映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・チャップリン

年代別 映画作品( 1921年 ~ 2012年 まで合計27映画作品)

2012年

チャップリン・ザ・ルーツ 傑作短編集・完全デジタルリマスター

  • 2012年9月22日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、出演

世界の喜劇王チャーリー・チャップリンが、1914年にデビューしてから1917年までの4年間に出演した60本の短編映画を含む傑作短編集を、全世界の映画博物館が協力して散逸していたフィルムを集め、復元、初期短編の完全デジタル修復版として製作した。2010年に96年ぶりに発見されたチャップリン幻の出演作『A Thief Catcher(泥棒を捕まえる人)』も世界初・劇場公開。日本初劇場公開の傑作短編集62作品を2012年9月22日より、オーディトリウム渋谷他にて上映した。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン
2011年

ダンシング・チャップリン

  • 2011年4月16日(土)公開
  • 音楽

20世紀を代表する“喜劇王”チャールズ・チャップリン。彼が残した数々の名作を仏の巨匠振付家ローラン・プティがバレエ化した「ダンシング・チャップリン」を周防正行が映画化。映画化までの過程を追う<第一幕>と、全20演目を13演目に絞って映像に収めた<第二幕>の2部構成で描いた斬新なバレエ映画。

監督
周防正行
出演キャスト
ルイジ・ボニーノ 草刈民代 ジャン=シャルル・ヴェルシェール リエンツ・チャン
2007年

チャーリー・チャップリン ライフ・アンド・アート

  • 2007年12月22日(土)公開
  • 音楽

“喜劇の王様”チャーリー・チャップリン。その波乱にして輝かしい人生に、遺族とウディ・アレンやマーチン・スコセッシら映画人のコメントを通して迫るドキュメンタリー。

監督
リチャード・シッケル
出演キャスト
ウディ・アレン ジョニー・デップ マーティン・スコセッシ リチャード・アッテンボロー
2003年

のらくら

  • 2003年7月26日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、出演(Tramp and Husband 役)

チャールズ・チャップリン監督・主演。別題「ゴルフ狂時代」。瓜二つの富豪と間違われてしまった放浪者が巻き起こす騒動を描いたコメディ。チャップリンは、放浪者と裕福な有閑層の男(夫)の一人二役を演じている。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン エドナ・パーヴィアンス マック・スウェイン

ライムライト

  • 2003年7月26日(土)公開
  • 監督、製作、原作、脚色、作曲、編曲、出演(Calvero 役)

『チャップリンの殺人狂時代』に次ぐチャールズ・チャップリン作品で、自ら原作脚色監督主演したもの。撮影はカール・ストラッス、編曲はレイ・ラッシュの担当。出演者は英国生まれのクレア・ブルーム、チャップリンの息子チャールズ・チャップリン・ジュニアとシドニー・チャップリン、喜劇俳優バスター・キートンほか。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン クレア・ブルーム ナイジェル・ブルース バスター・キートン

犬の生活

  • 2003年7月19日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、出演(Tramp 役)

チャールズ・チャップリン監督・主演。犬と旅する放浪者と酒場の女性歌手の恋を描いたヒューマン・コメディ。1959年にチャップリン自身により再編集され音楽とナレーションが付け加えられている。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン エドナ・パーヴィアンス シド・チャップリン

チャップリンの殺人狂時代

  • 2003年7月19日(土)公開
  • 監督、製作、原作、音楽、出演(Henri_Verdoux 役)、出演(Alias_Varnay 役)、出演(Alias_Bonheur 役)、出演(Alias_Floray 役)

原案はオーソン・ウェルズ「第三の男」のサジェストである。撮影はローランド・トセロー。助演に『ワイキキの結婚』のマーサ・レイ、マリリン・ナッシュ、マディー・コレル、イゾベル・エルソム、チャールズ・エヴァンスほか。戦後初の作品となる本作はそれまでのコミカルな色が薄れ、反戦思想を打ち出している。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン マディー・コレル アリソン・ロダン ロバート・ルイス

チャップリンの独裁者

  • 2003年7月12日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、出演(Hynkel Dictator of Tomania 役)、出演(A_Jewish_Barber 役)

山高帽・ドタ靴・ステッキ・アヒル歩きのチャップリン・スタイルの最後の作品。撮影はカール・ストラッスとローランド・トセロー。音楽監督はメレディス・ウィルソン。共演者にジャック・オーキー、ポーレット・ゴダード、レジナルド・ガーディナー、ヘンリー・ダニエル、ビリー・ギルバート、チェスター・コンクリほか。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン ヘンリー・ダニエル ジャック・オーキー レジナルド・ガーディナー

担え銃

  • 2003年7月12日(土)公開
  • 監督、製作、脚本、出演(Recruit 役)

チャールズ・チャップリン監督・主演。第一次世界大戦下の最前線を舞台にした、コメディ・タッチのヒューマン・ドラマ。ヨーロッパに出兵した兵士が巻き起こす騒動を描く。別題「チャップリンの兵隊さん」。1959年にチャップリン自身により再編集と音楽が追加された。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
チャールズ・チャップリン エドナ・パーヴィアンス シド・チャップリン

巴里の女性

  • 2003年6月14日(土)公開
  • 監督、原作、脚色

チャールズ・チャップリンが原作・脚色・監督をした社会劇。主役にエドナ・パーヴィアンス、共演者に『世界の喝采』『風雲のゼンダ城』のアドルフ・マンジュウ、カール・ミラーほか。1976年新たに音楽を付け加えた再編集版を公開。

監督
チャールズ・チャップリン
出演キャスト
エドナ・パーヴィアンス アドルフ・マンジュウ カール・ミラー リディア・ノット

関連ニュース

チャップリンの実孫!ジェームス・ティエレが語る「爆笑をとる難しさ」
チャップリンの実孫!ジェームス・ティエレが語る「爆笑をとる難しさ」(2017年1月20日)

伝説の芸人の波乱万丈の人生を描く映画『ショコラ ~君がいて、僕がいる~』が1月21日(土)より公開となる。フランス史上初の黒人芸人ショコラと、彼を支えた相方の白…

最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > チャールズ・チャップリン