映画-Movie Walker > 人物を探す > 広沢虎造

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1957年 まで合計30映画作品)

1957年

ふり袖捕物帖 ちりめん駕篭

  • 1957年3月20日(水)公開
  • 出演(飴屋の虎造 役)

ひばり、千代之介の青春コンビが描くスリルと笑いの娯楽篇。“小説の泉”連載の瀬戸口寅雄の原作を高岡尚一が脚色し、「ふり袖捕物帖 若衆変化」の松村昌治が監督。撮影は「青雲の鬼」の坪井誠。主な出演者は「若獅子大名」の東千代之介、「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」の美空ひばり、「大名囃子 (前後篇)」の堺駿二、ほかに杉狂児、浦里はるみなど。

監督
松村昌治
出演キャスト
美空ひばり 東千代之介 堺駿二 山口勇

純情部隊

  • 1957年1月15日(火)公開
  • 出演(虎沢二等兵 役)

「怒れ! 力道山」の力道山が東千代之介と組んでおくる明朗友情物語。“読切倶楽部”所載玉川一郎の原作から「母星子星」の中田竜雄が脚本を書き、「遠山金さん捕物控 影に居た男」のマキノ雅弘が監督する。撮影は「拳銃を捨てろ」の藤井静。主な出演者は力道山、東千代之介、「母星子星」の月丘千秋、「警視庁物語 追跡七十三時間」の星美智子、藤里まゆみ、「一夜の百万長者」の堺駿二、「神変美女桜」の進藤英太郎、加えてディック・ミネ、広沢虎造、駿河海、藤田山、九州山、志村アナウンサーなど。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
力道山 進藤英太郎 杉狂児 広沢虎造

歌う弥次喜多 黄金道中

  • 1957年1月3日(木)公開
  • 出演(広沢村の虎造 役)

ラジオ東京他で人気のある連続放送劇の映画化、ミュージカル時代喜劇。脚本は吉田一郎、淀橋太郎の共同、「阪妻追善記念映画 京洛五人男」の大曽根辰保が監督、同じく石本秀雄が撮影を担当する。主な出演者は、「阪妻追善記念映画 京洛五人男」の高田浩吉、「男の花道」の伴淳三郎、「世にも面白い男の一生 桂春団治」の高峰三枝子、「アチャコ行状記 親馬鹿天国」の花菱アチャコ、「お初の片恋」の中村メイコ、ほかに日守新一、広沢虎造、東富士、トニー谷、秋月恵美子、芦原千津子、関千恵子、堺駿二、島倉千代子、藤島桓夫、小坂一也、ミヤコ蝶々、南都雄二、島ひろし、ミス・ワカサなど演劇、歌謡、スポーツ、漫才界の人気者たち。

監督
大曾根辰保
出演キャスト
高田浩吉 伴淳三郎 高峰三枝子 日守新一
1956年

デンスケの宣伝狂

  • 1956年10月17日(水)公開
  • 出演(ショウ子の父吾助 役)

毎日新聞連載漫画、横山隆一原作“デンスケ”の映画化。「悪魔の街」の白石五郎と「東京バカ踊り」の柳沢類寿が共同で脚色、「地下から来た男」の吉村廉が監督、「暁の逃亡」の峰重義が撮影を担当する。主な出演者は「地下から来た男」のフランキー堺、丹下キヨ子、「青い怒濤」の東谷暎子、「ニコヨン物語」の中原早苗、その他、木戸新太郎、市村俊幸、浪曲の広沢虎造、原作者横山隆一、それに実弟の横山泰三も出演する。

監督
吉村廉
出演キャスト
フランキー堺 東谷暎子 中原早苗 丹下キヨ子
1955年

七変化狸御殿

  • 1955年12月29日(木)公開
  • 出演(森の石松 役)

