TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・W・コート

年代別 映画作品( 1994年 ~ 2019年 まで合計31映画作品)

1991年

EVE イヴ(1991)

  • 1991年11月16日(土)
  • 製作

暴走するロボット核兵器と阻止を命じられたテロリスト専門家の追跡劇というSFアクション映画の大枠に女性虐待というフェミニズム的要素を盛り込んだ異色作。監督・脚本はMTV中心に活動してきた英国出身のダンカン・ギビンズ。製作はデイヴィッド・マデンとロバート・コート。エグゼクティヴ・プロデューサーはテッド・フィールド。撮影はアラン・ヒューム。音楽はフィリップ・サルド。

監督
ダンカン・ギビンズ
出演キャスト
グレゴリー・ハインズ ルネ・ソーテンディック マイケル・グリーン カート・フラー

ペンタグラム 悪魔の烙印

  • 1991年5月25日(土)
  • 製作

現代のロサンゼルスを舞台に、儀式めいた殺人を繰り返し、死刑となった後もその邪悪な精神で他人に憑依して犯行を続ける男と、彼を追う刑事との闘いをショッキングに描いたホラー・アクション映画。監督・脚本は「ベスト・コップ」の脚本を担当し、これが長編映画デビュー作となるロバート・レズニコフ、撮影は「アイリーンを探して」のテオ・ヴァン・デ・サンデ、音楽は「トーク・レディオ」のスチュワート・コープランドが担当。出演はルー・ダイアモンド・フィリップス、トレイシー・グリフィス、ジェフ・コバー、ミケル・T・ウィリアムソンほか。

監督
ロバート・レズニコフ
出演キャスト
ルー・ダイアモンド・フィリップス トレイシー・グリフィス ジェフ・コバー ミケル・T・ウィリアムソン

スリーメン&リトルレディ

  • 1991年9月14日(土)
  • 製作

3人の独身男が1人の赤ん坊を育てる破目になったことから始まるコメディ「スリーメン&ベビー」の続編。製作はテッド・フィールドとロバート・W・コート。監督は「ワン・モア・タイム」のエミール・アルドリーノ、脚本はチャーリー・ピータース、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽をジェームズ・ニュートン・ハワードが担当。出演はトム・セレック、スティーヴ・グッテンバーグ、テッド・ダンソンほか。

監督
エミール・アルドリーノ
出演キャスト
トム・セレック スティーヴ・グッテンバーグ テッド・ダンソン ナンシー・トラヴィス
1992年

愛に翼を

  • 1992年1月25日(土)
  • 製作総指揮

子供をなくした夫婦と少年の一夏のふれあいを描く、フランス映画「フランスの思い出」(原案ジャン・ループ・ヒュバート)のアメリカ版リメイク。監督・脚本は「フォエバー・フレンズ」の脚本家のメアリー・アグネス・ドナヒュー、製作はスコット・クルーフ、パトリック・パーマー、エグゼクティヴ・プロデューサーはジャン・フランソワ・ルプティ、テッド・フィールド、ロバート・W・コート、撮影はポーランド出身のイェジー・ジーリンスキー、音楽はニューマン兄弟の末弟で近年の成長株デイヴィッド・ニューマンが担当。なお、主演のメラニー・グリフィスとドン・ジョンソンは実際の夫婦である。

監督
メアリー・アグネス・ドナヒュー
出演キャスト
メラニー・グリフィス ドン・ジョンソン イライジャ・ウッド ソーラ・バーチ
1990年

バード・オン・ワイヤー

  • 1990年9月14日(金)
  • 製作総指揮

女性弁護士が15年前に事故死した恋人に再会したことから巻き起こる事件を描くアクション。エグゼクティヴ・プロデューサーはテッド・フィールド、ロバート・W・コート、製作はロブ・コーエン、監督は「張り込み」のジョン・バダム、脚本はルイス・ヴェノスタ、エリック・レーナーの原案を基にヴェノスタ、レーナーとデイヴィッド・セルツァーの共同、撮影はロバート・プライムス。音楽はテッド・フィールドが担当。出演はメル・ギブソン、ゴールディ・ホーンほか。

