映画-Movie Walker > 人物を探す > 川村耿平

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1960年 まで合計12映画作品)

1960年

大いなる愛の彼方に

  • 1960年3月4日(金)公開
  • 出演(刑事A 役)

「わが古城の町」の富田義朗と「二度とないぞ青春は」の芦沢俊郎の共同脚本を、「わが古城の町」の大野徹郎が監督した、非行少女と女教師との物語。撮影も「わが古城の町」の井上晴二が担当。

監督
大野徹郎
出演キャスト
高千穂ひづる 浅茅しのぶ 十朱久雄 田代百合子

彼女だけが知っている

  • 1960年2月2日(火)公開
  • 出演(野本巡査 役)

高橋治の第一回監督作品で、脚本は高橋治と助監督の田村孟。高橋監督は、昭和四年生れ、東大文学部卒後、二十八年大船に入社、主に堀内真直監督に師事した。

監督
高橋治
出演キャスト
笠智衆 水戸光子 小山明子 渡辺文雄

痛快なる花婿

  • 1960年1月29日(金)公開
  • 出演(番頭忠三 役)

池田忠雄・中村定郎・芦沢俊郎・入江円の共同脚本を、「ふるさとの風」の原研吉が監督した下町喜劇。撮影は「わかれ」の森田俊保が担当した。

監督
原研吉
出演キャスト
石浜朗 小山明子 大泉滉 日比野恵子
1959年

大願成就(1959)

  • 1959年11月29日(日)公開
  • 出演(後藤の秘書 役)

源氏鶏太の原作を、長谷部慶次・富田義朗・菅野昭彦が共同脚色し、「三人姉妹」のコンビ生駒千里が監督し、篠村荘二郎が撮影したサラリーマンもの。事故死した高橋貞二の最後の主演作品となった。

監督
生駒千里
出演キャスト
高橋貞二 佐田啓二 桑野みゆき 石浜朗

愛と希望の街

  • 1959年11月17日(火)公開
  • 出演(笹島 役)

新人大島渚のオリジナル「鳩を売る少年」を、自ら監督したもので、貧しさのために許されぬ行為をあえてしなければならない少年と、それに同情を寄せる人人の善意の物語。大島渚は大庭秀雄の演出助手をつとめ、新スター紹介の映画「明日の太陽」を発表している。撮影は「今日もまたかくてありなん」の楠田浩之。

監督
大島渚
出演キャスト
藤川弘志 望月優子 伊藤道子 富永ユキ

わかれ(1959)

  • 1959年10月23日(金)公開
  • 出演(善さん 役)

高見順が婦人画報に連載した「花自ら教えあり」を映画化したもの。「ふるさとの風」の池田忠雄が脚色し、「広い天」の野崎正郎が監督した。撮影は「暁の地平線」の森田俊保。

監督
野崎正郎
出演キャスト
鰐淵晴子 山田五十鈴 安井昌二 英百合子

幸福の合唱

  • 1959年10月20日(火)公開
  • 出演(車掌 役)

文部大臣賞を受けた桂一郎の放送劇『木馬の夢』の映画化で、山間の僻地の女教師と生徒たちの交流を描いたもの。「海流」の高橋治が脚色し、「バラ少女」の池田博が監督した。撮影は中島信男。

監督
池田博
出演キャスト
有沢正子 真藤孝行 谷田光久 中森康博

愛を誓いし君なれば

  • 1959年7月25日(土)公開
  • 出演(従業員松井 役)

雑誌平凡に連載された小糸のぶの原作を、「夫婦合唱」の田畠恒男が脚色・監督したメロドラマ。撮影も「夫婦合唱」の布戸章。

監督
田畠恒男
出演キャスト
牧紀子 小山明子 南原伸二 夏川静江

いたづら

  • 1959年2月25日(水)公開
  • 出演(岩崎 役)

志賀直哉の同名短篇小説を、内藤保彦が脚色、「春を待つ人々」の中村登が監督した喜劇。撮影は「悪女の季節」の長岡博之が担当した。

監督
中村登
出演キャスト
杉浦直樹 高橋貞二 小瀬朗 有馬稲子
1958年

若い広場

  • 1958年4月8日(火)公開
  • 出演(炭屋の店員 役)

「全国学園新聞」連載の蔦原万亀雄作『蒼いレール』を、高橋治と中島和彦が共同脚色した、受験生を扱ったメロドラマ。「七人の女掏摸」の堀内真直が監督を、「黒い河」の厚田雄春が撮影を、それぞれ担当した。主演は新人の片桐真二、山本豊三、清川晶子、三上真一郎青春スターと、高千穂、渡辺、南原、有沢、片山など。

監督
堀内真直
出演キャスト
片桐真二 高千穂ひづる 藤川正治 熱海サチ子
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 川村耿平