映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイス・モラン

年代別 映画作品( 1924年 ~ 1931年 まで合計26映画作品)

1931年

蜘蛛の怪

  • 1931年公開
  • 出演(Beverly_Lane 役)

フルトン・アワースラー及びロウェル・ブランタノの二人が合作した舞台劇からバリー・コナーズとフィリップ・クラインが映画台本にかき改め「街のをんな」と同様ウィリアム・キャメロン・メンジースとケネス・マッケンナ両人が監督したもので主演者は「各国の女」「愛の暴風」のエドモンド・ロウと「踊るカレッジ」「熱沙果つるところ」のロイス・モーラン、助演するは「各国の女」「ビッグ・トレイル(1930)」のエル・ブレンデル、ジョージ・E・ストーン、ハワード・フィリップス、アール・フォックスその他で撮影者は「四つの壁」「ソレルとその子」のジェームズ・ウォン・ホウである。

監督
ウィリアム・キャメロン・メンジース ケネス・マッケンナ
出演キャスト
エドモンド・ロウ ロイス・モラン エル・ブレンデル ジョージ・E・ストーン

ブロードウェイの西

  • 1931年公開
  • 出演(Dot 役)

ラルフ・グレイヴス・とメレディスが合作したストーリーからジーン・マーキーが撮影台本を書き上げ、台詞を付し、「暗黒街に踊る」「夜歩きパリ雀」のハリー・ボーモンが監督し、「あけぼの」「運命の兄弟」のメリット・B・ガースタッドが撮影した映画で、「運命の兄弟」「パリの魔人」のジョン・ギルバート、「大西洋横断」「感激の怒濤」のロイス・モーラン、「印度の寵児」のマッチ・エヴァンス、「脱走兵」のラルフ・ベラミー、「各国の女」のエル・ブレンデル、グウェン・リー、ヘッダ・ホッパー等が主演している。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ジョン・ギルバート エル・ブレンデル ロイス・モラン マッジ・エヴァンス

洋上の怪事件

  • 1931年公開
  • 出演(Judy_Kramer 役)

「リオ・リタ」「恋の花園」の原作者ガイ・ボルトンと「女に賭けるな」「踊り子をめぐりて」のリン・スターリングの二人が協同で組み立てたものを基に「クリスティナ」「二つの顔(1930)」のウィリアム・K・ハワードが監督にあたった映画である。主演者は「二つの顔(1930)」「拳銃の洗礼」のエドモンド・ロウと「歓楽の巷」「踊るカレッジ」のロイス・モーラン二人。助演者として「アビーの白薔薇」「猫は這いよる」のジャン・ハーショルド、「各国の女」「ファジル」のグレタ・ニッセン、「愉快な武士道」「肉と霊」のマーナ・ローイ、ジョン・ハリデイ、「拳銃の洗礼」のアール・フォックス、ビリー・ビーヴァンその他が出演。カメラは「決死隊」「四つの壁」のジェームズ・ウォン・ホウである。

監督
ウィリアム・K・ハワード
出演キャスト
エドモンド・ロウ ロイス・モラン ジョン・ハリデイ ジーン・ハーショルト
1930年

マミー

  • 1930年公開
  • 出演(Nora 役)

「シンギング・フール」「ジャズ・シンガー(1927)」と同じくアル・ジョルソン氏主演映画で、米国ジャズ音楽界の大家アーヴィング・バーリン氏が原作を執筆し、ジョルソン氏が歌う歌曲をもものし、「激流恋をのせて」「踊子をめぐりて」のゴードン・リグビー氏と「流行の寵児」「殺人街」のジョセフ・ジャクソン氏が共同脚色し、「ノアの箱船」「大地の果てまで」のマイケル・カーティズ氏が監督し、「ノアの箱船」「踊子をめぐりて」のバーニー・マクギル氏が撮影したものである。助演者は「熱沙果つるところ」「踊るカレッヂ」のロイス・モーラン嬢を始め、「クラック将軍」のローウェル・シャーマン氏、「母ぞよく知る」のルイズ・ドレッサー嬢、「悪魔の日曜日」のホバート・ボスウォース氏、「サンダーボルト」のタリー・マーシャル氏、ミッチェル・ルイス氏、スタンリー・フィールズ氏、等である。

監督
マイケル・カーティズ
出演キャスト
アル・ジョルソン ロイス・モラン ルイズ・ドレッサー ローウェル・シャーマン
1929年

踊るカレッジ

  • 1929年公開
  • 出演(Mary_Brown 役)

フレセリック・ハヅリット・プレナン及びジャック・マック・エドワード両氏合作の原作を「輝く天国」「離婚結婚」のジェームズ・ティンリング氏が監督した全発声の歌舞曲映画で、俳優には「サモアの花」「モダン出世鏡」のロイス・モーラン嬢、「化物行進曲」のヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ嬢、「青空」のウィリアム・オーラモンド氏、デーヴィット・パーシー氏、エリザベス・パタスン嬢、デューク・モリソン氏等が出演している。キャメラは「極北恋の滑走」「紅の踊」のチャールズ・パーシー氏担当。

