TOP > 映画監督・俳優を探す > エディス・チャップマン

年代別 映画作品( 1917年 ~ 1931年 まで合計44映画作品)

1924年

玉を抱いて罪あり

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Hadley 役)

ケリブ・プロクナー氏の原作をイヴ・アンセル女史が脚色し「アンニー可愛や」「気侭な花嫁」等と同じくウィリアム・ボーディン氏が監督したもので、「恋の舞台姿」「結婚哲学」等と同じくマリー・プレヴォー嬢とモント・ブルー氏が共演し、クララ・ボウ嬢、エディス・チャップマン嬢、ウィルフレッド・ルーカス氏等が助演している。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
マリー・プレヴォー モント・ブルー クララ・ボウ エディス・チャップマン

砂漠の星影

  • 1924年
  • 出演(Aunt_Caroline 役)

「シーク」の原作者として知られているエディス・M・ハル夫人の小説に基づきフレデリック・ハットン氏とファニー・ハットン女史が脚色し「嵐の娘(1949)」「自由結婚」等と同じくジォージ・アーチェンボード氏が監督したもので、主役はユニヴァーサルのスターであつたフランク・メイオ氏、「愚か者の楽園」「湖畔の思い出」等出演のミルドレッド・ハリス嬢「メアリー・ゴー・ラウンド」「五番街のモデル」等出演のノーマン・ケリー氏、今エフ・ビー・オーのスターなるエヴェリン・・ブレント嬢等である。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
フランク・メイオ ミルドレッド・ハリス ノーマン・ケリー バートラム・グラスビー

彼と彼女

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Martha_Mansfield 役)

「地獄からきた焔」「一瀉千里」等と同じW・S・ヴァン・ダイク氏 の監督した映画で、主役は「鬼女の精」「悪魔は躍る」等と同じくリー・ベイアード嬢で、相手はフォックス映画でお馴染みのジョージ・ウォルシュ氏。その他ミッチェル・ルイズ氏、エディス・チャップマン夫人、ジョージ・ニコルズ氏等が共演している。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
リー・ベイアード ジョージ・ウォルシュ エディス・ヨーク ジョージ・ニコルズ

輝く一路

  • 1924年
  • 出演(Beulah_Reynolds 役)

メレディス・ニコルソン氏作の小説をセイダ・コウアン女史とハワード・ヒギン氏とが脚色し、「愛の大雪嶺」「大分水嶺」等と同じくレジナルド・バーカー氏が監督したもので、「夜の女」「殴られる彼奴」等出演のノーマ・シアラー嬢、「荒み行く女性」等出演のジェームズ・カークウッド氏。「惑溺の十字路」等出演のアドルフ・マンジュウ氏、「迷路の乙女」等出演のメイ・ブッシュ嬢を始め、ヴェラ・レイノルズ嬢、ロバート・エイニュー氏、ロバート・フレイザー氏、ジョージ・フォーセット氏、ルース・ストンハウス嬢、ウィニフレッド・ブライソン嬢等のそうそうたる連中が競演している。

監督
レジナルド・バーカー
出演キャスト
ノーマ・シアラー ジェームズ・カークウッド アドルフ・マンジュウ メイ・ブッシュ

お転婆時代

  • 1924年
  • 出演(Mrs._Farringto 役)

エルマー・ハリス氏の原作により「木の葉落し」「美人懸賞」等と同じクロイド・イングレアム氏が監督したもので、主演は「快走百万哩」「蛮地のローレン」等出演のパッシー・ルス・ミラー嬢と「美人食客」「我こそ英雄」等出演のマット・ムーア氏とで、レオン・バリー氏、ルシー・フォックス嬢、エディス・チャップマン嬢等が助演している。

監督
ロイド・イングレアム
出演キャスト
パッシー・ルス・ミラー マット・ムーア ルシー・フォックス レオン・バリー
1923年

我が愛したる娘

  • 1923年
  • 出演(Mother_Middleton 役)

「懐かしの泉」同様ジェームズ・ウィットコーム・リレーの短詩から脚色したもので、「裸一貫(1922)」と同じくジョセフ・ド・グラスの監督になったもの。チャールズ・レイのユナイテッド社第2回作品である。対手役はジウエル大作品「ノートルダムのせむし男(1923)」やゴールドウィン映画「無我夢中」等出演の新進パッシー・ルス・ミラー。その他ラムゼイ・ウォーレス、エディス・チャップマン夫人等が出演する。

