TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィニフレッド・ウェストーヴァー

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1920年 まで合計5映画作品)

1920年

オールド・レディー三十一号

  • 1920年
  • 出演(Mary 役)

ラシェル・クロザース氏原作の舞台劇を、書卸した際主役を演じたエマ・ダン嬢が矢張り主役に扮して「何者」「告白すべきか?」「盲人の眼」等の監督者ジョン・E・インス氏監督の許に撮影された人情劇で、ダン嬢の対手はヘンリー・ハーモン氏が巧みに演出して居る。家を失った老人夫婦が、養老院へ収容されてから、遂に再び我家に帰る迄の経路を涙の中に笑を混えて描いてある。

監督
ジョン・E・インス
出演キャスト
エマ・ダン ヘンリー・ハーモン Clara Knott キャリー・クラーク・ウォード
1919年

恵みの光

  • 1919年
  • 出演(Ruby_Merril 役)

ピーター・B・カイン氏がサタデイ・イヴニング・ポースト紙上に「三人の名付け親」“The Three Godfathers”として掲載した小説を、ジャック・フォード氏監督の下にハリー・ケイリー氏を主役として撮影する映画。大正5年秋ケイレイ氏の出世作映画として上場された「三人教父」と同じ原作である。この映画に於て氏の対手はウィニフレッド・ウェストーヴァー嬢が演じている。

監督
ジャック・フォード
出演キャスト
ハリー・ケイリー J・ファーレル・マクドナルド ジョー・ハリス Ted Brooks

赤手空拳(1919)

  • 1919年
  • 出演(Nora_Ellis 役)

ウィンダム・マーティンの原作をスティーブン・フォックスが脚色し、ヘンリー・キングが監督した人情喜劇で、主役はウィリアム・ラッセル、相手役は「短気ホツブス」と同じウィニフレッド・ウェストーヴァーである。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
ウィリアム・ラッセル ウィニフレッド・ウェストーヴァー J. Morris Foster Hayword Mack

ジョン・ペティコーツ

  • 1919年
  • 出演(Caroline_Meredith 役)

最近「3字の烙印」「燃え立つ義勇」などの最近作品の封切られたウィリアム・S・ハート主演、例によってC・ガードナー・サリヴァン原作、ランバート・ヒルヤー監督の19年度のパラマウント映画である。相手役は今はハート夫人たるウィニフレッド・ウェストーヴァー。

監督
ランバート・ヒルヤー
出演キャスト
ウィリアム・S・ハート ウォルト・ホイットマン ジョージ・ウェッブ ウィニフレッド・ウェストーヴァー

禁断の道

  • 1919年
  • 出演(Marion 役)

バック・ジョーンズ主演の活劇で、相手役は最近「赤手空拳」出演のウィニフレッド・ウェストーヴァー。監督は「曲馬団の処女」などと同じくスコット・ダンラップである。

監督
スコット・ダンラップ
出演キャスト
バック・ジョーンズ Fred Herzog スタントン・ヘック ウィニフレッド・ウェストーヴァー

ウィニフレッド・ウェストーヴァーの関連人物

Hayword Mack  J. Morris Foster  Ted Brooks  Fred Herzog  ウィリアム・S・ハート 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ウィニフレッド・ウェストーヴァー

ムービーウォーカー 上へ戻る