映画-Movie Walker > 人物を探す > 本松一成

年代別 映画作品( 1951年 ~ 1960年 まで合計32映画作品)

1960年

流転(1960)

  • 1960年6月10日(金)公開
  • 出演(丁稚梅吉 役)

朝日放送テレビの連続ドラマの映画化。石浜恒夫の原作を、原作者自身と岸生朗が脚色し、「新・二等兵物語 敵中横断の巻」のコンビ福田晴一が監督し、片岡清が撮影した。

監督
福田晴一
出演キャスト
長岡秀幸 山田五十鈴 森八郎 花菱アチャコ
1957年

隼人族の叛乱

  • 1957年4月30日(火)公開
  • 出演(童の八郎 役)

“オール読物”所載の海音寺潮五郎の原作を「旗本退屈男 謎の紅蓮塔」の比佐芳武が脚色、「鳳城の花嫁」のコンビ松田定次が監督、川崎新太郎が撮影したスペクタクル時代劇。主演は「大名囃子 (前後篇)」の市川右太衛門、「鳳城の花嫁」の長谷川裕見子、「源氏九郎颯爽記 濡れ髪二刀流」の中村錦之助。ほかに勝浦千浪、月形龍之介、千石規子、片岡栄二郎など。色彩はイーストマンカラー。

監督
松田定次
出演キャスト
市川右太衛門 長谷川裕見子 千石規子 毛利菊枝

旗本退屈男 謎の紅蓮塔

  • 1957年1月15日(火)公開
  • 出演(三平 役)

「任侠清水港」の比左芳武(脚本)、松田定次(監督)、川崎新太郎(撮影)のトリオが贈る佐々木味津三原作の旗本退屈男。主な出演者は「任侠清水港」の市川右太衛門、「大江戸喧嘩纏」の美空ひばり、「新諸国物語 七つの誓い・三部作」の月形龍之介、丘さとみ、「大江戸喧嘩纒」の薄田研二、「神変美女桜」の喜多川千鶴、「拳銃を捨てろ」の田代百合子、「やくざ大名」の勝浦千浪、ほかにエンタツ、香島ラッキー、木戸新太郎、渡辺篤、山形勲、加賀邦男、原健策など。

監督
松田定次
出演キャスト
市川右太衛門 田代百合子 横山エンタツ 木戸新太郎
1956年

獅子丸一平 第四部・完結篇

  • 1956年10月9日(火)公開
  • 出演(進吾 役)

愛憎流転、数奇な運命の剣と恋に、悲哀限りなき逆境の詩を綴る獅子丸一平もここに完結を迎える。川口松太郎の原作から「髑髏銭(1956)」の結束信二が脚色、「ふり袖太平記」の萩原遼が監督、同じく吉田貞次が撮影を担当する。主な出演は「曽我兄弟 富士の夜襲」の中村錦之助、高千穂ひづる、「海の百万石」の千原しのぶ、進藤英太郎、「水戸黄門漫遊記 鳴門の妖鬼」の喜多川千鶴、その他原健策、中村歌昇、小沢栄、本松一成、山手弘、片岡栄二郎など。

監督
萩原遼
出演キャスト
中村錦之助 高千穂ひづる 千原しのぶ 喜多川千鶴

緑眼童子 二部作

  • 1956年9月18日(火)公開
  • 出演(長助 役)

正義と平和を愛する若き剣士緑眼童子が強く正しい若人の勝利を謳歌する。角田喜久雄の小説から「復讐侠艶録」の土屋欣三と「隠密秘帖 まぼろし城」の松本憲昌が共同で脚色、「海の百万石」に次いで内出好吉が監督する。撮影は、「日輪太郎 (二部作)」の藤井春美。主な出演者は「風雲黒潮丸」の伏見扇太郎、「復讐侠艶録」の三笠博子、「水戸黄門漫遊記 人喰い狒々」の月丘千秋、その他、原健策、三条雅也、徳大寺伸、阿部九洲男、岡譲司など。「緑眼童子」(1956年9月18日公開 50分)「緑眼童子 解決篇」(1956年9月26日公開 51分)。

監督
内出好吉
出演キャスト
伏見扇太郎 原健策 本松一成 三条雅也

復讐侠艶録

  • 1956年8月22日(水)公開
  • 出演(梅太郎 役)

