映画-Movie Walker > 人物を探す > 早坂文雄

年代別 映画作品( 1946年 ~ 2008年 まで合計62映画作品)

2008年

羅生門(デジタル完全版)

  • 2008年11月29日(土)公開
  • 音楽

1951年のベネチア映画祭で金獅子賞に輝いた巨匠、黒澤明監督の名作を、日米の共同作業によってデジタル復元。芥川龍之介原作のミステリー時代劇が鮮明な映像でよみがえる。

監督
黒澤明
出演キャスト
三船敏郎 京マチ子 志村喬 森雅之
2006年

新・平家物語(ニュープリント版)

  • 2006年9月9日(土)公開
  • 音楽

吉川英治原作の歴史ドラマ三部作の第1部。ロングショットを基調としたクレーン撮影は海外で高く評価され、フランスのヌーベル・バーグの作家たちを熱狂させた。

監督
溝口健二
出演キャスト
市川雷蔵 久我美子 林成年 木暮実千代

武蔵野夫人

  • 2006年9月9日(土)公開
  • 音楽

大岡昇平のベストセラー小説を、豪華キャストの共演で映画化。人妻と年下のいとことの恋愛を軸に、愛憎入り交じる複雑な人間模様を絢爛なタッチで描いた文芸メロドラマ。

出演キャスト
田中絹代 森雅之 山村聡 轟夕起子
1956年

幸福はあの星の下に

  • 1956年2月5日公開
  • 音楽

「不良少年の母」の八田尚之の脚本を「ジャンケン娘」のコンビ杉江敏男が監督、完倉泰一が撮影を担当した。主なる出演者は「柿の木のある家」の上原謙、「次郎物語(1955)」の木暮実千代、「青い果実」の岡田茉莉子、「朝霧(1955)」の久保明、「生きものの記録」の東郷晴子、三好栄子、「息子一人に嫁八人」の花井蘭子など。

監督
杉江敏男
出演キャスト
上原謙 東郷晴子 久保明 木暮実千代
1955年

生きものの記録

  • 1955年11月22日公開
  • 音楽

「生きとし生けるもの」の橋本忍、「おしゅん捕物帖 謎の尼御殿」の小国英雄、「七人の侍」監督以来の黒澤明の三人が共同で脚本を書き、黒澤明が監督、「制服の乙女たち」の中井朝一が撮影を担当した。主なる出演者は「宮本武蔵(1954)」の三船敏郎、「夫婦善哉」の三好栄子、宝塚歌劇団の東郷晴子(東宝入社第一回)、「姿なき目撃者」の志村喬、「おえんさん」の清水将夫、「朝霧(1955)」の青山京子、「やがて青空」の太刀川洋一、「獣人雪男」の根岸明美など。

監督
黒澤明
出演キャスト
三船敏郎 三好栄子 東郷晴子 清水将夫

あすなろ物語

  • 1955年10月5日公開
  • 音楽

井上靖の原作を「消えた中隊」の黒澤明が脚色、黒沢の助監督だった堀川弘通が第一回作品として監督する。撮影は「お笑い捕物帖 八ッあん初手柄」の山崎一雄、音楽は「楊貴妃」の早坂文雄の担当。出演者は主人公を年代に応じて久保賢、鹿島信哉(何れも新人)、「麦笛」の久保明が演じ、「男ありて」の岡田茉莉子、「美わしき歳月」の木村功、久我美子、「33号車応答なし」の根岸明美、「麦笛」の太刀川洋一などが出演。

監督
堀川弘通
出演キャスト
久保賢 岡田茉莉子 木村功 三好栄子

楊貴妃

  • 1955年5月3日公開
  • 音楽

大映と香港のショウ・ブラザース社との合作による大映カラー総天然色映画で、永田雅一、ランラン・ショウが製作に当る。白楽天の『長恨歌』にもとずいて香港の脚本家陶秦が書いたものを「七つの顔の銀次」の川口松太郎、「舞妓三銃士」の依田義賢、「明治一代女」の成澤昌茂が共同で書き直し、「近松物語」の溝口健二が監督に当り、撮影には「千姫(1954)」の杉山公平が当る。中国の時代考証家廬世候が美術の水谷浩と協力している。出演者は「春の渦巻」の京マチ子、「愛のお荷物」の山村聡、「浮雲」の森雅之、「お嬢さん先生」の南田洋子「近松物語」の小沢栄、「女給」の山形勲のほかに霧立のぼる、村田知英子、阿井美千子、進藤英太郎、石黒達也、杉村春子、村瀬幸子、信欣三などである。

監督
溝口健二
出演キャスト
京マチ子 森雅之 山村聡 小沢栄
1954年

密輸船(1954)

  • 1954年12月1日公開
  • 音楽

高野竜雄の原案から、「七人の侍」の小国英雄が宮田輝明と共同で脚本を書き、「水着の花嫁」の杉江敏男が監督する。撮影は「次郎長三国志 第八部 海道一の暴れん坊」の飯村正、音楽は「君死に給うことなかれ」の早坂文雄の担当。主演者は「宮本武蔵(1954)」の三船敏郎、「此村大吉」の久慈あさみ、徳大寺伸、「うれし恥かし看板娘」の北川町子などである。

監督
杉江敏男
出演キャスト
三船敏郎 田島義文 桜井巨郎 土屋嘉男

近松物語

  • 1954年11月23日公開
  • 音楽

近松門左衛門作の『大経師昔暦』を川口松太郎が劇化(オール読物所載「おさん茂兵衛」)し、それをもととして「忠臣蔵(1954)」の依田義賢が脚本を執筆、「噂の女」の溝口健二が監督に当る。撮影も同じく宮川一夫で、音楽は「千姫(1954)」の早坂文雄の担当。出演者は「銭形平次捕物控 幽霊大名」の長谷川一夫、「母の初恋」の香川京子、「君待船」の南田洋子、「新しき天」の小沢栄のほか、進藤英太郎、田中春男など。

監督
溝口健二
出演キャスト
長谷川一夫 香川京子 進藤英太郎 小沢栄

千姫(1954)

  • 1954年10月20日公開
  • 音楽

永田雅一の製作になるイーストマン・カラーの時代劇で、今後は大映カラーと称する。「花の白虎隊」の八尋不二の脚本を、「愛染かつら(1954)」の木村恵吾が監督する。撮影は「死美人屋敷」の杉山公平、音楽は「君死に給うことなかれ」の早坂文雄の担当である。出演者は「浅草の夜」の京マチ子がヒロインの千姫を演ずる外、「月よりの使者(1954)」の菅原謙二、「花の白虎隊」の峰幸子、小町瑠美子、三田隆、花柳武始、市川雷蔵、「鉄火奉行」の大河内傳次郎、「人生劇場 望郷篇 三州吉良港」の山形勲など。

監督
木村恵吾
出演キャスト
京マチ子 菅原謙二 市川雷蔵 三田隆
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 早坂文雄