TOP > 映画監督・俳優を探す > ロジャー・ドナルドソン

年代別 映画作品( 1985年 ~ 2015年 まで合計14映画作品)

2015年

スパイ・レジェンド

  • 2015年1月17日(土)
  • 監督

ピアース・ブロスナンが『007 ダイ・アナザー・デイ』以来13年ぶりにスパイ役に挑んだサスペンス・アクション。元CIAのスゴ腕エージェントが、次々に起きるスパイ殺害事件とその裏に潜むロシア大統領選を巡る陰謀に立ち向かう姿を描く。監督は『13デイズ』などアクション作に定評のあるロジャー・ドナルドソン。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ピアース・ブロスナン ルーク・ブレイシー オルガ・キュリレンコ ビル・スミトロビッチ
2012年

ハングリー・ラビット

  • 2012年6月16日(土)
  • 監督

ニコラス・ケイジが代理殺人の罠に落ちた平凡な高校教師に扮するサスペンス・アクション。アクションに定評のあるケイジだけに、パトカーとのカーチェイスから、ハイウェイでの危険なスタントまで、とても高校教師とは思えないアクションを次から次へと披露する熱演を見せる。監督は『13デイズ』のロジャー・ドナルドソン。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ジャニュアリー・ジョーンズ ガイ・ピアース ハロルド・ペリノー
2008年

バンク・ジョブ

  • 2008年11月22日(土)
  • 監督

1971年にロンドンで実際に起こった大事件を映画化したクライム・サスペンス。しがない強盗団が実行した犯罪が英国政府や王室をも震撼させていく過程をスリリングに描出する。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ジェイソン・ステイサム サフロン・バロウズ リチャード・リンターン スティーヴン・キャンベル・ムーア
2007年

世界最速のインディアン

  • 2007年2月3日(土)
  • 監督、脚本、製作

「ハンニバル」のアンソニー・ホプキンスが、63歳で世界記録に挑んだ実在のライダーを演じる人間ドラマ。「リクルート」のロジャー・ドナルドソン監督が1960年代の実話を映画化。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
アンソニー・ホプキンス ダイアン・ラッド ポール・ロドリゲス アーロン・マーフィー
2004年

リクルート

  • 2004年1月17日(土)
  • 監督

CIAの非情なルールに揺さぶられる青年の運命を描いたサスペンス。緊迫した展開に加え、若手注目株コリン・ファレルと名優アル・パチーノの火花散る演技合戦も見ものだ。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
アル・パチーノ コリン・ファレル ブリジット・モイナハン ガブリエル・マクト
2000年

13デイズ

  • 2000年12月16日(土)
  • 監督

 第3次世界大戦の危機をはらんだ、緊迫の13日間をつづる問題作だ。歴史的事件の裏舞台をドキュメンタリー・タッチで克明に描出し、強烈なメッセージを突きつける。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ケヴィン・コスナー ブルース・グリーンウッド スティーヴン・カルプ ディラン・ベイカー
1997年

ダンテズ・ピーク

  • 1997年3月8日(土)
  • 構成

火山の噴火の驚異とそれに立ち向かう人々の姿を、最新のSFXを駆使した描いたパニック・スペクタクル超大作。「トゥルーライズ」「アポロ13」の特撮工房、デジタル・ドメイン社が手掛けた噴煙・溶岩・大地の揺れ・火砕流などのリアルかつ凄まじい表現が見どころ。脚本は「デイライト」でパニック状況下の人間ドラマを書き上げて評価されたレスリー・ボーエンのオリジナル。監督には、映画界入りいる以前はオーストラリアの大学で地質学を学んでいたという「カクテル」「追いつめられて」「ゲッタウェィ」のロジャー・ドナルドソンが起用された。製作は「ターミネーター1、2」「トゥルーライズ」のゲイル・アン・ハードとジョゼフ・M・シンガー、製作総指揮はイロナ・ハーツバーグ、製作協力と第二班監督は「フリージャック」のジョフ・マーフィ。撮影は「スピーシーズ 種の起源」のアンジェイ・バートコウィアック、音楽はジョン・フリッツェルがスコアを書き、テーマ曲の作曲は「恋の闇 愛の光」のジェームズ・ニュートン・ハワード。美術はデニス・ワシントン、編集はコンラッド・バフ、ハワード・スミス。主演は「007/ゴールデンアイ」のピアース・ブロスナンと「ターミネーター1、2」のリンダ・ハミルトン。