監督
ジョン・バダム
出演キャスト
メル・ギブソン ゴールディ・ホーン デヴィッド・キャラダイン ビル・デューク

ブラインド・フューリー

  • 1990年2月17日(土)
  • 製作総指揮

三隅研次監督の「座頭市血煙り街道」(67)を下敷きに、友人を救うため麻薬組織に戦いを挑む盲目の元ヴェトナム兵士の姿を描くアクション。製作はダニエル・グロニックとティム・マティソン、監督はフィリップ・ノイス、脚本はチャールズ・ロバート・カーンズ、撮影はドン・バージェスが担当。出演はルトガー・ハウアー、テレンス・オクィンほか。

監督
フィリップ・ノイス
出演キャスト
ルトガー・ハウアー テレンス・オクィン ブランドン・コール ノーブル・ウィリンガム
1989年

ビルとテッドの大冒険

  • 1989年11月3日(金)
  • 製作総指揮

歴史のテストのためにタイムマシーンに乗って過去を旅するふたりの少年の冒険を描くコメディ映画。製作はスコット・クループとマイケル・S・マーフィー、ジョエル・ソアソン、監督は「クリッター」のスティーブン・ヘレク、脚本はクリス・マシスンとエド・ソロモンの共同、撮影はティム・サーステッド、音楽はデイヴィッド・ニューマンが担当。出演はキアヌ・リーヴス、アレックス・ウィンターほか。

監督
スティーブン・ヘレク
出演キャスト
キアヌ・リーヴス アレックス・ウィンター ジョージ・カーリン テリー・カーリン

カクテル

  • 1989年3月25日(土)
  • 製作

野心を抱く青年が体験する喪失と再生、そして真実の愛にめぐりあうまでを描く。製作はテッド・フィールドとロバート・W・コート、監督は「追いつめられて(1987)」のロジャー・ドナルドソン、原作・脚本はヘイウッド・グールド、撮影はディーン・セムラー、音楽はピーター・ロビンソンが担当。出演は「ハスラー2」のトム・クルーズ、「普通の女」のブライアン・ブラウン、エリザベス・シューほか。日本版字幕は戸田奈津子。ドルビーステレオ。カラー、ビスタサイズ。1988年作品。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
トム・クルーズ ブライアン・ブラウン エリザベス・シュー リサ・ベインズ
1988年

第七の予言

  • 1988年7月2日(土)
  • 製作

新約聖書の黙示録に記された“七つの予言”を基にしたオカルト・スリラー。エグゼクティヴ・プロデューサーはポール・R・グリアン、製作はテッド・フィールドとロバート・W・コート、監督はカール・シュルツ、脚本はW・W・ウィケットとジョージ・キャプラン、撮影はジュアン・ルイス・アンキア、音楽は「ナインハーフ」のジャック・ニッチェが担当。出演は「きのうの夜は…」のデミ・ムーア、「エイリアン2」のマイケル・ビーン、「ビバリーヒルズ・コップ2」のユルゲン・プロホノフほか。

監督
カール・シュルツ
出演キャスト
デミ・ムーア マイケル・ビーン ユルゲン・プロフノウ ピーター・フリードマン

スリーメン&ベビー

  • 1988年8月13日(土)
  • 製作

ニューヨークに住む3人の独身貴族のもとに突然現われた赤ちゃんが彼らにもたらずさまざまな騒動を描くコメディ映画。エグゼクティヴ・プロデューサーはジャン・フランソワ・ルプティ、製作はテッド・フィールドとロバート・W・コート、監督は「故郷への長い道 スター・トレック4」のレナード・ニモイ、コリーヌ・セローの「赤ちゃんに乾杯!」のリメイク版でジェームズ・オアとジム・クラックシャンクが脚本、撮影はアダム・グリーンバーグ、音楽はマーヴィン・ハムリッシュが担当。出演はトム・セレック、スティーヴ・グッテンバーグ、テッド・ダンソンほか。

監督
レナード・ニモイ
出演キャスト
トム・セレック スティーヴ・グッテンバーグ テッド・ダンソン ナンシー・トラヴィス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ロバート・W・コート

ムービーウォーカー 上へ戻る