映画-Movie Walker > 人物を探す > 小堀誠

年代別 映画作品( 1947年 ~ 1957年 まで合計59映画作品)

1952年

生きる(1952)

  • 1952年10月9日公開
  • 出演(渡邊喜一 役)

黒澤明の「白痴」に次ぐ監督作品。脚本は「羅生門」の共同執筆者橋本忍と「海賊船」の小国英雄とが黒澤明に協力している。撮影は「息子の花嫁」の中井朝一。出演者の主なものは、「戦国無頼」の志村喬、相手役に俳優座研究生から選ばれた小田切みき、映画陣から藤原釜足、千秋実、田中春男、清水将夫その他。文学座から金子信雄、中村伸郎、南美江、丹阿弥谷津子。俳優座から永井智雄、木村功、関京子。新派では小堀誠、山田巳之助などである。

監督
黒澤明
出演キャスト
志村喬 金子信雄 関京子 小堀誠

振袖狂女

  • 1952年7月10日公開
  • 出演(徳川家康 役)

毎日新聞夕刊に連載された川口松太郎の原作から、「西遊記(1952)」の八尋不二が脚色し、「十六夜街道」の安田公義が監督に当たっている。撮影は「修羅城秘聞 双龍の巻」の杉山公平である。出演者の主なものは、「修羅城秘聞 双龍の巻」の長谷川一夫に「四十八人目の男」の山根寿子、「西陣の姉妹」の宮城野由美子の他に黒川弥太郎、小堀誠、松島トモ子、岡譲二などで、衣裳考証に岩田專太郎、劇中人形芝居の指導には桐竹紋十郎、豐澤猿二郎の両氏、狂女舞の按舞には藤間良輔が当たっている。

監督
安田公義
出演キャスト
長谷川一夫 山根寿子 宮城野由美子 黒川弥太郎

魔像(1952)

  • 1952年5月1日公開
  • 出演(脇坂山城守 役)

製作は「相惚れトコトン同志」の小倉浩一郎。「旗本退屈男 江戸城罷り通る」の鈴木兵吾が故林不忘の原作より脚色した「大岡政談」もの。「鞍馬天狗 天狗廻状」の大曾根辰夫が監督し、「大江戸五人男」の石本秀雄が撮影している。出演者の顔ぶれは「稲妻草紙」の阪東妻三郎の二役、「波」の津島恵子、「箱根風雲録」の山田五十鈴、「西鶴一代女」の柳永二郎のほか、三島雅夫、香川良介、戸上城太郎など。

監督
大曾根辰夫
出演キャスト
阪東妻三郎 津島恵子 山田五十鈴 柳永二郎

元禄水滸伝

  • 1952年1月31日公開
  • 出演(小山田十兵衛 役)

製作脚本は、演劇、映画、ラジオの劇作家、演出家の郷田徳。監督は、最近「月から来た男」「江戸恋双六」の脚本を書いた犬塚稔と郷田徳の共同。撮影は「江戸恋双六」の永塚一栄である。出演者は「新撰組 第一部京洛風雲の巻」の月形龍之介「とんかつ大将」の徳大寺伸、「銭形平次・恋文道中」の本間謙太郎改め旧名坂東好太郎、「風ふたたび」の三津田健、杉村春子、春日野八千代以下宝塚少女歌劇の主だった連中が協力出演している。

出演キャスト
月形龍之介 徳大寺伸 小堀誠 坂東好太郎

大空の誓い

  • 1952年1月9日公開
  • 出演(水澤清太郎 役)

製作は高木次郎。脚本は「ごろつき船」の菊島隆三と宮田輝明の共同執筆。監督と撮影は「月よりの母」の阿部豊と三村明のコンビ。出演者は「めし」の上原謙、「ブンガワンソロ」の久慈あさみ、「この春初恋あり」の香川京子と小堀誠、フレーミングなど。

監督
阿部豊
出演キャスト
上原謙 香川京子 小堀誠 久慈あさみ
1951年

天狗の安

  • 1951年8月10日公開
  • 出演(惣兵衛 役)

長橋秀憲の製作で、子母沢寛の原作から「毒殺魔殿」の比佐芳武が脚本を書き、同じく松田定次が監督に当り「にっぽんGメン 不敵なる逆襲」の川崎新太郎が撮影に当っている出演者の主なものは、「おぼろ駕篭」の阪東妻三郎「阿修羅判官」の入江たか子「あばれ神輿」の花柳小菊に、小堀誠、進藤英太郎、加藤嘉などである。

監督
松田定次
出演キャスト
阪東妻三郎 入江たか子 花柳小菊 小堀誠

遊侠往来

  • 1951年5月18日公開
  • 出演(岡源 役)

「新遊侠伝(1951)」の後編(“東京編”)。

監督
佐伯清
出演キャスト
小堀誠 藤田進 森繁久彌 谷三平

新遊侠伝(1951)

  • 1951年5月5日公開
  • 出演(岡源 役)

『小説新潮』に掲載された火野葦平の原作を、「麗春花」の八田尚之が脚色して、「中山安兵衛」の佐伯清が監督に当たっている。永島一朗の第一回製作である。出演者の主なるものは、「消防決死隊」の小堀誠、「赤い鍵」の藤田進、「麗春花」の花井蘭子、「アマカラ珍騒動」の森繁久彌に、進藤英太郎、山本礼三郎、一の宮あつ子、それに原作者の火野葦平が特別出演。本作は物語の前半“九州編”に当たり、後半の“東京編”は「遊侠往来」の題で公開された。

監督
佐伯清
出演キャスト
小堀誠 藤田進 森繁久彌 谷三平

母千鳥

  • 1951年4月21日公開
  • 出演(遊三 役)

脚本・監督共に「母月夜」と同じメンバーで、出演者も、三益愛子、沢村晶子、白鳥みづえの同じトリオ。それに根上淳、河津清三郎、岡村文子、見明凡太朗、吉井莞象、小堀誠、平井岐代子などが助演している。大映得意の母ものである。

監督
佐伯幸三
出演キャスト
三益愛子 沢村晶子 白鳥みづえ 吉井莞象

月が出た出た

  • 1951年3月4日公開
  • 出演(田島伝造 役)

製作は「夜来香」の望月利雄、脚本は森岡良で、「黄金獣」の志村敏夫が監督に当たっている。撮影は「愛染香」の三村明。音楽は古賀政男の担当である。出演者は「消防決死隊」の小林桂樹、「鬼姫しぐれ」の花井蘭子、「真珠夫人 前篇」の星美千子、他に小堀誠、高杉妙子、市丸、赤坂子梅などが出演している。

監督
志村敏夫
出演キャスト
小林桂樹 小堀誠 花井蘭子 星美千子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 小堀誠