TOP > 映画監督・俳優を探す > マルコム・ウエイト

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1925年 まで合計12映画作品)

1931年

二十四時間

  • 1931年
  • 出演(Murphy 役)

ルイス・ブロムフィールドが筆をとった小説で、ウィリアム・C・レングルとルウ・レヴェンソン両氏によって舞台にも上演された物語を映画化したもので、脚色は「特集社会面」の原作者ルイス・ウィツェンコーン、監督者は「失われた抱擁」のマリオン・ガーリング。主なる出演者は「女性に捧ぐ」「心を汚されし女」のクライヴ・ブルック、「影を売る男」「赤新聞」のケイ・フランシス、「陽気な中尉さん」のミリアム・ホプキンス、「キック・イン」のレジス・トゥーミー、「陽気な中尉さん」のジョルジュ・パルピエ、エイドリアン・エイムス、マイナー・ワトソン等でカメラは「無冠の帝王」「戦争」のアーネスト・ホーラーが担当している。

監督
マリオン・ゲーリング
出演キャスト
クライヴ・ブルック ケイ・フランシス ミリアム・ホプキンス レジス・トゥーミー
1929年

ノアの箱船

  • 1929年
  • 出演(Balkan 役)

「人生サーカス」「イスラエルの月」のミヒャエル・クルティック氏が監督したWB社の超大作で、同社撮影所副所長で「紐育狂想曲」「怪獣征服」の脚色者たるダリル・フランシス・ザナック氏が書卸した原作を「母よ愚かなれ」「軍法会議(1928)」のアンソニー・コールドウェイ氏が脚色したものである。主演者は「海の野獣」「人生サーカス」のドロレス・コステロ嬢で、「輝く天国」「三人水兵恋行脚」のジョージ・オブライエン氏が相手役を勤め、「ソレルとその子」「女シーク」のポール・マッカリスター氏、「リンダ」「決死隊」のノア・ビアリー氏「速成恋愛術」「彼とお姫様」のルイズ・ファゼンダ嬢、グィン・ウィリアムス氏、マルコーム・ウェイト氏、マーナ・ローイ嬢等が助演している。カメラは「ブロードウェイ(1929)」「最後の警告」のハル・モーア氏と「栄光」のバーニー・マクギル氏とが共同で担任した。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
ドロレス・コステロ ジョージ・オブライエン ノア・ビアリー ルイズ・ファゼンダ
1927年

弥次喜多空中の巻

  • 1927年
  • 出演(Professor_Saenger 役)

「弥次喜多消防の巻」に次いで製作されたウォーレス・ビアリー氏、レイモンド・ハットン氏共演喜劇で、弥次喜多物に御馴染みのモンテ・ブライス氏がキーン・トンプソン氏と共に原作を書き、トム・ジェラティー氏が脚色し、「乱暴ロージー」「恋慕やつれ」等と同じくフランク・ストレイヤー氏が監督したもの。助演者は「オール持つ手に」「百貨店」等出演のルイズ・ブルックス嬢を始め、ラッセル・シンプソン氏、マルコム・ウエイト氏、エミール・ショータール氏等である。

監督
フランク・ストレイヤー
出演キャスト
ウォーレス・ビアリー レイモンド・ハットン ラッセル・シンプソン マルコム・ウエイト

猿は語る

  • 1927年
  • 出演(Bergerin 役)

ルネ・フォーショア氏作のブウルヴァルの独り狂言「物言う猿」を映画化したもので、L・G・リグビー氏が脚色し、「カルメン(1927)」「栄光」と同じくラウール・ウォルシュ氏が監督した。主役は舞台で賞讃を博したジャック・レルネル氏が演じ、「憧憬の彼方へ」「無花果の葉」等出演のオリーヴ・ボーデン嬢と「カルメン」「極光に吼ゆ」等出演のドン・アルヴァラド氏が共演し、ジェーン・ウィントン嬢、マルコーム・ワェイト氏、レイモンド・ヒッチコック氏等が助演している。

監督
ラウール・ウォルシュ
出演キャスト
オリーヴ・ボーデン ドン・アルヴァラド ジャック・レルネル マルコム・ウエイト
1926年

仁侠の義人

  • 1926年
  • 出演(Pete_Krell 役)