「伝七補物帖 黄金弁天」の柳川真一、「怪猫腰抜け大騒動」の中田竜雄、「最後の江戸ッ子」の森田龍男の三人が共同で脚本を書き、「忠臣蔵(1954)」の大曾根辰夫が監督に当る。撮影は「忠臣蔵(1954)」の石本秀雄、音楽は「名探偵明智小五郎シリーズ 青銅の魔人 第一部」の万城目正の担当である。出演者は「お夏清十郎」の美空ひばり、「孝子五郎正宗」の宮城千賀子、「地獄への復讐」の淡路恵子、「浮かれ狐千本桜」の伴淳三郎、堺駿二、「忠次外伝 火の車お万」の広沢虎造、「地獄の花束」の有島一郎、「満月狸ばやし」の川田晴久などの外、高田浩吉、奈良光枝、フランキー堺等が特別出演する。

監督
大曾根辰夫
出演キャスト
美空ひばり 宮城千賀子 野沢英一 堺駿二

花の二十八人衆

  • 1955年8月9日(火)公開
  • 出演(ども虎 役)

賀集院太郎の脚本を「歌まつり 満月狸合戦」の斎藤寅次郎が監督する時代劇。撮影は「月を斬る影法師」の本多省三、音楽は「踊り子行状記」の大久保徳二郎の担当である。出演者は「踊り子行状記」の勝新太郎、「娘の縁談」の矢島ひろ子、「藤十郎の恋」の三田登喜子、「銭形平次捕物控 どくろ駕籠」の入江たか子、清川虹子など。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
勝新太郎 矢島ひろ子 三田登喜子 田端義夫

清水の三ン下奴

  • 1955年8月1日(月)公開
  • 出演(鐘馗の虎三 役)

山田信一の原案を小川三郎と中川明徳が脚色、「春色大盗伝」の冬島泰三が監督する時代劇。撮影は「皇太子の花嫁」の山中晋、音楽は「鬼斬り若様」の上原げんとの担当である。出演者は「森繁の新入社員」の田中春男、「忘れないよ」の森川信、「虚無僧系図」の月形龍之介、「春色大盗伝」の若杉須美子、小高まさる、「浪人吹雪」の北上弥太朗のほか、広沢虎造、神楽坂はん子、宮城千賀子、美雪節子など。

監督
冬島泰三
出演キャスト
広沢虎造 田中春男 森川信 月形龍之介

歌まつり 満月狸合戦

  • 1955年5月1日(日)公開
  • 出演(清水次郎長 役)

「越後獅子祭り やくざ若衆」の中田竜雄の脚本を、「爆笑青春列車」の斎藤寅次郎が監督し、「喧嘩鴉」の服部幹夫が撮影に当る。音楽は「浮かれ狐千本桜」の原六郎である。「水郷哀話 娘船頭さん」の美空ひばりと「ジャズ娘乾杯!」の雪村いづみが初めて顔を合せるほか、トニー谷、堺、川田、山茶花らのコメディアンが出演する。

監督
斎藤寅次郎
出演キャスト
美空ひばり 雪村いづみ 藤間林太郎 北漣太郎
1954年

忠治外伝 火の車お万

  • 1954年11月30日(火)公開
  • 出演(国定忠治 役)

青木義久の原案から木村重夫が脚本を書き、「懐しのメロディー」の津田不二夫が監督し、「神風特攻隊」の星島一郎が撮影する。主なる出演者は「継母」の月丘千秋と高木二朗、「お夏清十郎」の堺駿二と川田晴久、「日本敗れず」の佐々木孝丸などで、広沢虎造が自身出演するほか浪曲口演も担当している。

監督
津田不二夫
出演キャスト
月丘千秋 高木二朗 堺駿二 明石潮

次郎長三国志 第九部 荒神山

  • 1954年7月13日(火)公開
  • 出演(張子の虎三 役)

「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」に次ぐ次郎長三国志、本篇は前後篇に分けて封切りされる。従って第一部「次郎長売出す」(52)以来三年越しの本シリーズもこの後篇第十部をもってここに完結する。村上元三の原作より、前作と同じくマキノ雅弘(やくざ囃子)が監督しているが、今回は脚本を「七人の侍」の橋本忍、撮影を「さらばラバウル」の山田一夫がそれぞれ担当。出演者は前作とほぼ同じであるが、今回は「かくて夢あり」の若原雅夫、「黒い罌粟」の角梨枝子、「やくざ囃子」の岡田茉莉子等が新しく登場する。

監督
マキノ雅弘
出演キャスト
若原雅夫 千秋実 小堀明男 河津清三郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 広沢虎造