TOP > 映画監督・俳優を探す > 山根寿子

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1959年 まで合計84映画作品)

1953年

早稲田大学

  • 1953年10月27日(火)
  • 出演(まり枝 役)

文芸春秋連載の尾崎士郎の原作を、「かっぱ六銃士」の八住利雄が脚色、「残侠の港」の佐伯清が監督した。撮影は「子は誰のもの」の西川庄衛、音楽は「山下奉文」の高田信一、小沢、千田、東野、青山をはじめとする新劇人を中心に「残侠の港」の徳大寺伸、「江戸の花道」の大友柳太朗、「サラリーマンの歌」の佐野周二、「君に捧げし命なりせば」の宮城野由美子、「花の喧嘩状」の山根寿子、「青春銭形平次」の伊藤雄之助などが出演する。

監督
佐伯清
出演キャスト
小沢栄太郎 夏川静江 石黒達也 永田靖

花の喧嘩状

  • 1953年7月14日(火)
  • 出演(おもん 役)

犬塚稔のオリジナルを泉次郎吉が脚色し、監督、撮影を「関の弥太ッぺ(1953)」の田坂勝彦、牧田行正がそれぞれ担当している。音楽も同じ渡辺浦人。出演者は「獅子の座」の長谷川一夫、「関の弥太ッぺ(1953)」の山本富士子、坂東好太郎、「愛情について」の山根寿子、「再会(1953)」の菅井一郎など。

監督
田坂勝彦
出演キャスト
長谷川一夫 山根寿子 山本富士子 坂東好太郎

愛情について

  • 1953年5月14日(木)
  • 出演(朝倉路子 役)

製作の藤本真澄と監督の千葉泰樹は「ひまわり娘」のコンビ。脚本は「夫婦」の水木洋子と井手俊郎、撮影の三浦光雄と美術の芥川也寸志は「煙突の見える場所」のスタッフ。美術は「七色の街」の河東安英が受持っている。出演者は「風雲千両船」の山根寿子、「韋駄天記者」の二本柳寛、「現代処女」の杉葉子と村田知英子、「恋人のいる街」の、「抱擁(1953)」の小泉博と堺左千夫その他である。

監督
千葉泰樹
出演キャスト
山根寿子 斎藤史子 瀧花久子 二本柳寛

浅間の鴉

  • 1953年2月12日(木)
  • 出演(おきぬ 役)

「銭形平次捕物控 からくり屋敷」の高桑義生の製作。長谷川伸の原作から「修羅城秘聞 双龍の巻」の脚本につづいて衣笠貞之助がシナリオを書き、「神州天馬侠(1952)」の田坂勝彦が監督し「銭形平次捕物控 からくり屋敷」と同じく杉山公平が撮影を担当している。キャストは、「銭形平次捕物控 からくり屋敷」の長谷川一夫、黒川弥太郎などに、「風雲千両船」の山根寿子が加わっている。

監督
田坂勝彦
出演キャスト
長谷川一夫 山根寿子 黒川弥太郎 東野英治郎

吹けよ春風(1953)

  • 1953年1月15日(木)
  • 出演(妻 役)

「港へ来た男」の田中友幸の製作。「生きる」の黒澤明と「激流(1952)」の谷口千吉の共同脚本によって、谷口千吉が監督している。撮影は「恐妻時代」の飯村正、音楽は「若い人(1952)」の芥川也寸志の担当。「港へ来た男」の三船敏郎、小泉博、藤原釜足、「七色の街」の岡田茉莉子、越路吹雪、「恐妻時代」の小林桂樹、小川虎之助、「春の囁き」の三國連太郎、青山京子、「丘は花ざかり(1952)」の山村聡、「風雲千両船」の山根寿子、「カルメン純情す」の三好栄子などが出演している。

監督
谷口千吉
出演キャスト
三船敏郎 小泉博 岡田茉莉子 青山京子
1952年

惜春(1952)

  • 1952年3月26日(水)
  • 出演(蟻安たか子 役)

製作は小川吉衞と高木治郎の共同。「三万両五十三次」の木村恵吾が自ら脚本を書きおろし、新東宝で初めてメガホンをとる。撮影は「恋の蘭燈」の小原譲治。出演者は「結婚行進曲」の上原謙と山根寿子、「生き残った弁天様」の笠置シヅ子、「ある夜の出來事」の清水将夫、「ラッキーさん」の斎藤達雄、それに清水一郎、東野英治郎、伊藤雄之助らである。

監督
木村恵吾
出演キャスト
上原謙 山根寿子 笠置シヅ子 清水一郎

風雲千両船

  • 1952年12月16日(火)
  • 出演(小はん 役)

東宝創立二十周年記念映画として清川峯輔が製作に当たったもので、村上元三の原作を「清水の次郎長伝」の三村伸太郎が脚本を書き、「上海の女」の稲垣浩が監督に当っている。撮影は「足にさわった女(1952)」の安本淳。出演者の主なものは、「慶安秘帖」以来の大谷友右衛門、「勘太郎月夜唄」の市川段四郎と二本柳寛、「上海の女」の山口淑子、「振袖狂女」の山根寿子、「丘は花ざかり(1952)」の沢村貞子、「生きる」の志村喬その他の助演者。

監督
稲垣浩
出演キャスト
四代目中村雀右衛門 市川段四郎 長谷川一夫 二本柳寛

振袖狂女

  • 1952年7月10日(木)
  • 出演(宇津木 役)

毎日新聞夕刊に連載された川口松太郎の原作から、「西遊記(1952)」の八尋不二が脚色し、「十六夜街道」の安田公義が監督に当たっている。撮影は「修羅城秘聞 双龍の巻」の杉山公平である。出演者の主なものは、「修羅城秘聞 双龍の巻」の長谷川一夫に「四十八人目の男」の山根寿子、「西陣の姉妹」の宮城野由美子の他に黒川弥太郎、小堀誠、松島トモ子、岡譲二などで、衣裳考証に岩田專太郎、劇中人形芝居の指導には桐竹紋十郎、豐澤猿二郎の両氏、狂女舞の按舞には藤間良輔が当たっている。

監督
安田公義
出演キャスト
長谷川一夫 山根寿子 宮城野由美子 黒川弥太郎

四十八人目の男

  • 1952年6月26日(木)
  • 出演(おえん 役)

読売新聞連載の大佛次郎の小説を原作者自らが高橋傳と共同脚色し、「お洒落狂女」の佐伯清が監督、「朝の波紋」の三浦光雄が撮影に当たっている。出演者は「修羅城秘聞 双龍の巻」の大河内傳次郎、「お国と五平」の大谷友右衛門、「惜春(1952)」の山根寿子、高堂国典、市川段四郎、藤原釜足、沢村契恵子等々である。

監督
佐伯清
出演キャスト
大河内傳次郎 四代目中村雀右衛門 高堂国典 佐々木孝丸

西鶴一代女

  • 1952年4月17日(木)
  • 出演(奥方 役)

井原西鶴の「好色一代女」を原作に、男たちに翻ろうされ堕ちていく女の悲劇を描いた溝口健二の最高傑作。田中絹代が一世一代の名演技を見せる。ベネチア映画祭監督賞受賞作。

監督
溝口健二
出演キャスト
田中絹代 山根寿子 三船敏郎 菅井一郎

山根寿子の関連人物

長谷川一夫  二本柳寛  菅井一郎  清水将夫  伊藤雄之助 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 山根寿子

ムービーウォーカー 上へ戻る