TOP > 映画監督・俳優を探す > 三浦洸一

年代別 映画作品( 1956年 ~ 1960年 まで合計4映画作品)

1960年

流転(1960)

  • 1960年6月10日(金)
  • 出演(阿古清の若旦那 役)

朝日放送テレビの連続ドラマの映画化。石浜恒夫の原作を、原作者自身と岸生朗が脚色し、「新・二等兵物語 敵中横断の巻」のコンビ福田晴一が監督し、片岡清が撮影した。

監督
福田晴一
出演キャスト
長岡秀幸 山田五十鈴 森八郎 花菱アチャコ
1958年

哀愁の高速道路

  • 1958年11月19日(水)
  • 出演(三崎光次 役)

松浦健郎の原作を、「酔いどれ幽霊」の石井喜一が脚色、「アンコなぜ泣く」の関喜誉仁が監督した歌謡映画。撮影は「これが最後だ」の藤岡粂信。小高雄二・堀恭子・木城ゆかりなどに、三浦洸一も出演している。

監督
関喜誉仁
出演キャスト
小高雄二 木城ゆかり 堀恭子 佐野浅夫
1956年

唄祭母恋しぐれ

  • 1956年6月8日(金)
  • 出演(三浦屋幸吉 役)

一四七号掲載「唄祭けんか道中」に続いて歌手三浦洸一と沖諒太郎が主演した人情捕物時代劇。滝富雄のオリジナルから「唄祭けんか道中」のコンビ倉谷勇が監督、近藤憲昭が撮影を担当した。主な出演者は三浦洸一と沖諒太郎の他、新人夏亜矢子、松浦築枝など。

監督
倉谷勇
出演キャスト
沖諒太郎 三浦洸一 寺島雄作 夏亜矢子

唄祭けんか道中

  • 1956年5月24日(木)
  • 出演(三崎の幸太郎 役)

紙啓二の脚本を「天狗の源内」の倉谷勇が監督し、時代劇に初出演の歌手三浦洸一が主演する股旅人情劇。撮影は「漫才長屋に春が来た」の近藤憲昭。主な出演者は三浦洸一の他、「恋すがた狐御殿」の沖諒太郎、「女の学校」の浦路洋子、環三千代など。

監督
倉谷勇
出演キャスト
沖諒太郎 三浦洸一 浦路洋子 環三千代

三浦洸一の関連人物

沖諒太郎  石井トミコ  桃山節子  岡田一  佐藤貴美夫 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/21更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 三浦洸一

ムービーウォーカー 上へ戻る