TOP > 映画監督・俳優を探す > エディス・チャップマン

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1931年 まで合計44映画作品)

1919年

試みの結婚

  • 1919年
  • 出演(Mrs._Ercoll 役)

ウィリアム・ハールバット氏の舞台劇「土曜から月曜迄」からアリス・アイトン女史が脚色した喜劇で、コンスタンス・タルマッジ嬢と、ハリソン・フォード氏の共演である。監督はロバート・G・ヴィニョーラ氏。

監督
ロバート・G・ヴィニョーラ
出演キャスト
コンスタンス・タルマッジ ハリソン・フォード ウォルター・ハイアース Vera Sisson
1918年

楽園の薔薇

  • 1918年
  • 出演(Peg 役)

「盃の中」や「何夫人」よりも後で発売されたが、ベシー・バリスケール嬢がパラルタに入社後第一回の作品である。「嵐の里」や「嵐の国の女」の原作者グレイス・ミラー・ホワイト女史の原作で、監督はジェームズ・ヤング氏。バーリスケール嬢の対手は「愛国心」にハイド博士を演じたアーサー・アラート氏。嬢の夫君ハワード・ヒックマン氏が珍らしく老役を演じて居る。

監督
ジェームズ・ヤング
出演キャスト
ベシー・バリスケール アーサー・アラート David M. Harford ハワード・ヒックマン

ジプシー生活

  • 1918年
  • 出演(Edward's_grandmother 役)

「若き日の歓び」と同じくブライアント・ウォッシュバーン氏とワンダ・ホウリー嬢共演の人情映画で、監督はウォルター・エドワーズ氏である。「春の訪れ」等出演のカッスン・ファーガソン氏が活躍していて、却って主役のウォッシュバーン氏の方がトボトボした役である。

監督
ウォルター・エドワーズ
出演キャスト
カッスン・ファーガソン ブライアント・ウォッシュバーン ワンダ・ホウリー ジョージ・E・ストーン
1917年
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/22更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > エディス・チャップマン

ムービーウォーカー 上へ戻る