TOP > 人物を探す > 鳥羽陽之助

年代別 映画作品( 1958年 ~ 1958年 まで合計99映画作品)

1958年

重臣と青年将校 陸海軍流血史

  • 1958年
  • 出演(阿部信行 役)

張作霖爆死事件に始まり二・二六事件、五・一五事件等々のエピソードを織りこんだ歴史劇映画。「不如帰」の村山俊郎の脚本を、同じく「不如帰」の土居通芳が監督、「若君漫遊記 サタン城の魔王」の森田新が撮影した。宇津井健・中山昭二・細川俊夫・高倉みゆき・三ツ矢歌子等々のオールスター・キャストである。

監督
土居通芳
出演キャスト
細川俊夫 真木裕 宗方祐二 川部修詩

白線秘密地帯

  • 1958年9月21日(日)
  • 出演(矢田部長刑事 役)

売春防止法発効後、地下に潜った業者たちの実態を、セミ・ドキュメンタリー・タッチで描いたもの。「太陽娘と社長族」の内田弘三の脚本を、「女体棧橋」の石井輝男が監督、「絶海の裸女」の吉田重業が撮影した。「人喰海女」の宇津井健・三原葉子に、天知茂・荒川さつき・筑紫あけみらが出演している。

監督
石井輝男
出演キャスト
宇津井健 中村彰 鳥羽陽之助 倉橋宏明

天下の副将軍 水戸漫遊記

  • 1958年4月28日(月)
  • 出演(めうが屋の親爺 役)

「毒婦高橋お伝」の共同脚本を執筆した仲津勝義に、土屋啓之助のオリジナル・シナリオを「将軍家光と天下の彦左」の中川信夫が監督、「毒婦高橋お伝」の河崎喜久三が撮影した、お馴染み黄門漫遊記。「阿波狸変化騒動」の古川緑波、「関八州喧嘩陣」の天城竜太郎、「稲妻奉行」の宇治みさ子、新東宝入社第一回の坂東好太郎などが出演。

監督
中川信夫
出演キャスト
古川緑波 若杉英二 中村竜三郎 坂東好太郎

天皇・皇后と日清戦争

  • 1958年3月14日(金)
  • 出演(松方蔵相 役)

先に同じ新東宝が製作した「明治天皇と日露大戦争」の姉妹篇で、日清戦争を中心に天皇と皇后を描く。社長大蔵貢が自ら原作を書き「世界の母」の館岡謙之助が脚色、「鏡山誉の女仇討」の並木鏡太郎が監督した。撮影は、「戦雲アジアの女王」の山中晋。主演は、明治天皇に「稲妻奉行」の嵐寛寿郎、皇后に「戦雲アジアの女王」の高倉みゆき、そのほか高田稔、天城竜太郎、若山富三郎、高島忠夫、藤田進、和田桂之助などオールスター・キャスト。色彩はイーストマンカラー。

監督
並木鏡太郎
出演キャスト
嵐寛寿郎 高倉みゆき 阿部九洲男 信夫英一
1957年

修羅八荒(1957)

  • 1957年8月13日(火)
  • 出演(三輪与一郎 役)

これまで十数度映画化された行友李風の原作『修羅八荒』を、今度は「明治天皇と日露大戦争」の渡辺邦男が脚色、監督した。撮影は「風雲天満動乱」の河崎喜久三。主演は「風雲天満動乱」の嵐寛寿郎、「謎の紫頭巾 姫君花吹雪」の若山富三郎、字治みさ子、「鋼鉄の巨人」の高田稔。ほかに、遠山幸子、沼田曜一、阿部九洲男、江川字礼雄、林寛など。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
嵐寛寿郎 若山富三郎 遠山幸子 宇治みさ子

明治天皇と日露大戦争

  • 1957年4月29日(月)
  • 出演(上村中将(第二艦隊司令長官) 役)

