した。

監督
五所平之助
出演キャスト
有馬稲子 佐分利信 丹阿弥谷津子 田代久美子

浮気のすすめ 女の裏窓

  • 1960年11月30日(水)
  • 出演(市川和子 役)

吉行淳之介のエッセイを、「銀嶺の王者」の椎名利夫が脚色し「暴れん坊三羽烏」の番匠義彰が監督した風俗喜劇。撮影は「続番頭はんと丁稚どん」の太田喜晴。

監督
番匠義彰
出演キャスト
伴淳三郎 山下洵一郎 岩下志麻 高峰三枝子

続番頭はんと丁稚どん

  • 1960年8月21日(日)
  • 出演(谷使河原きみ子 役)

おなじみ花登筺のテレビ・ドラマの映画化の続編で、原作者と山根優一が脚色し、前作の酒井欣也に代って「大利根無情」の的井邦雄が監督した。撮影は「大穴」の太田喜晴。

監督
的井邦雄
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁平 芦屋雁之助

番頭はんと丁稚どん

  • 1960年5月20日(金)
  • 出演(ふみえ 役)

同名のテレビ・ドラマの映画化で、花登筐の原作を、森田竜男が脚色し、「江戸の顔役」の酒井欣也が監督した喜劇。「命との対決」の倉持友一が撮影した。

監督
酒井欣也
出演キャスト
大村崑 芦屋小雁 芦屋雁平 芦屋雁之助

命との対決

  • 1960年3月13日(日)
  • 出演(ゆかり 役)

「抱寝の長脇差」の共同執筆者・鈴木兵吾のオリジナル・シナリオを、「太陽に背く者」の酒井辰雄が監督した、兄弟愛を中心にしたアクション・ドラマ。撮影は「江戸の顔役」の倉持友一が担当した。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
森美樹 安井昌二 水原真知子 有沢正子

忍術武者修行

  • 1960年1月21日(木)
  • 出演(お国 役)

「お夏捕物帖 月夜に消えた女」の安田重夫の脚本を、「新・二等兵物語 敵中横断の巻」の福田晴一が監督した忍術映画。「よさこい時雨」の片岡清が撮影した。

監督
福田晴一
出演キャスト
三木のり平 花菱アチャコ 水原真知子 小笠原省吾
1959年

太陽に背く者

  • 1959年6月21日(日)
  • 出演(徳永の妻澄子 役)

樫原一郎の原作を、浅野辰雄・関沢新一・瀬川昌治の三人が脚色したもので、五番町事件を背景に下積みの刑事を主人公とした社会的なホームドラマ。「呪いの笛」の酒井辰雄が監督し、「修羅桜」の倉持友一が撮影した。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
志村喬 杉浦直樹 田中春男 高野真二

からたち日記

  • 1959年4月14日(火)
  • 出演(かるた 役)

信州の貧農の家に生れた一人の女性の一生を描いたもの。増田小夜の原作を「才女気質」の新藤兼人が脚色、「蟻の街のマリア」の五所平之助が監督した。撮影は「人間の条件 第1・2部」の宮島義勇。

監督
五所平之助
出演キャスト
高千穂ひづる 水原真知子 泉京子 紫千代

かくれた人気者

  • 1959年12月15日(火)
  • 出演(関口八重子 役)

獅子文六の『おばあさん』を、「とゞけ母の叫び」の依田義賢が脚色、「よさこい時雨」の酒井欣也が監督したホーム・コメディ。撮影は「お夏捕物帖 月夜に消えた女」の石本秀雄。

監督
酒井欣也
出演キャスト
清川虹子 石黒達也 浅茅しのぶ 大西さく子
1958年

七人若衆誕生

  • 1958年8月31日(日)
  • 出演(姉おさい 役)

「呪いの笛」の共同執筆者安田重夫の脚本を、「勇み肌千両男」の倉橋良介が監督、服部幹夫が撮影した時代劇で、七人の新人がお目見えする。花ノ本寿・中山大介・川田浩三・松本錦四郎・林与一・大谷正弥・大谷ひと江がそれで、他に森美樹・福田公子・富士真奈美も出演している。

監督
倉橋良介
出演キャスト
花ノ本寿 尾上菊太郎 水原真知子 北原隆

水原真知子の関連人物

吉川満子  坂本武  高橋とよ  川喜多雄二  山路義人 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 水原真知子

ムービーウォーカー 上へ戻る