映画-Movie Walker > 人物を探す > 藤田安男

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1960年 まで合計10映画作品)

1960年

伴淳の駐在日記

  • 1960年2月19日(金)公開
  • 出演(一郎 役)

「待っていた花嫁」の山根優一の脚本を、「姫夜叉行状記」の倉橋良介が監督した人情喜劇。撮影は関根重行。

監督
倉橋良介
出演キャスト
伴淳三郎 藤田安男 有沢正子 天王寺虎之助
1959年

風のある道

  • 1959年9月13日(日)公開
  • 出演(茂太 役)

婦人画報に連載された川端康成の原作を、矢代静一・山内亮一・西河克己が共同で脚色し、「若い傾斜」の西河克己が監督したメロドラマ。撮影も同じく「若い傾斜」の伊佐山三郎が担当した。

監督
西河克己
出演キャスト
大坂志郎 山根寿子 北原三枝 芦川いづみ

東京ロマンス・ウェイ

  • 1959年2月11日(水)公開
  • 出演(ケンちゃん 役)

東京タワーが背景の歌謡メロドラマ。「場末のペット吹き」の山口純一郎と「月は地球を廻ってる」の大川久男の共同脚本「忘れ得ぬ人」の吉村廉が監督、「単車で飛ばそう」の山崎安一郎が撮影した。

監督
吉村廉
出演キャスト
二谷英明 中村万寿子 平尾昌章 東谷暎子

女を忘れろ

  • 1959年1月28日(水)公開
  • 出演(アパートの子供 役)

小説新潮所載の藤原審爾の原作によるアクションドラマ。「完全な遊戯」の舛田利雄が監督し、「星は何でも知っている」の姫田真佐久が撮影した。

監督
舛田利雄
出演キャスト
小林旭 浅丘ルリ子 南田洋子 金子信雄
1958年

紅の翼(1958)

  • 1958年12月28日(日)公開
  • 出演(沖山武晴 役)

石原裕次郎が今度は民間航空のパイロットに扮するもので、新潮所載の菊村到の同名小説を、中平康・松尾昭典が共同で脚色、「四季の愛欲」の中平康が監督した。撮影は「明日を賭ける男」の山崎善弘、音楽も「明日を賭ける男」の佐藤勝。裕次郎のほか、芦川いづみ・中原早苗・二谷英明・滝沢修らが出演するほか、原作者自身も特別出演している。

監督
中平康
出演キャスト
石原裕次郎 相馬幸子 芦川いづみ 中原早苗

赤い波止場

  • 1958年9月23日(火)公開
  • 出演(安雄 役)

神戸を舞台に、裕次郎がピストルの名手に扮して活躍するアクション・ドラマ。「明日を賭ける男」の池田一朗と舛田利雄の脚本を、「羽田発7時50分」の舛田利雄が監督、「星は何でも知っている」の姫田真佐久が撮影した。「風速40米」の石原裕次郎・北原三枝のコンビに、「明日を賭ける男」の中原早苗・岡田眞澄・大坂志郎、その他轟夕起子・二本柳寛・二谷英明・新人清水マリ子らが出演する。

監督
舛田利雄
出演キャスト
石原裕次郎 北原三枝 中原早苗 轟夕起子

太閤記

  • 1958年8月10日(日)公開
  • 出演(日吉丸 役)

吉川英治の原作を、「直八子供旅」の井手雅人が脚色、「現代無宿」の大曾根辰保が監督したもので、お馴染藤吉郎・信長・小六が活躍する物語。撮影は「現代無宿」の石本秀雄。「天保水滸伝」の高田浩吉、「大岡政談 謎の逢びき」の松本幸四郎・瑳峨三智子、「暖簾」の山田五十鈴のほか、近衛十四郎・森美樹・高野真二・幾野通子などが出演している。色彩はイーストマン松竹カラー。

監督
大曽根辰保
出演キャスト
高田浩吉 藤田安男 草山秀明 山田五十鈴

お笑い三人組

  • 1958年6月10日(火)公開
  • 出演(伊部紋太 役)

NHK・TVの人気番組名和青朗原案の「お笑い三人組」の映画化。脚本は鈴樹三千夫、監督は「少女と風船」の吉村廉、撮影は同じく「少女と風船」の峰重義。出演は江戸家猫八、一竜斎貞鳳、三遊亭小金馬のお馴染三人組を中心に、柳沢真一、天路圭子、稲垣美穂子、藤田安男など。

監督
吉村廉
出演キャスト
一竜斎貞鳳 三遊亭小金馬 江戸家猫八 藤田安男
1957年

九時間の恐怖

  • 1957年8月20日(火)公開
  • 出演(子供純 役)

去る五月二十九日、静岡県安倍郡井川村に建設中の井川ダムで起った実話に基いて、「誘惑からの脱出」の島耕二と「妻こそわが命」の共同脚色者の一人、星川清司が共同で脚本を作成、島耕二が監督、「誘惑からの脱出」の高橋通夫が撮影したセミ・ドキュメンタリー作品。出演は浜口喜博、中江文男、星ひかるなど大映東京撮影所俳優部一四七名総出演のノン・スター・キャスト。この映画化にあたり静岡県警察本部、中部電力、間組などの現地機関の全面協力を得た。

監督
島耕二
出演キャスト
中江文男 町田博子 坂倉はるえ 藤田安男

誘惑からの脱出

  • 1957年7月13日(土)公開
  • 出演(平山正一 役)

原田光夫の原案を、「午後8時13分」の須崎勝弥と「女の肌」の島耕二が脚色し、同じく島耕二が監督、「女の肌」の高橋通夫が撮影した、大映ビスタビジョン現代劇第一作。主演は、「女の肌」の根上淳、「妻こそわが命」の若尾文子、「永すぎた春」の川口浩、「残月講道館」の高松英郎。ほかに角梨枝子、月田昌也、苅田とよみ、見明凡太朗など。色彩は大映カラー。

監督
島耕二
出演キャスト
根上淳 川口浩 若尾文子 角梨枝子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 藤田安男