大江戸の白夜に狐面の怪盗五人女が織りなす色模様、剣侠波乱の剣戟娯楽篇。“東京タイムス”連載の邦枝完二原作“怪盗五人女”より「水戸黄門漫遊記 怪猫乱舞」の土屋欣三が脚色、「無法街」の小沢茂弘が監督、「青年安兵衛 紅だすき素浪人」の松井鴻が撮影を担当する。主な出演者は「隠密秘帖 まぼろし城」の大友柳太朗、「若さま侍捕物帳 魔の死美人屋敷」の大川橋蔵、「志津野一平 謎の金塊」の日高澄子、「青年安兵衛 紅だすき素浪人」の田代百合子、「風雲黒潮丸」の三笠博子、「髑髏銭(1956)」の進藤英太郎、「弥次喜多道中」の堺駿二、「逆襲獄門砦」の片岡栄二郎など。

監督
小沢茂弘
出演キャスト
大友柳太朗 大川橋蔵 日高澄子 田代百合子

隠密秘帖 まぼろし城

  • 1956年8月1日(水)公開
  • 出演(桐作 役)

黒頭巾でお馴染みの大友柳太朗が新しく発表する隠密シリーズの第一作。新日本放送他で現在連続放送中の高垣眸の原作から「長脇差奉行」の浪江浩と「満月あばれ笠」の松本憲昌が共同で脚色し、「江戸三国志 (三部作)」の萩原遼が監督、「若さま侍捕物帳 魔の死美人屋敷」の坪井誠が撮影を担当する。出演者は「忠治祭り 剣難街道」の大友柳太朗が変幻自在の早変りを見せるほか、「江戸三国志」の喜多川千鶴「若さま侍捕物帳 魔の死美人屋敷」の明石潮、「無法街」の三笠博子、「旗本退屈男 謎の幽霊船」の進藤英太郎、「怪談千鳥ケ淵」の本松一成、その他原健策、杉狂児、永田靖、八汐路佳子など。

監督
萩原遼
出演キャスト
大友柳太朗 明石潮 喜多川千鶴 八汐路佳子

怪談千鳥ケ淵

  • 1956年7月5日(木)公開
  • 出演(少年与吉 役)

元禄時代を背景に女の執念、恋慕、嫉妬、そして親子の愛情を恐怖と幻想の世界の中に描いた北条秀司源作の色彩映画化。脚本は「おしどり囃子」の八尋不二。監督は「大学の石松」の小石栄一、撮影は「長脇差奉行」の三木滋人が担当する。出演者は「異国物語 ヒマラヤの魔王 (三部作)」の中村錦之助、「江戸三国志 (三部作)」の千原しのぶ、「三っ首塔」の浦里はるみ、「お父さんはお人好し 迷い子拾い子」の浪花千栄子、「江戸三国志 (三部作)」の吉田義夫、「人妻椿 (前後篇)(1956)」の山形勲、その他岡村文子、沢田清など。なお新生新派から東映入りした若水美子が初出演する。色彩はイーストマン東映カラー。

監督
小石栄一
出演キャスト
中村錦之助 千原しのぶ 浪花千栄子 吉田義夫

疾風!鞍馬天狗

  • 1956年6月8日(金)公開
  • 出演(少年大太郎 役)

サンデー毎日連載の大佛次郎原作鞍馬天狗“影の如く”より、「大学の石松」の松浦健郎と大和久守正が共同で脚色、「鞍馬天狗 御用盗異変」に次いで並木鏡太郎が監督、「恋すがた狐御殿」の岡崎宏三が撮影を担当した。主な出演者は「鞍馬天狗 御用盗異変」の嵐寛寿郎、松島トモ子、「恋すがた狐御殿」の扇千景、「のり平の浮気大学」の北川町子、「喧嘩鴛鴦」の大河内傳次郎、その他杉山昌三九、上田吉二郎、寺島雄作など。

監督
並木鏡太郎
出演キャスト
嵐寛寿郎 松島トモ子 寺島雄作 扇千景

江戸三国志(三部作)

  • 1956年5月24日(木)公開
  • 出演(次郎 役)

吉川英治原作による、三部に亘るスペクタクル時代活劇。「おしどり囃子」の八尋不二が脚色し、「続源義経」の萩原遼が監督した。撮影は「水戸黄門漫遊記 怪力類人猿」の杉田正二。主な出演者は「おしどり囃子」の大川橋蔵、「剣法奥儀 二刀流雪柳」の伏見扇太郎、千原しのぶ、「異国物語 ヒマラヤの魔王 (三部作)」の喜多川千鶴、徳大寺伸、「父子鷹」の月形龍之介など。

監督
萩原遼
出演キャスト
大川橋蔵 伏見扇太郎 徳大寺伸 清川荘司
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 本松一成