映画-Movie Walker > 人物を探す > 横尾忠則

年代別 映画作品( 1969年 ~ 2016年 まで合計9映画作品)

2016年

家族はつらいよ

  • 2016年3月12日(土)公開
  • 題字

巨匠・山田洋次監督が『男はつらいよ』シリーズ以来ひさびさに手がけるコメディ。突然の両親の離婚問題に揺れる子供たちら8人が繰り広げる騒動を描き出す。橋爪功と吉行和子が離婚の危機を迎えた熟年夫婦を演じるほか、西村雅彦、夏川結衣といった『東京家族』で一家を演じた8人のキャストが再集結し、別の家族を演じている。

監督
山田洋次
出演キャスト
橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣
2013年

美輪明宏ドキュメンタリー 黒蜥蜴を探して

  • 2013年8月31日(土)公開
  • 出演

美輪明宏の数奇な人生を、インタビューやアーカイブ映像を交えながら追うドキュメンタリー。1968年の深作欣二作品「黒蜥蜴」で妖艶なヒロインを演じていた彼はジェンダー問題に果敢に立ち向かい、俳優、歌手、テレビ出演、エッセイの執筆など50年にわたる活動を通して、魅惑的な人物のアイコンであり続けている。2011年11月19日より、シネマ・ジャック&ベティにて日本初のプレミア上映をした。

監督
パスカル=アレックス・ヴァンサン
出演キャスト
美輪明宏 横尾忠則 深作欣二 北野武

東京家族

  • 2013年1月19日(土)公開
  • スペシャルアドバイザー

小津安二郎監督の不朽の名作『東京物語』をモチーフに、山田洋次監督が現代の家族像を描くヒューマン・ドラマ。子供たちに会うために東京へやってきた老夫婦の姿を通して、家族の絆を映し出す。老夫婦に橋爪功と吉行和子、長男を西村雅彦、次男を妻夫木聡が演じるなど、新旧実力派たちが多数顔をあわせた。

監督
山田洋次
出演キャスト
橋爪功 吉行和子 西村雅彦 夏川結衣
2010年

ANPO

  • 2010年9月18日(土)公開
  • 出演

通訳や字幕翻訳者として知られる日本生まれのアメリカ人リンダ・ホーグランドが、60年安保を知るアーティストたちの証言と作品を通して、戦後の日米関係を問うドキュメンタリー。現代美術家の会田誠や横尾忠則、写真家の石内都といった世界的に活躍するアーティストたちが多数登場し、反戦への強い思いを訴える。

監督
リンダ・ホーグランド
出演キャスト
会田誠 朝倉摂 池田龍雄 石内都
1994年

ざ・鬼太鼓座

  • 1994年10月22日(土)公開
  • 美術デザイン

独自のスタイルで「瞼の母(1962)」「緋牡丹博徒」シリーズなど、数々の娯楽作を手がけ、1985年に没した加藤泰監督の遺作となった81年製作のドキュメンタリー。新潟県佐渡にて和太鼓を中心にした日本の伝統楽器に青春をぶつける鬼太鼓座は主宰者、田耕が5年の歳月をかけて育てた異色の芸能集団で、1975年のボストン・マラソンに15人の青年たちが全員完走した直後、広場に特設された櫓に登り、太鼓を打ちまくり、観客の熱狂を誘った。この鬼太鼓座の世界を、若者の鍛え上げられた肉体が音と格闘する、“生命のダイナミズム”を通して謳いあげようとした加藤泰の究極のドキュメンタリーであり、またフィクション世界ともいえる。佐渡、新潟、福島、静岡、鹿児島など日本列島の四季を追いつつ、「鬼剣舞」「櫓のお七」「桜変奏曲」「大太鼓」「モノクロームII」「屋台囃子」「津軽じょんがら節」などのパートが鬼太鼓座の日常のトレーニングの場面などを挟みながら、時にはロケで、時にはスタジオに大セットを組んで描かれていく。諸々の事情から未公開に終わっていたが、1989年の東京国際映画祭「ニッポンシネマナウ」での特別上映、そして1994年ユーロスペースでの特集上映「加藤泰」「女と男、情感の美学」に際して一般公開となった。デジタルリマスターが第17回東京フィルメックス特別招待作品フィルメックス・クラシックとして上映、2017年1月21日より劇場公開される(配給:松竹メディア事業部)。

監督
加藤泰
出演キャスト
河内敏夫 林英哲 大井良明 藤本吉利
1980年

小さな胸の五円玉

  • 1980年6月10日(火)公開
  • 美術

監督
吉田一義
出演キャスト
山下勝也 竜雷太 マスター・バブー 真行寺君枝
1977年

僕は天使ぢゃないよ

  • 1977年5月15日(日)公開
  • 出演

あがた森魚が製作・脚本・監督・主演・音楽を務めた“幻の青春映画”が、74年の完成から14年を経て、劇場公開された。漫画家を志している駆け出しのアニメーター。四畳半のアパートで暮らす彼の周辺で、女たち、男たちがもがきながら生きてゆく様を独特のタッチで捉えていく。横尾忠則、岡本喜八、大瀧詠一、山本コウタロー、泉谷しげるらも出演。

監督
あがた森魚
出演キャスト
あがた森魚 斉藤沙稚子 緑魔子 坂本長利
1969年

ヤングパワー・シリーズ 新宿番外地

  • 1969年10月18日公開
  • 出演(男 役)

「ある女子高校医の記録 続・妊娠」の高橋二三と帯盛迪彦が、脚本、監督を担当した新シリーズ第一作。撮影は、「女殺し屋 牝犬」の中川芳久が担当。

監督
帯盛迪彦
出演キャスト
峰岸隆之介 平泉征 河原崎長一郎 夏純子

新宿泥棒日記

  • 1969年2月15日公開
  • 出演(岡ノ上鳥男と名のる青年 役)

「帰って来たヨッパライ」の四人のグループがシナリオの執筆し、大島渚が監督した。撮影は吉岡康弘と仙元誠三が担当した。

監督
大島渚
出演キャスト
横尾忠則 横山リエ 田辺茂一 高橋鉄
最近チェックした映画館・映画

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > 横尾忠則

ムービーウォーカー 上へ戻る