映画-Movie Walker > 人物を探す > 西條八十

年代別 映画作品( 1948年 ~ 2012年 まで合計6映画作品)

2012年

新しき土

  • 2012年4月7日(土)公開
  • 作詞

「モンブランの王者」など“山岳映画”で知られるドイツのアーノルド・ファンクと「赤西蠣太」の伊丹万作が共同監督を務めた日本初の国際合作映画。撮影当時16歳の原節子(「東京物語」)が初々しい魅力を放つ。共演は「戦場にかける橋」の早川雪州、「限りなき前進」の小杉勇。撮影協力として特撮技術の祖・円谷英二が参加。

監督
アーノルド・ファンク 伊丹万作
出演キャスト
原節子 小杉勇 早川雪洲 ルート・エベラー
1960年

女妖

  • 1960年6月26日公開
  • 原作

西條八十の「女妖記」の映画化で、「警視庁物語 血液型の秘密 聞き込み」の長谷川公之と、鈴村耕が脚色し、「銭形平次捕物控 美人蜘蛛」の三隅研次が監督した。撮影は「勝利と敗北」の中川芳久。

監督
三隅研次
出演キャスト
船越英二 山本富士子 野添ひとみ 叶順子
1953年

憧れの星座

  • 1953年11月22日公開
  • 原案

西条八十の原案になる東映とコロムビアの提携第一回作品。『平凡』所載の大林清の原作により「続々魚河岸の石松」の笠原良三と「暁の市街戦」の高岩肇が共同脚色し、「風雲八万騎」の佐々木康が監督している。撮影は「健児の塔」の星島一郎、音楽は「若旦那の縁談」の万城目正である。キャストは「風雲八万騎」の高千穂ひづる、「南十字星は偽らず」の高峰三枝子、「びっくり太平記」の星美智子、「浮気天国」の宇佐美諄のほか、伊藤久男、鶴田六郎、奈良光枝、黒木燿子をはじめコロムビア歌手が総出演している。

監督
佐々木康
出演キャスト
高千穂ひづる 星美智子 宇佐美諄 冲鏡子
1948年

新愛染かつら

  • 1948年12月6日公開
  • 作詞

昭和三年松竹が野村浩将監督、田中絹代、上原謙主演で製作してヒットした「愛染かつら」の続編で、原作は同じく川口松太郎で現在『婦人世界』誌連載中のものによる。企画は「母(1948)」の中代富士男。脚本は「母(1948)」「三百六十五夜(1948)」の館岡謙之助。監督は「三面鏡の恐怖」以来の久松静児担当。この映画は最初田中、上原の主演を予定したが、田中絹代は交渉成らず、水戸光子、上原謙と変更して準備に入った矢先、上原の出演料三百万円要求事件が起こって大映側はこれを拒絶、ついに告訴問題まで発展したが、結局主役は「王将(1948)」につぐ水戸光子、「すいれん夫人とバラ娘」につぐ龍崎一郎と決定して、吉川満子、岡村文子、小川弘子を他社より得て出演。

監督
久松静児
出演キャスト
龍崎一郎 水戸光子 小川弘子 平井岐代子

春爛漫狸祭

  • 1948年6月29日公開
  • 作詞

「夜の門」につぐ木村恵吾がみずから脚本を書き監督した。撮影は「夜の門」の牧田行正で、作詞は新東宝の「あの夢この歌」の原作をした西條八十がつくる。主演は「木曽の天狗」の喜多川千鶴と、東宝の「風車」以来で、終戦後第一回の明日待子。それに「かくて忍術映画は終わりぬ」の杉狂児および日高澄子「Zの戦慄」の野々宮由紀が助演している。

監督
木村恵吾
出演キャスト
喜多川千鶴 草笛美子 曉照子 萩町子

あの夢この歌

  • 1948年3月20日公開
  • 原作

西條八十原作「歌の自序傳」を「恋する妻」の岸松雄と「誰か夢なき」「愛情診断書」の演出をした渡辺邦男が協同脚色して渡辺邦男が演出する。製作は「恋する妻」の井内久、撮影は「誰か夢なき」の友成達雄が担当。出演者は「金色夜叉(1948)」の斎藤達雄「愛情診断書」の宮川玲子、黒川弥太郎、清川虹子、「見たり聞いたりためしたり」以来の岸井明らと霧島昇、松原操らの歌手が特別出演する。西條八十の歌の集大成ともいうべき音楽映画。

出演キャスト
斎藤達雄 岸井明 清川虹子 黒川弥太郎
最近チェックした映画館・映画
おすすめ映画特集
おすすめ情報
Movie Walker モバイル
QRコード:Movie Walker

携帯で上映スケジュールや映画ニュースにアクセス。待ち受け画像も充実。
»詳しくはこちら

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 西條八十

ムービーウォーカー 上へ戻る