映画-Movie Walker > 人物を探す > 大津絢子

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1960年 まで合計15映画作品)

1960年

朱の花粉

  • 1960年2月2日(火)公開
  • 出演(エミ 役)

週刊読売に連載された舟橋聖一の同名小説の映画化。柳井隆雄・大庭秀雄・高橋治が共同で脚色、「若い素顔」のコンビ大庭秀雄が監督し、厚田雄春が撮影した。

監督
大庭秀雄
出演キャスト
有馬稲子 佐田啓二 杉田弘子 山内明
1959年

わが古城の町

  • 1959年12月22日(火)公開
  • 出演(リリー・カルメン 役)

「大願成就」の共同脚色者・富田義朗の脚本を「がんばり娘」の大野徹郎が監督した、三橋美智也の歌謡もの。撮影は「激闘」の井上晴二。

監督
大野徹郎
出演キャスト
三橋美智也 高野真二 有沢正子 泉京子

春を待つ人々

  • 1959年1月9日(金)公開
  • 出演(カオル 役)

老政治家を中心に、人間は我欲や打算を取り去った時本来の姿に戻るということを描こうとしたドラマで、柳井隆雄・沢村勉のオリジナルシナリオを、「顔役(1958)」の中村登が監督、「彼岸花」の厚田雄春が撮影した。音楽は武満徹。出演者は、佐分利信・有馬稲子・佐田啓二・岡田茉莉子・高橋貞二・高千穂ひづる等々の豪華な顔ぶれ。

監督
中村登
出演キャスト
佐分利信 有馬稲子 田村高廣 鳳八千代
1958年

浮世風呂

  • 1958年8月24日(日)公開
  • 出演(湯女おきみ 役)

丹前風呂を舞台にした風俗ドラマで、「女狐風呂」の小国英雄の脚本を、久方振りに木村恵吾が監督した。撮影は「欲」の竹野治夫。「駅前旅館」の伴淳三郎をはじめ、水戸光子・伊藤弘子・松本錦四郎・伊藤雄之助・福田公子らが出演している。

監督
木村恵吾
出演キャスト
伴淳三郎 水戸光子 松本錦四郎 伊藤弘子

見事な求婚

  • 1958年4月15日(火)公開
  • 出演(松本京子 役)

新進橋田寿賀子の脚本を新人生駒千里が第一回作品として監督した大船調喜劇。撮影は「青い花の流れ」の森田俊保。主演は「「夢に罪あり」より 処女」の菅佐原英一と「花くれないに」の中川弘子のコンビに、川口のぶなど、ほかに大津絢子、神楽坂浮子、春日八郎、古賀さと子などの歌謡陣に、桂小金治、渡辺篤、小林十九二などベテランが助演する。

監督
生駒千里
出演キャスト
菅佐原英一 桂小金治 春日八郎 中川弘子

日日の背信

  • 1958年2月16日(日)公開
  • 出演(六角の女 役)

毎日新聞に連載された丹羽文雄原作の映画化。脚色は「娘三羽烏」の斎藤良輔、監督は「集金旅行」の中村登、撮影は「がっちり若旦那」の長岡博之がそれぞれ担当した。主演は「オンボロ人生」の佐田啓二、「花嫁のおのろけ」の岡田茉莉子、「がっちり若旦那」の伊藤雄之助。ほかに桂木洋子、小林トシ子、内藤武敏など。

監督
中村登
出演キャスト
佐田啓二 桂木洋子 浦辺粂子 岡田茉莉子

ボロ家の春秋

  • 1958年1月29日(水)公開
  • 出演(小料理屋の女お香代 役)

梅崎春生の直木賞受賞作「渡る世間は鬼ばかり ボロ家の春秋」を中心に、同氏の数篇の短篇から、「花嫁のおのろけ」の共同脚本執筆者椎名利夫が脚色、「日日の背信」の中村登が監督、同じく「日日の背信」の長岡博之が撮影した風刺喜劇。出演は「花のうず潮」の佐田啓二、小山明子、「夜の鼓」の有馬稲子、ほかに三井弘次、多々良純、三好栄子、瞳麗子、桂小金治などが出演している。色彩はイーストマン松竹カラー。

監督
中村登
出演キャスト
佐田啓二 有馬稲子 多々良純 三好栄子

がっちり若旦那

  • 1958年1月9日(木)公開
  • 出演(女中キク 役)

「抱かれた花嫁」の共同脚本執筆者の一人、光畑碩郎のオリジナル・シナリオを渋谷実門下の菱田義雄が昇進第一回作品として監督した明朗篇。撮影は「女の足あと」の長岡博之。主演は「集金旅行」の伊藤雄之助、「黒い河」の渡辺文雄、「花くれないに」の中川弘子、清川新吾、桑野みゆき、「恋して愛して喧嘩して」の朝丘雪路。

監督
菱田義雄
出演キャスト
伊藤雄之助 渡辺文雄 清川新吾 桑野みゆき

花嫁のおのろけ

  • 1958年1月3日(金)公開
  • 出演(島村みどり(カリソプ) 役)

「抱かれた花嫁」につづく“花嫁シリーズ”の第二作で大船調コメディ。「集金旅行」の椎名利夫と「茶の間の時計 愛情の波紋」の中村定郎の共同脚本を「伴淳・森繁の糞尿譚」のコンビ、野村芳太郎が監督、井上晴二が撮影した。主演は「花くれないに」の高橋貞二、「集金旅行」の岡田茉莉子、「風前の灯」の佐田啓二、小林トシ子、南原伸二、「近くて遠きは」の石浜朗。それに瞳麗子、朝丘雪路、大津絢子など。色彩はイーストマン・松竹カラー。

監督
野村芳太郎
出演キャスト
高橋貞二 石浜朗 佐田啓二 小林トシ子
1957年

逃げだした縁談

  • 1957年10月8日(火)公開
  • 出演(川村ちづ子 役)

「情痴の中の処女 天使の時間」の斎藤良輔と、芦沢俊郎の脚本を「嵐の中の抱擁 おもかげ遥かなり」の穂積利昌が監督、同じく西川享が撮影したホーム・ドラマ。主演は「母と子の窓」の杉田弘子、「青い花の流れ」の高橋貞二、小山明子、「抱かれた花嫁」の田浦正巳、「土砂降り」の桑野みゆき、そのほか笠智衆、沢村貞子、三井弘次、清川新吾など。

監督
穂積利昌
出演キャスト
笠智衆 杉田弘子 田浦正巳 清川新吾
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 大津絢子