TOP > 人物を探す > 大和七海路

年代別 映画作品( 1954年 ~ 1960年 まで合計24映画作品)

1960年

虹之助乱れ刃

  • 1960年2月10日(水)
  • 出演(おしゅん 役)

雑誌明星に連載された南条範夫の時代小説の映画化。「浮かれ三度笠」の松村正温が脚色し、「江戸っ子桜」の西山正輝が監督した。撮影は柴田達矢が担当。

監督
西山正輝
出演キャスト
中村豊 島田竜三 鶴見丈二 美川純子

切られ與三郎(1960)

  • 1960年7月10日(日)
  • 出演(あやめ 役)

「ジャン・有馬の襲撃」の伊藤大輔が自らの脚本を監督したおなじみの時代劇。「ぼんち」の宮川一夫が撮影を担当した。

監督
伊藤大輔
出演キャスト
市川雷蔵 淡路恵子 冨士眞奈美 中村玉緒

甲賀の密使

  • 1960年5月18日(水)
  • 出演(お妙の方 役)

「幽霊小判」の松村正温のオリジナル・シナリオを、「からくり雛人形」の西沢宣匠が監督した娯楽時代劇。撮影は大北治三郎が担当した。

監督
西沢宣匠
出演キャスト
丹羽又三郎 島田竜三 鶴見丈二 浦路洋子

幽霊小判

  • 1960年4月6日(水)
  • 出演(お紋 役)

「浮かれ三度笠」の松村正温の脚本を、新人第一回の井上昭が監督した推理時代劇。井上監督は、溝口健二・森一生に師事した。撮影も新人の本田平三。

監督
井上昭
出演キャスト
丹羽又三郎 島田竜三 鶴見丈二 美川純子

銭形平次捕物控 美人蜘蛛

  • 1960年3月1日(火)
  • 出演(小三 役)

「濡れ髪喧嘩旅」の八尋不二が野村胡堂の原作を脚色し、「千姫御殿(1960)」の三隅研次が監督した銭形シリーズの一作。「関の弥太っぺ(1959)」の牧田行正が撮影。

監督
三隅研次
出演キャスト
長谷川一夫 中村玉緒 仁木田鶴子 二代目水谷八重子

千姫御殿(1960)

  • 1960年1月14日(木)
  • 出演(佐渡島金弥 役)

山本富士子の千姫映画で、「町奉行日記 鉄火牡丹」の八尋不二の脚本を、同じく「町奉行日記 鉄火牡丹」の三隅研次が監督した。撮影は「月影兵庫 上段霞斬り」の竹村康和。

監督
三隅研次
出演キャスト
山本富士子 本郷功次郎 二代目中村鴈治郎 志村喬
1959年

薄桜記

  • 1959年11月22日(日)
  • 出演(三重 役)

五味康祐の産経新聞連載小説の映画化で、赤穂浪士の仇討を背景とした時代劇。「ジャン・有馬の襲撃」の伊藤大輔が脚色し、「次郎長富士」の森一生が監督した。撮影も「次郎長富士」の本多省三。

監督
森一生
出演キャスト
市川雷蔵 勝新太郎 真城千都世 三田登喜子

貴族の階段

  • 1959年10月18日(日)
  • 出演(男爵夫人 役)

中央公論に連載された武田泰淳の同名小説を映画化したもので、二・二六事件を背景とした異色作。「電話は夕方に鳴る」のコンビ新藤兼人が脚色し、吉村公三郎が監督した。撮影も同じく「電話は夕方に鳴る」の中川芳久が担当した。

監督
吉村公三郎
出演キャスト
森雅之 細川ちか子 金田一敦子 本郷功次郎

かげろう絵図

  • 1959年9月27日(日)
  • 出演(火の番お蝶 役)

東京新聞に連載中の松本清張の同名小説を映画化したもので、徳川十三代将軍跡目相続をめぐる陰謀事件を中心にした時代推理劇。「お役者鮫」のコンビ衣笠貞之助と犬塚稔が脚色し、「情炎(1959)」のコンビ衣笠貞之助が監督し、渡辺公夫が撮影した。

監督
衣笠貞之助
出演キャスト
市川雷蔵 山本富士子 滝沢修 柳永二郎

町奉行日記 鉄火牡丹

  • 1959年9月13日(日)
  • 出演(おりん 役)

山本周五郎の原作を「濡れ髪三度笠」の八尋不二が脚色し、「四谷怪談(1959)」の三隅研次が監督した娯楽時代劇。「ジャン・有馬の襲撃」の今井ひろしが撮影した。

監督
三隅研次
出演キャスト
勝新太郎 淡路恵子 根上淳 鶴見丈二

大和七海路の関連人物

荒木忍  島田竜三  中村玉緒  光岡龍三郎  寺島貢 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/8/12更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 大和七海路

ムービーウォーカー 上へ戻る