TOP > 映画監督・俳優を探す > ジェームズ・D・ブルベイカー

年代別 映画作品( 1984年 ~ 2015年 まで合計11映画作品)

2015年

シェフ 三ツ星フードトラック始めました

  • 2015年2月28日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

『アイアンマン』シリーズの監督、ジョン・ファヴローが監督・製作・脚本だけでなく自ら主演を務めた人間ドラマ。一流レストランの総料理長だった男が、オーナーとの対立を機に、フードトラックでサンドウィッチの移動販売を始めるさまを描き出す。ロバート・ダウニーJr.、スカーレット・ヨハンソンら豪華キャストが脇を固める。

監督
ジョン・ファヴロー
出演キャスト
ジョン・ファヴロー ジョン・レグイザモ ボビー・カナヴェイル エムジェイ・アンソニー
2003年

ブルース・オールマイティ

  • 2003年12月20日(土)
  • 製作

全米で今夏大ヒットを記録したコミカルなファンタジー。神となって思いのままにこの世を動かす男を「マジェスティック」のジム・キャリーが熱演。ハートフルな味わいが絶品。

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
ジム・キャリー ジェニファー・アニストン モーガン・フリーマン リサ・アン・ウォルター

コーリング

  • 2003年5月31日(土)
  • 製作総指揮

ケビン・コスナー主演によるオカルト風ファンタジー。愛妻に先立たれた医師の周囲で起こる超常現象の謎を描く。スリリングなドラマの果てにはロマンチックな感動が!

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
ケヴィン・コスナー スザンナ・トンプソン ジョー・モートン ロン・リフキン
2000年

ナッティ・プロフェッサー2 クランプ家の面々

  • 2000年10月28日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

 人気コメディアン、エディ・マーフィが180kgのデブ男を演じたヒット作の続編。天才科学者が開発した若返り薬を巡るドタバタ争奪戦を、下ネタも飛び交う過激なギャグ満載で描き出す。

監督
ピーター・シーガル
出演キャスト
エディ・マーフィ ジャネット・ジャクソン ラリー・ミラー ジョン・エルス
1997年

ライアーライアー

  • 1997年6月14日(土)
  • エグゼクティブプロデューサー

突然ウソがつけなくなってしまった、やり手の弁護士の悪戦苦闘ぶりを描いたコメディ。「ケーブルガイ」のコメディアン、ジム・キャリーが出世作「エース・ベンチュラ」のトム・シャドヤック監督と3年ぶりに組み、得意の顔面演技や形態模写、オーバーアクトを披露して笑いを誘う。脚本は『リトル・ラスカルズ』(V)のポール・ガイとスティーヴン・マザールのコンビ。製作は「身代金」のブライアン・グレイザー、製作総指揮は「ナッティ・プロフェッサー/クランプ教授の場合」のジェームズ・D・ブルベイカー、マイケル・ボスティック。撮影は「ティン・カップ」のラッセル・ボイド、音楽は「サドン・デス」のジョン・デブニー、美術はリンダ・デシーナ、編集はドン・ジマーマン、衣裳はジュディ・L・ラスキン。共演は「真実の行方」のモーラ・ティアニー、「裏切」のジェニファー・ティリー、「ツイスター」のケイリー・エルウェス、「白蛇伝説」のアマンダ・ドノホー、「リアリティ・バイツ」のスージー・カーツ、TVドラマ『ER/緊急治療室』の子役で映画初出演のジャスティン・クーパーほか。