「大自然の雄叫び」「八面六臂の勇」等と同じくトム・ミックス氏主演西部活劇で、J・アレン・ダン氏作の物語をジョン・ストーン氏が脚色し、かつて「猿公万歳」を監督したルイス・サイラー氏がミックス映画の監督者となってからの第1回作品である。かつてミックス氏の相手役を演じたことのあるエヴァ・ノヴァク嬢が再び相手役を勤め、フランク・カンポー氏、マルコム・ウエイト氏、ミッキー・ムーア君等が助演している。

監督
ルイス・サイラー
出演キャスト
トム・ミックス エヴァ・ノヴァク フランク・カンポー フォレスト・テイラー

猿飛カンター

  • 1926年
  • 出演(Big_Boyle 役)

ウィリアム・アンソニー・マクガイア氏、オットー・ハーバッハ氏合作のフローレンズ・ジーグフィルド舞台喜劇「キッド・ブーツ」を映画化したもので、ルーサー・リード氏が改作しトム・ギブソン氏が脚色し、「美女競艶」「女王蜂」等と同じくフランク・タトル氏が監督した。この喜劇を舞台で三年間主演したエディー・カンター氏が主役で、「昇天の意気」「紅の大空」等出演のクララ・ボウ嬢、「白馬王国」「盗賊」等出演のビリー・ダヴ嬢、「美女競艶」「女王蜂」等出演のローレンス・グレイ嬢、マルコム・ウエイト氏等も出演する。

監督
フランク・タトル
出演キャスト
Kid Boots クララ・ボウ ローレンス・グレイ ビリー・ダヴ

快漢砂麈を蹴って

  • 1926年
  • 出演(J._Hoades 役)

「横転逆転白雪の巻」「鉄拳火花を散らして」等と同じくバック・ジョーンズ氏主演西部劇で、ジャクソン・グレゴリー氏が書卸した物語をランドール・H・フェイ氏が脚色し、「万難迎撃」「狂人大車輪」等と同じくスコット・ダンラップ氏が監督したもの。相手役は「嵐の翼」「明眸罪あり」等出演のヴァージニア・ブラウン・フェアー嬢が勤め、マルコム・ウエイト氏、J・W・ジョンストン氏、チャールズ・ブリンリー氏等が助演している。

監督
スコット・ダンラップ
出演キャスト
バック・ジョーンズ ヴァージニア・ブラウン・フェアー J・W・ジョンストン マルコム・ウエイト

香も高きケンタッキー

  • 1926年
  • 出演(Creve_Carter 役)

ドロシー・ヨースト女史の原作により「アイアン・ホース」「村の鍛冶屋」等と同じくジョン・フォード氏が監督した競馬劇で、主人公は馬である。それで俳優は全部二三流所でヘンリー・B・ウォルソール氏、J・ファーレル・マクドナルド氏、ガートルード・アスター嬢、ウィンストン・ミラー君、ビーチェス・ジャックソン嬢等が出演している。

監督
ジョン・フォード
出演キャスト
ヘンリー・B・ウォルソール J・ファーレル・マクドナルド ガートルード・アスター マルコム・ウエイト
1925年

恋愛大拡張

  • 1925年
  • 出演(Tom_Watson 役)

「芝居の世の中」「桃色女白浪」等と同じくマーシヤル・ニーラン氏監督作品で前者に同じく氏自ら執筆した物語をベンジャーミン・グレイザー氏が脚色したもの。主演者は「第四の戒律」「決死の名騎手」等出演のロバート・エイニユウ氏と「第一曲馬団」「美人懸賞」等出演のヴアイオラ・ダナ嬢で、「美人帝国」「グリード」等出演のザス・ピッツ嬢、チエスター・コンクリン氏、フランク・カリアー氏、マルコム・ウエイト氏等が助演している。

監督
マーシャル・ニーラン
出演キャスト
ロバート・エイニュー ヴァイオラ・ダナ フランク・カリアー ザス・ピッツ

侠勇ドン・ジュアン

  • 1925年
  • 出演(Denman 役)

ロバート・ロード氏の原作をジョン・ストーン氏が脚色し、「痛快男児」「快傑ディック・ターピン」等と同じくジェー・ブライスートン氏が監督し、トム・ミックス氏が主演したもので、相手役は「虚栄地獄」「天下の名物男」等出演のビリー・ダヴ嬢、J・ファーレル・マクドナルド氏、マルコム・ウエイト氏及びアン・ベニントン嬢が助演するほか例の名馬トニーが出演している。

監督
ジョン・G・ブライストーン
出演キャスト
トム・ミックス ビリー・ダヴ マルコム・ウエイト J・ファーレル・マクドナルド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > マルコム・ウエイト

ムービーウォーカー 上へ戻る