監督
出演キャスト
ピアース・ブロスナン リンダ・ハミルトン チャールズ・ハラハン ジェイミー・レネー・スミス
1995年

スピーシーズ 種の起源

  • 1995年11月23日(木)
  • 監督

宇宙からの信号に基づくDNA操作実験によって生まれた、“新たな種”の恐怖を描くSFホラー。エロティシズムの強調と、ベテラン勢が結集したSFXが見もの。監督は「カクテル」「ゲッタウェイ(1994)」のロジャー・ドナルドソン。製作は「13日の金曜日」シリーズのフランク・マンキューソ・ジュニアとオリジナル脚本も手掛けたデニス・フェルドマン。撮影は「スピード」のアンジェイ・バートコウィアク、音楽は「告発」のクリストファー・ヤング、美術はジョン・ムート。怪物のデザインを「エイリアン」の前衛画家H・R・ギーガーが担当し、「スター・ウォーズ」「レイダース 失われた聖櫃<アーク>」などで4度オスカー受賞のリチャード・エドランドが視覚効果監修を、「ゴーストバスターズ」「アビス」のスティーヴ・ジョンソンが特殊メイクと怪物のエフェクトを手掛けている。出演は「死と処女」のベン・キングスレイ、「ワイアット・アープ」のマイケル・マドセン、「オールウェイズ」のマーグ・ヘルゲンバーガー、「プレタポルテ」のフォレスト・ウィテカーら。怪物の仮の姿である美女役にフランスのスーパーモデルのナターシャ・ヘンストリッジが扮し、見事な肢体を披露して映画初出演。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ベン・キングズレー マイケル・マドセン アルフレッド・モリーナ フォレスト・ウィテカー
1994年

ゲッタウェイ(1994)

  • 1994年2月26日(土)
  • 監督

犯罪のプロの夫婦コンビの逃避行を描いたアクション映画。ジム・トンプソンの小説を映画化した72年のサム・ペキンパー監督の同名映画を、「キスへのプレリュード」のアレック・ボールドウィンと「愛という名の疑惑」のキム・ベイシンガーの夫婦初共演で再映画化。前作のウォルター・ヒルがエイミー・ジョーンズと共同で脚本をリライト。製作はデイヴィッド・フォスター、ローレンス・ターマン、ジョン・アラン・サイモン。撮影は「黒豹のバラード」のピーター・メンジース・ジュニア、音楽は「リバー・ランズ・スルー・イット」のマーク・アイシャムで、主題歌はリチャード・マークス。共演は「ミッドナイト・スティング」のジェームズ・ウッズほか。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
アレック・ボールドウィン キム・ベイシンガー ジェームズ・ウッズ マイケル・マドセン
1993年

ホワイト・サンズ

  • 1993年1月23日(土)
  • 監督

ニューメキシコで発見された死体のを捜査するうちに、秘密工作や隠密行動のはびこる世界へ入り込んでしまう一人の男の姿を描く。ニューメキシコ全域で10週間を越えるロケ撮影を敢行した作品。監督は「追いつめられて(1987)」などのサスペンス・スリラーで定評のあるロジャー・ドナルドソン。脚本は「マイアミ・バイス」「パシフィック・ハイツ」のダニエル・パイン。撮影は「クロコダイル・ダンディー」のピーター・メンジース・ジュニア。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
ウィレム・デフォー ミッキー・ローク メアリー・エリザベス・マストラントニオ サミュエル・L・ジャクソン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ロジャー・ドナルドソン

ムービーウォーカー 上へ戻る