明治天皇と日露戦争をテーマにした歴史映画。新東宝社長大蔵貢の原案から「妖雲里見快挙伝・前後篇」の渡辺邦男が原作を書き、「黄色いからす」の館岡謙之助が脚色、渡辺邦男が総監督した。応援監督に「姫君剣法 謎の紫頭巾」の毛利正樹。撮影は「桂小五郎と近藤勇 竜虎の決戦」の渡辺孝。主演は「桂小五郎と近藤勇 竜虎の決戦」の嵐寛寿郎、「死刑囚の勝利」の天城竜太鄭、田崎潤、「リングの王者 栄光の世界」の宇津井健、中山昭二、「日米花嫁花婿入替取替合戦」の高島忠夫、「風雲急なり大阪城 真田十勇士総進軍」の小笠原竜三郎。そのほか藤田進、江川宇禮雄、阿部九洲男、沼田曜一など、新東宝オールスター・キャスト。シネパノラマミック方式による“大シネスコ”。色彩はイーストマンカラー。同年の5月14日には35ミリ版も上映された。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
嵐寛寿郎 阿部九洲男 高田稔 武村新

関八州大利根の対決

  • 1957年1月27日(日)
  • 出演(飯岡助五郎 役)

「新妻鏡」の平塚広雄と北村秀敏の共同脚本を、「海の三等兵」の志村敏夫が監督する。御存じ“天保水滸伝”。撮影は「剣豪相馬武勇伝 桧山大騒動」の河崎喜久三。主な出演者は若杉英二改め天城竜太郎が新入社第一回出演するほか、「海の三等兵」の前田通子、「妖雲里見快挙伝・前後篇」の小笠原竜三郎、中山昭二、「桂小五郎と近藤勇 竜虎の決戦」の明智十三郎、その他江川宇礼雄、丹波哲郎、鳥羽陽之助、北沢典子、毛利啓子など。

監督
志村敏夫
出演キャスト
鳥羽陽之助 明智十三郎 前田通子 丹波哲郎

桂小五郎と近藤勇 竜虎の決戦

  • 1957年1月3日(木)
  • 出演(源兵衛(目明し) 役)

「朱鞘罷り通る」の三村伸太郎脚本による幕末時代篇。監督は「世紀の勝敗」の並木鏡太郎、撮影は「鬼姫競艶録」の渡辺孝。主な出演者は「剣豪相馬武勇伝 桧山大騒動」の嵐寛寿郎、「阪妻追善記念映画 京洛五人男」の大河内傳次郎、「勝鬨天魔峠」の明智十三郎、「美男をめぐる十人の女」の筑紫あけみ、「軍神山本元帥と連合艦隊」の相馬千恵子「鬼姫競艶録」の中山昭二、ほかに、子役大沢幸浩、高田稔、江川宇礼雄、鳥羽陽之助、天知茂など。

監督
並木鏡太郎
出演キャスト
嵐寛寿郎 大河内傳次郎 相馬千恵子 筑紫あけみ
1956年

鬼姫競艶録

  • 1956年12月18日(火)
  • 出演(犬神法師 役)

美女と隠密が江戸と尾張のお家騒動を解決するという時代劇。“中日スポーツ”連載、陣出達朗の原作を「男の花道」の関沢新一が脚色、「勤王? 佐幕? 女人曼陀羅 (二部作)」の渡辺邦男が監督する。撮影は同じく渡辺孝。主な出演者は「ふり袖捕物帖 若衆変化」の美空ひばり、「剣豪相馬武勇伝 桧山大騒動」の小笠原竜三郎、沼田曜一、「軍神山本元帥と連合艦隊」の中山昭二、「波止場の王者」の丹波哲郎、「怪異宇都宮釣天井」の筑紫あけみ、その他、細川俊夫、中村彰、江川宇禮雄、鳥羽陽之助など。

監督
渡辺邦男
出演キャスト
美空ひばり 小笠原竜三郎 細川俊夫 丹波哲郎

剣豪相馬武勇伝 桧山大騒動

  • 1956年11月25日(日)
  • 出演(土井大炊守 役)

忠誠の剣豪相馬大作を主人公とした時代劇。筧一彦と大貫正義とが共同で脚本を書き、山田達雄が第一回監督に当る。撮影は「怪異宇都宮釣天井」の河崎喜久三。主な出演者は「勤王? 佐幕? 女人曼陀羅 (二部作)」の嵐寛寿郎、「軍神山本元帥と連合艦隊」の小笠原竜三郎、田崎潤、沼田曜一、「金語楼の雷社長」の日比野恵子、他に御橋公、中村彰、細川俊夫、御木本伸介など。

監督
山田達雄
出演キャスト
嵐寛寿郎 御橋公 日比野恵子 御木本伸介

鳥羽陽之助の関連人物

江川宇礼雄  清川荘司  横山運平  清川玉枝  大河内傳次郎 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/7更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 鳥羽陽之助

ムービーウォーカー 上へ戻る