TOP > 映画監督・俳優を探す > 山根寿子

年代別 映画作品( 1946年 ~ 1959年 まで合計84映画作品)

1956年

恋と金

  • 1956年1月22日(日)
  • 出演(河田ゆき 役)

中野実原作の『谷底は花ざかり』を「新妻の寝ごと」の木村恵吾が脚色し、「見合い旅行」のコンビ枝川弘が監督、秋野友宏が撮影を担当した。主なる出演者は「新妻の寝ごと」の根上淳、「新・平家物語 義仲をめぐる三人の女」の山本富士子、見明凡太朗、「北海の叛乱」の上原謙、「いろは囃子」の山根寿子、「電光空手打ち」の山形勲、「薔薇の絋道館」の潮万太郎など。

監督
枝川弘
出演キャスト
山本富士子 上原謙 根上淳 山根寿子
1955年

いろは囃子

  • 1955年11月1日(火)
  • 出演(矢場女お仙 役)

心中まではかった相愛の男女が宿命の流れにはかなく別れてゆく物語。額田六福原作の舞台劇を「婦系図 湯島の白梅」の衣笠貞之助と「かんかん虫は唄う」の犬塚稔が共同脚色し、「綱渡り見世物侍」の加戸敏と竹村康和が夫々監督と撮影を担当した。主なる出演者は「新・平家物語」の市川雷蔵、菅井一郎、「お父さんはお人好し」の峯幸子、「風雲三条河原」の山根寿子、「花ひらく(1955)」の三井弘次など。

監督
加戸敏
出演キャスト
市川雷蔵 山根寿子 峰幸子 菅井一郎

風雲三条河原

  • 1955年9月13日(火)
  • 出演(お峰 役)

「男一匹」の鏡二郎が西亀元貞と協同で脚本を書き、「男一匹」の並木鏡太郎が監督、同じく友成達雄が撮影を担当した。主なる出演者は「六人の暗殺者」の島田正吾、辰己柳太郎、外崎恵美子、「浅草の鬼」の山根寿子、「旗本退屈男 謎の伏魔殿」の徳大寺伸など。

監督
並木鏡太郎
出演キャスト
島田正吾 辰巳柳太郎 徳大寺伸 野村清一郎

浅草の鬼

  • 1955年8月14日(日)
  • 出演(お新 役)

内外タイムス連載の浜本浩の原作を「獄門帳」の井手雅人が瀬川昌治と共同で脚色し「月に飛ぶ雁」の松林宗恵が監督、「娘の縁談」の秋野友宏が撮影を担当した。主なる出演者は「娘の縁談」の根上淳、「幻の馬」の北原義郎と見明凡太朗、「つばくろ笠」の山根寿子、「講道館四天王」の伏見和子など。

監督
松林宗惠
出演キャスト
根上淳 北原義郎 藤田佳子 山根寿子

月は上りぬ

  • 1955年1月8日(土)
  • 出演(浅井千鶴 役)

斎藤良輔、小津安二郎が共同で執筆した脚本を、田中絹代が「恋文(1953)」に次ぐ第二回作品として監督に当り、「かくて夢あり」の峰重義が撮影に当る。主なる出演者は映画の役名をそのまま芸名とした四方正夫改めの新人安井昌二、「女人の館」の北原三枝、「悪の愉しさ」の杉葉子、「喧嘩鴉」の山根寿子、「二十四の瞳(1954)」の笠智衆、「三つの愛」の三島耕、「鶏はふたたび鳴く」の佐野周二のほか、小田切みき、田中絹代、汐見洋など。

監督
田中絹代
出演キャスト
笠智衆 山根寿子 杉葉子 北原三枝

美男お小姓 人斬り彦斎

  • 1955年1月2日(日)
  • 出演(小雪 役)

今東光の原作から「からたちの花」と同じく八住和雄が脚色し、佐伯清が監督に当る。撮影は永塚一栄が担当する。「快盗三人吉三」の歌舞伎俳優中村扇雀が主演し、「喧嘩鴉」の山根寿子、「江戸の夕映」の夏川静江、「平手造酒(1954)」の南寿美子、「お月様には悪いけど」の山村聡、そのほか竜崎一郎、轟夕起子、高田稔、山形勲らが出演する。

監督
佐伯清
出演キャスト
四代目坂田藤十郎 山根寿子 夏川静江 龍崎一郎

つばくろ笠

  • 1955年5月15日(日)
  • 出演(おせん 役)

「風雲将棋谷(1955)」の比佐芳武が脚本を書き、「麝香屋敷」の田坂勝彦と牧田行正が夫々監督、撮影にあたる。出演者は「麝香屋敷」の長谷川一夫、「火の驀走」の山本富士子、「青春怪談(1955 市川崑)」の山根寿子、「長脇差大名」の黒川彌太郎のほかに三益愛子、加東大介、香川良介、進藤英太郎などである。

監督
田坂勝彦
出演キャスト
長谷川一夫 山根寿子 山本富士子 三益愛子

青春怪談(1955 市川崑)

  • 1955年4月19日(火)
  • 出演(船越トミ 役)

読売新聞連載の小説を、「女性に関する十二章」と同じく和田夏十が脚色し、市川崑が監督する。撮影は「愛のお荷物」の峰重義。新東宝との競作。主なる出演者は「銀座の女」の北原三枝と轟タ起子、「愛のお荷物」の三橋達也と山村聡、「天下を狙う美少年」の瑳蛾三智子、「月は上りぬ」の山根寿子、新人芦川いづみ等。

監督
市川崑
出演キャスト
北原三枝 山村聡 三橋達也 轟夕起子
1954年

喧嘩鴉

  • 1954年11月10日(水)
  • 出演(おぎん 役)

「宮本武蔵(1954)」の若尾徳平と「びっくり五十三次」の永江勇が共同で脚本を執筆し、「青春前期」の堀内真直が監督に、「びっくり五十三次」の服部幹夫が撮影に当っている。出演者は、「忠臣蔵(1954)」の高田浩吉、高橋貞二、田浦正巳、「緑の仲間」の山根寿子、「君に誓いし」の野添ひとみのほかに近衛十四郎、千秋みつる、澤村國太郎など。

監督
堀内真直
出演キャスト
高田浩吉 高橋貞二 山根寿子 野添ひとみ

緑の仲間

  • 1954年8月18日(水)
  • 出演(四宮安芸子 役)

毎日新聞に連載の小説を「かくて夢あり」の猪俣勝人が脚色し、「知らずの弥太郎」の森一生が監督、「花のいのちを」の渡辺公夫が撮影する。音楽は「どぶ」の伊福部昭である。出演者は「浅草の夜」の根上淳と若尾文子「愛」の森雅之、「知らずの弥太郎」の山根寿子、その他東野英治郎、直木明、八木沢敏など。

監督
森一生
出演キャスト
根上淳 森雅之 山根寿子 若尾文子

山根寿子の関連人物

長谷川一夫  二本柳寛  菅井一郎  清水将夫  伊藤雄之助 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 山根寿子

ムービーウォーカー 上へ戻る