映画-Movie Walker > 人物を探す > 村田知栄子

年代別 映画作品( 1945年 ~ 1986年 まで合計136映画作品)

1986年

玄海つれづれ節

  • 1986年1月15日(水)公開
  • 出演(タキ 役)

北九州を舞台に、夫に蒸発された女性が仲間に助けられながら自立していく姿を描く。吉田兼好原作の『徒然草・第三八段』の映画化で、脚本は「オーディーン 光子帆船スターライト」の笠原和夫と下飯坂菊馬、兵頭剛の共同執筆。監督は「天国の駅」の出目昌伸、撮影は「ビッグ・マグナム 黒岩先生」の飯村雅彦がそれぞれ担当。

監督
出目昌伸
出演キャスト
吉永小百合 八代亜紀 風間杜夫 草笛光子
1979年

悪魔が来りて笛を吹く(1979)

元子爵、椿家の乱れた人間関係によって生まれた兄妹の起こす連続殺人事件を解決する金田一耕肋の活躍を描く。角川春樹事務所の企画で復活した金田一耕助は東宝で石坂浩二の主演で四本製作されたが、今回は、同じ角川春樹事務所の企画だが、西田敏行の主演で東映で製作された。脚本は「柳生一族の陰謀」の野上龍雄、監督はにっかつで「女の意地」を監督した後「太陽にほえろ!」「青春ド真中!」などのテレビ・シリーズを手がけている斎藤光正、撮影もテレビで活躍している伊佐山巌がそれぞれ担当している。

監督
斎藤光正
出演キャスト
西田敏行 夏木勲 仲谷昇 鰐淵晴子
1977年

突然、嵐のように

  • 1977年4月29日(金)公開
  • 出演(織井ツエ 役)

都会で暮す孤独な青年と看護婦が、交通事故をきっかけに知り合い、愛し、同棲生活の中で傷つき別れるまでを描く。脚本は「祭りの準備」の中島丈博と「愛と誠・完結篇」の山根成之の共同、監督は「おとうと(1976)」の山根成之、撮影は「憧憬 あこがれ」の坂本典隆がそれぞれ担当。

監督
山根成之
出演キャスト
郷ひろみ 秋吉久美子 中山麻理 佐藤蛾次郎
1966年

お嫁においで

  • 1966年10月20日(木)公開
  • 出演(母良子 役)

「沈丁花」の松山善三がシナリオを執筆、「フランケンシュタインの怪獣 サンダ対ガイラ」の本多猪四郎が監督した青春歌謡もの。撮影は「パンチ野郎」の宇野晋作。

監督
本多猪四郎
出演キャスト
加山雄三 笠智衆 笠間雪雄 村田知栄子

恋と涙の太陽

  • 1966年7月30日(土)公開
  • 出演(旗野タカ 役)

「炎と掟」でコンビの立花明と井上梅次が脚本を担当し、同じく「炎と掟」の井上梅次が監督した青春もの。撮影は「俺たちの恋」の長岡博之。

監督
井上梅次
出演キャスト
橋幸夫 倍賞千恵子 香山美子 山東昭子
1965年

素敵な今晩わ

  • 1965年7月24日(土)公開
  • 出演(京極利枝 役)

「おしゃべりな真珠」の馬場当の原作を、馬場当と「五瓣の椿」の野村芳太郎が共同で脚色、監督した喜劇。撮影は「ウナ・セラ・ディ・東京」の川又昂。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
岩下志麻 犬塚弘 楠侑子 穂積隆信

黒い雪

  • 1965年6月9日(水)公開
  • 出演(母弥須 役)

「紅閨夢」の武智鉄二がオリジナル・シナリオを執筆、自らが監督した風俗もの。撮影は倉田武雄。

監督
武智鉄二
出演キャスト
花ノ本寿 村田知栄子 紅千登世 美川陽一郎

おゝ猛妻

  • 1965年5月16日(日)公開
  • 出演(葵勝子 役)

土井聞太のオリジナル・シナリオを新人菱田義雄が監督した喜劇。撮影は「背後の人」の平瀬静雄。

監督
菱田義雄
出演キャスト
長門勇 伴淳三郎 浪花千栄子 村田知栄子
1964年

幸せなら手をたたこう(1964)

  • 1964年12月19日(土)公開
  • 出演(前田粂子 役)

「制服の狼」の長谷川公之のオリジナル・シナリオを新人湯浅憲明が監督した歌謡ドラマ。撮影は「制服の狼」の宗川信夫。

監督
湯浅憲明
出演キャスト
宇津井健 姿美千子 倉石功 中村鴈治郎

続・高校三年生

  • 1964年8月22日(土)公開
  • 出演(高津照子 役)

森本吉彦の原案を「君たちがいて僕がいた」の池田一朗がシナリオ化「殺られる前に殺れ」の弓削太郎が監督した青春もの。撮影は「獣の戯れ」の宗川信夫。

監督
弓削太郎
出演キャスト
姿美千子 松村達雄 村田知栄子 倉石功
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 村田知栄子