監督
ジョセフ・ド・グラス
出演キャスト
チャールズ・レイ パッシー・ルス・ミラー ラムゼイ・ウォーレス エディス・チャップマン

離(1923)

  • 1923年
  • 出演(Mrs._George_Reed 役)

アンドリュー・ベニソンの原作になる家庭劇で、チェスター・ベネットが監督した主役は「氷原の彼方へ」「イソベル」「黄泉の国」その他でおなじみのジェーン・ノヴァック。「快男子ソーヤー」「ローナ・ドゥーン」等主演のジョン・ボワーズの2人で、その他「ロビンソン・クルーソー漂流記」「社交界の怪賊」出演のマーガレット・リヴィングストン、色敵として有名なジョージ・フィッシャー、母親役のエディス・チャップマン等が出演する。

監督
チェスター・ベネット
出演キャスト
ジェーン・ノヴァック ジョン・ボワーズ ジェームズ・コリガン エディス・チャップマン

十誡(1923)

  • 1923年
  • 出演(Mrs._Martha_McTavish 役)

セシル・B・デミル氏が「屠殺者(1922)」「アダムス・リブ」に続いて製作した特撮映画で、例によってジェニー・マクファーソン女史が脚色した。映画は第一部と第二部に分かれ、第一部はセオドア・ロバーツ氏、シャール・ド・ローシュ氏、エステル・テイラー嬢等が主役、第二部はリチャード・ディックス氏、ロッド・ラ・ロッタ氏、リートリス・ジョーイ嬢、ニタ・ナルディ嬢が主役である。第一部は今より凡そ3千年の昔旧約聖書の出埃及記に時代をとり第二部は現代である。第一部には大分テクニカラー天然色が使用してあって、戦車の突進する場や紅海の波が二つに割れるシーン等に着色してある。尚

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
セオドア・ロバーツ シャルル・ド・ローシュ エステル・テイラー ジュリア・フェイ
1922年

裸一貫(1922)

  • 1922年
  • 出演(Mrs._Nathan 役)

ファースト・ナショナル社の為に映画を作っていたチャールズ・レイ氏がユナイティッド・アーティスツ社を通じて其作品を発表する事になって第一回の映画である。ハリー・ジェームズ・スミス氏の原作をかつてフォックス社映画等に出演していたアルバート・レイ氏が脚色し、やはりレイ氏の主演映画「懐かしの泉」「鉄拳舞踏」を監督したジョセフ・ド・グラス氏が監督した。俳優はチャールズ・レイ氏を始め「海路の日和」「嘘八百の世界」等出演のエセル・グランディン嬢やジャクリーン・ローガン嬢、セネット喜劇でお馴染みのエディ・グリッボン氏等其他達者な所が多数出演している。

監督
ジョセフ・ド・グラス
出演キャスト
トマス・リケッツ エセル・グランディン ヴィクター・ポーテル フランク・バトラー

屠殺者(1922)

  • 1922年
  • 出演(Adeline_Bennett 役)

「苦闘十二年」の原作者アリス・デュアー・ミラー女史の原作を、デミル映画の殆ど総てを脚色したジェニー・マクファーソン女史が脚色し、最近「人間苦」「土曜日の夜」等が紹介されたセシル・B・デミル氏が監督したパラマンウト映画である。主役は「沈黙の都」「何故妻を代へる」等のトーマス・ミーアン氏で、相手役は「土曜日の夜」「ハートの1」等のリートリス・ジョーイ嬢、及び「沈黙の都」「悩める花」等のロイス・ウィルソン嬢、その他ジョージ・フォーセット氏、ジュリア・フェイ嬢、カッスン・ファーガソン氏、レイモンド・ハットン氏、チャールズ・オーグル氏等パ社老練俳優多数出演している。

監督
セシル・B・デミル
出演キャスト
トーマス・ミーアン リートリス・ジョーイ ロイス・ウィルソン ジョン・ミルターン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/28更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > エディス・チャップマン

ムービーウォーカー 上へ戻る