監督
トム・シャドヤック
出演キャスト
ジム・キャリー モーラ・ティアニー ジャスティン・クーパー ケアリー・エルウィス
1995年

雲の中で散歩

  • 1995年5月27日(土)
  • 製作総指揮

広大な葡萄園を舞台に、男女の情熱的な恋を描いたロマンティックなラヴストーリー。「スピード」「JM」でトップスターの座を掴んだキアヌ・リーヴス初の本格的な恋愛映画。42年製作の同名イタリア映画(日本未公開)のリメイクで、監督は「赤い薔薇ソースの伝説」で国際的にも高く評価され、本作が初のハリウッド映画となるメキシコ映画界の雄、アルフォンソ・アラウ。製作は「ゴースト ニューヨークの幻」のデイヴィッド&ジェリー・ザッカー、ギル・ネッターのトリオ。脚本は「リーサル・ウェポン3」のロバート・マーク・ケイメンとマーク・ミラー、ハーヴェイ・ウェイツマン。美しいカメラワークで幻想的な映像をものにした撮影は「赤い薔薇ソースの伝説」のエマニュエル・ルベスキ。音楽は「フィアレス」の巨匠モーリス・ジャール、美術は「ボビー・フィッシャーを探して」のデイヴィッド・グロープマン、編集は「幸福の条件」のドン・ジンマーマン、衣装は「めぐり逢えたら」のジュディ・L・ラスキン、ダンスシーンの振付は「コットンクラブ」のマイケル・スムインがそれぞれ担当。ヒロインには、本作でハリウッドに進出したスペインの女優アイタナ・サンチェス・ギヨンが扮し、「道」「リベンジ」のアンソニー・クイン、「イノセント」「ニューヨーク・ストーリー」のジャンカルロ・ジャンニーニの2大名優が脇を固めている。

監督
アルフォンソ・アラウ
出演キャスト
キアヌ・リーヴス アイタナ・サンチェス・ギヨン アンソニー・クイン ジャンカルロ・ジャンニーニ
1991年

プロブレム・チャイルド うわさの問題児

  • 1991年4月19日(金)
  • 製作総指揮

孤児院から養子としてもらわれてきながら悪戯のかぎりをつくす超問題児が周囲にまき起こす大混乱を描く。エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・D・ブルベイカー、製作はロバート・シモンズ、監督はTV「こちらブルームーン探偵社」のデニス・デュガン、脚本はスコット・アレクサンダーとラリー・カラゼウスキーの共同、撮影はピーター・リヨンズ・コリスター、音楽はマイルス・グッドマンが担当。出演はジョン・リッター、ジャック・ウォーデンほか。

監督
デニス・デューガン
出演キャスト
ジョン・リッター ジャック・ウォーデン マイケル・オリヴァー ギルバート・ゴッドフリード
1987年

オーバー・ザ・トップ

  • 1987年2月14日(土)
  • 製作総指揮

愛する息子のために腕相撲(アーム・レスリング)大会のチャンピオンを目ざすトラッカーを描く。製作・監督は「デルタ・フォース」のメナヘム・ゴーラン、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェームズ・D・ブルベイカー、脚本は主演のシルヴェスター・スタローンとスターリング・シリファントの共同執筆、撮影はニック・マクリーンが担当。出演はスタローン、デイヴィッド・メンデンホール、ロバート・ロッジア、スーザン・ブレイクリーほか。

監督
メナヘム・ゴーラン
出演キャスト
シルヴェスター・スタローン デイヴィッド・メンデンホール ロバート・ロギア スーザン・ブレイクリー
1986年

コブラ(1986)

  • 1986年8月9日(土)
  • 製作総指揮

ロサンゼルスを舞台に凶悪殺人集団を相手に活躍するロス市警の刑事、通称「コブラ」の姿を描く。製作はメナハム・ゴランとヨーラム・グローバス、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェイムズ・D・ブルベイカー、監督は「ランボー 怒りの脱出」のジョージ・P・コスマトス。ポーラ・ゴスリングの原作を基にシルヴェスター・スタローンが脚色・主演。撮影はリック・ウェイト、音楽はシルヴェスター・リヴェイが担当。共演はブリジット・ニールセン、レニ・サントニなど。

監督
ジョージ・P・コスマトス
出演キャスト
シルヴェスター・スタローン ブリジット・ニールセン レニ・サントーニ アンドリュー・ロビンソン

ロッキー4 炎の友情

  • 1986年6月7日(土)
  • 製作総指揮

宿敵であり親友であるファイター、アポロを絶命させたソ連の殺人マシーンドラゴに挑戦するロッキーの雄姿を描く。製作はアーウィン・ウィンクラー、ロバート・チャートフ、エグゼクティヴ・プロデューサーはジェイムズ・D・ブルベイカーとアーサー・コバニアン。監督・脚本・主演は「ロッキー3」のシルヴェスター・スタローン、撮影はビル・バトラー、音楽はヴィンス・ディコーラが担当。共演はタリア・シャイア、バート・ヤングなど。

監督
シルヴェスター・スタローン
出演キャスト
シルヴェスター・スタローン タリア・シャイア バート・ヤング カール・ウェザース
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > ジェームズ・D・ブルベイカー

ムービーウォーカー 上へ戻る