映画-Movie Walker > 人物を探す > 霧立のぼる

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1955年 まで合計30映画作品)

1955年

五十円横町

  • 1955年6月22日(水)公開
  • 出演(お清 役)

中野繁雄と原田光夫の原案から「サラリーマン 目白三平」の井手俊郎が脚本を書き、「勝敗」の佐伯幸三が監督する。撮影は「母千草」の中川芳久、音楽は「忘れないよ」の米山正夫の担当である。主なる出演者は「つばくろ笠」の三益愛子、「東京暴力団」の高松英郎、船越英二、「麝香屋敷」の蔵方しげる、「月を斬る影法師」の峰幸子、「心に花の咲く日まで」の丹阿弥谷津子など。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
三益愛子 高松英郎 井上大助 加東大介

楊貴妃

  • 1955年5月3日(火)公開
  • 出演(翠花 役)

大映と香港のショウ・ブラザース社との合作による大映カラー総天然色映画で、永田雅一、ランラン・ショウが製作に当る。白楽天の『長恨歌』にもとずいて香港の脚本家陶秦が書いたものを「七つの顔の銀次」の川口松太郎、「舞妓三銃士」の依田義賢、「明治一代女」の成澤昌茂が共同で書き直し、「近松物語」の溝口健二が監督に当り、撮影には「千姫(1954)」の杉山公平が当る。中国の時代考証家廬世候が美術の水谷浩と協力している。出演者は「春の渦巻」の京マチ子、「愛のお荷物」の山村聡、「浮雲」の森雅之、「お嬢さん先生」の南田洋子「近松物語」の小沢栄、「女給」の山形勲のほかに霧立のぼる、村田知英子、阿井美千子、進藤英太郎、石黒達也、杉村春子、村瀬幸子、信欣三などである。

監督
溝口健二
出演キャスト
京マチ子 森雅之 山村聡 小沢栄

幸福を配達する娘

  • 1955年2月5日(土)公開
  • 出演(達枝 役)

講談倶楽部連載の源氏鶏太の小説“緑に匂う花”を「女人の館」の井手俊郎が脚色し、「千姫(1954)」の木村恵吾が監督する。撮影は「勝敗」の秋野友宏、音楽は「浮雲」の斎藤一郎の担当である。出演者は「螢の光」の若尾文子、菅原謙二、「恋の野球拳 こういう具合にしやしゃんせ」の船越英二、「怪猫逢魔が辻」の霧立のぼる、「馬賊芸者」の高松英郎、「さいざんす二刀流」の千秋実のほか、矢島ひろ子、菅井一郎など。

監督
木村恵吾
出演キャスト
若尾文子 菅井一郎 北林谷栄 井上大助

泣き笑い地獄極楽

  • 1955年1月29日(土)公開
  • 出演(お蝶 役)

村野鉄太郎の原案から高橋二三が脚本を書き、第一同作品として新人の浜野信彦が監督に当る。撮影は「春の渦巻」の高橋通夫、音楽は「恋の野球拳 こういう具合にしやしゃんせ」の大久保徳二郎の担当である。出演者は「恋の野球拳 こういう具合にしやしゃんせ」の船越英二、伏見和子、「勝敗」の藤田佳子、「川のある下町の話」の品川隆二、「怪猫逢魔が辻」の霧立のぼる、落語家の古今亭志ん生、キング・レコードの林伊佐緒など。

監督
浜野信彦
出演キャスト
船越英二 伏見和子 古今亭志ん生 橘喜久子
1954年

怪猫逢魔が辻

  • 1954年12月29日(水)公開
  • 出演(阪東染若 役)

大映怪猫映画の第四作で、企画者高桑義生の小説を前三作と同じく木下藤吉が脚色し、「投げ唄左門三番手柄 覆面髑髏隊」の加戸敏と武田千吉郎がそれぞれ監督、撮影に当る。前三作同様、入江たか子が主演するほか「丹下左膳 こけ猿の壷」の坂東好太郎、「お富さん」の勝新太郎「投げ唄左門三番手柄 覆面髑髏隊」の阿井美千子、「馬賊芸者」の村田知英子のほか霧立のぼる、橘公子、香川良介などが出演する。

監督
加戸敏
出演キャスト
入江たか子 坂東好太郎 勝新太郎 阿井美千子

怪猫岡崎騒動

  • 1954年7月21日(水)公開
  • 出演(八重の方 役)

「怪猫有馬御殿」の木下藤吉が吉田哲郎と協力して書いた脚本を、「阿波おどり狸合戦」の加戸敏が監督する。撮影は同じく「阿波おどり狸合戦」の武田千吉郎で、音楽は「血ざくら判官」の山田栄一。「妻恋黒田節」の入江たか子、「殴り込み孫悟空」の坂東好太郎、阿井三千子に、杉山昌三九、霧立のぼる等の出演。

監督
加戸敏
出演キャスト
入江たか子 坂東好太郎 阿井三千子 杉山昌三九

花のいのちを

  • 1954年5月15日(土)公開
  • 出演(昌代 役)

菊田一夫原作のNHK連続放送劇の映画化で、「伝七捕物帖 人肌千両」の成澤昌茂のシナリオを、「今宵誓いぬ」の田中重雄が監督している。撮影は「四人の母」の渡辺公夫。出演者は「落花の門」の沢村美智子、三田隆、「金色夜叉(1954)」の山本富士子、菅原謙二、伏見和子、浦辺粂子のほか、来訪中の田中路子が特別出演する。

監督
田中重雄
出演キャスト
沢村美智子 須藤恒子 松島トモ子 星ひかる

怪盗まだら蜘蛛

  • 1954年1月15日(金)公開
  • 出演(お半 役)

陣出達朗の映画用ストーリーから「地獄太鼓」の民門敏雄が脚色、「続砂絵呪縛 雪女郎」の安田公義が監督した。撮影は「地獄門」の杉山公平、音楽は山田栄一が担当する。主演は「続砂絵呪縛 雪女郎」の黒川弥太郎、「怪猫有馬御殿」の坂東好太郎に、この作品でデビューする三田登喜子。以下、霧立のぼる、杉山昌三九、南條新太郎らに、「にごりえ」の三津田健らか助演。

監督
安田公義
出演キャスト
黒川弥太郎 坂東好太郎 三田登喜子 霧立のぼる

こんな別嬪みたことない

  • 1954年1月3日(日)公開
  • 出演(悦子 役)

「母の湖」の笠原良三の脚本から「歌う女剣劇」の西村元男が監督に当った歌謡入り映画。撮影は板橋重夫、音楽は清水保雄の担当。出演は「鉄腕涙あり」の霧立のぼる、「憧れの星座」の神楽坂はん子、「銭形平次捕物控 金色の狼」の南田洋子、「母の湖」の船越英二など。

監督
西村元男
出演キャスト
霧立のぼる 神楽坂はん子 南田洋子 北原義郎
1953年

鉄腕涙あり

  • 1953年10月27日(火)公開
  • 出演(マダム 役)

朝倉文治郎の原作を「安五郎出世」の西亀元貞が脚色し、「夕立勘五郎」の滝沢英輔が監督している。撮影は「喧嘩駕篭」の藤井春美、音楽は宝塚音楽部が担当している。出演者は「黒帯嵐」の杉山昌三九、「血闘(1953)」の霧立のぼる、山口淑子の推奨で「抱擁(1953)」にデビューした新人平田昭彦、宝塚歌劇の宇治かほる、白雪式部のほか、小林重四郎、大原二郎、堺左千夫などである。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
平田昭彦 宇治かほる 瀬川恭助 白雪式部
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 霧立のぼる