監督
ジェームズ・ティンリング
出演キャスト
ロイス・モラン デイヴィッド・パーシー ヘレン・トゥウェルヴトゥリーズ ウィリアム・オーラモンド

輝く天国

  • 1929年公開
  • 出演(Judith 役)

「サンライズ」「無実の罪」のジョージ・オブライエン氏と「大河の奇賊」「愛に飢えて」のロイス・モーラン嬢とが「三人水兵恋行脚」に於けると同じく共演する映画で、C・E・モンティグ氏が雑誌に発表した物語“udithをドワイト・カミンス氏が映画向きに改作し、「離婚結婚」「水陸狂走楽」と同じくジェームズ・ティンリング氏がフォックス社に於ける第4回目作品として監督したものである。オスカー・アッフェル氏、フィリップス・スモーリー氏、ヘドゥィヒ・ライヘル氏等が助演する。

監督
ジェームズ・ティンリング
出演キャスト
ジョージ・オブライエン ロイス・モラン フィリップス・スモーリー オスカー・アッフェル

歓楽の巷

  • 1929年公開
  • 出演(Marie_Mimi_Colman 役)

「踊るカレッジ」「モダン出世鏡」のロイス・モーラン嬢が主演する映画で、「浮気発散」「赤い酒」のレイモンド・キャノン氏が原作監督したもの。脚色はチャールズ・R・コンドン氏とフランク・フェイ氏とが共同担任し、キャメラは「炭坑」「明日の結婚」のアーネスト・ミラー氏が担任した。助演者は「浮気発散」「ヨーロッパ突進」のニック・スチュアート氏、「ニュース前進曲」「青春謳歌」のサリー・フィップス嬢、「巴里見るべし」のレックス・ベル氏、「砂漠の生霊」のマリア・アルバ嬢、ホセ・クレスポ氏、アダ・ウィリアムス嬢等である。

監督
レイモンド・キャノン
出演キャスト
ロイス・モラン ニック・スチュアート レックス・ベル ホセ・クレスポ

ケンタッキーの唄

  • 1929年公開
  • 出演(Lee_Coleman 役)

「化物行進曲」「紐育万華鏡」のフレデリック・ハズリット・ブレナン氏が書き下ろし脚色したものから「化物行進曲」「娘乱暴記」のリュウ・サイラー氏が監督したもので主演者は「熱砂果つるところ」「踊るカレッジ」のロイス・モーラン嬢と喜歌劇畑から新来のジョセフ・ワグスタッフ氏で「ホリウッド結婚」のダグラス・ギルモア氏、「懐しのアリゾナ」のドロシー・バージェス嬢、「ホリウッド結婚」のハーマン・ビング氏、「娘乱暴記」のヘッダ・ホッパー夫人、「河(1928)」のバート・ウッドラフ氏、エドワード・デイヴィス氏等が助演している。キャメラは「踊るカレッジ」「極北恋の滑走」のチャールズ・G・クラーク氏が担任。

監督
リュウ・サイラー
出演キャスト
ジョセフ・ワグスタッフ ロイス・モラン ドロシー・バージェス ダグラス・ギルモア

熱砂果つるところ

  • 1929年公開
  • 出演(Eve_Mannering 役)

「懐しのアリゾナ」「暗黒街のローマンス」と同じくアーヴィング・カミングス氏の監督した作品でのアール・デル・ピッガース氏原作からジョージ・ミドルトン氏が改作し、会話をつけ、ソニア・レヴィーン女史及びクラーク・シルバーネイル氏が脚色し筆をとったもので主役を演ずるは「疑惑晴れて」「遥かなる叫び」のワーナー・バクスター氏「モダン出世鏡」「輝く天国」のロイス・モーラン嬢で、「海のロマンス」のフィリップ・ストレンジ氏をはじめギルバート・エメリー氏、クロード・キング氏、モンテーグ・ショウ氏その他が助演している。

監督
アーヴィング・カミングス
出演キャスト
ワーナー・バクスター ロイス・モラン ギルバート・エメリー フィリップ・ストレンジ

モダン出世鏡

  • 1929年公開
  • 出演(Lettie_Ewin 役)

ジョージ・エイド氏の原作を「夜の囁き」「無償の罪」と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督したもので主演者は「懐しのアリゾナ」「闇より光へ」のエドモンド・ロウ氏と「輝く天国」「大河の奇賊」のロイス・モーラン嬢でアルバート・ハート氏、ジェームズ・フォード氏、ルシェン・リットルフィールド氏、シャーマン・ロス氏その他が助演している。カメラは「四人の悪魔」「ファジル」のL・ウィリアム・オコンネル氏が担当。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
エドモンド・ロウ ロイス・モラン アルバート・ハート ルシアン・リトルフィールド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ロイス・モラン