映画-Movie Walker > 人物を探す > ユージェニー・ベッセラー

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1933年 まで合計33映画作品)

1933年

最後の一人まで(1933)

  • 1933年
  • 出演(Granny_Spelvin 役)

「砂漠の遺産」「森の男(1933)」と同じくゼーン・グレイ原作、ヘンリー・ハサウェイ監督ランドルフ・スコット主演の西部劇で、脚色には「幽霊牧場(1933)」「森の男(1933)」のジャック・カニンガムがあたり、撮影は「森の男(1933)」のベン・F・レイノルズが担任している。助演は「南方の放浪者」のエスター・ラルストン、「密林の王者」のバスター・クラブ、「暴風の処女」のジャック・ラルー、「森の男(1933)」のノア・ビアリー及びバートン・マクレーン、新人ミュリエル・カークランド、「彼女の用心棒」のファジィ・ナイト、「動物園の殺人」のゲイル・パトリック、ユージェニー・ベッセラー等である。

監督
ヘンリー・ハサウェイ
出演キャスト
ランドルフ・スコット エスター・ロールストン バスター・クラブ ジャック・ラルー
1930年

月光の曲(1930)

  • 1930年
  • 出演(Dona_Generosa 役)

「黎明の剣士」「肉体の呼ぶ声」と同じくラモン・ノヴァロとドロシー・ジョーダンの共演になる映画。アレハンドロ・ペレス・ルギンの小説からベス・メレディス、ソールズベリー・フィールド、エドウィン・ジャスタス・メイヤーが共同で脚色し、台詞をつけ、「恋愛戦線」「天使の顔」のロバート・Z・レナードが監督し、「愛の太鼓」「恋愛戦線」のオリヴァー・T・マーシュが撮影している。助演者は「好いて好かれて」のハーバート・クラーク、新進ロティス・ハウエル、「フー・マンチュー博士の秘密」「青春倶楽部(1930)」のクロード・キング、「ノアの箱船」のウィリアム・V・モング、「七日間の休暇」「西部戦線異状なし」のベリル・マーサー、デイヴィッド・スコット等である。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
ラモン・ノヴァロ ドロシー・ジョーダン ロティス・ハウエル クロード・キング
1929年

野球時代

  • 1929年
  • 出演(Mrs._Kane 役)

「恋愛行進曲」「凸凹サーカスの巻」と同じくエドワード・サザーランド氏が監督したもので、リング・ラードナー氏とジョージ・M・コーハン氏との合作喜劇をパトリック・J・カーニー氏とウォルトン・バッタフィールド氏とが改作し「カナリヤ殺人事件」「魔の家(1928)」のフローレンス・ライアソン女史が脚色した。出演者は「都会の幻想」「虎御前」のイブリン・プレント嬢、「恋愛行進曲」「ダミー」のジャック・オーキー氏、「恋愛行進曲」「女相場ドル相場」のリチャード・スキーツ・ギャラハー氏を始め、「愛欲の人魚」「三人水兵恋行脚」のグエン・リン嬢、「狂言成金」のサム・ハーディ氏、「乙女よ純なれ」のアーサー・ハウスマン氏等で、カメラは「コンサート」「レッドスキン」のエドワード・クロンジェガー氏が担任している。

監督
エドワード・サザーランド
出演キャスト
イヴリン・ブレント ジャック・オーキー スキーツ・ギャラガー サム・ハーディ

マダムX

  • 1929年
  • 出演(Rose 役)

かつて1920年にポーリン・フレデリックがゴールドウィン社で主演したことのあるアレクサンドル・ビッソン原作の有名なる同名戯曲を再び映画化したもので、俳優より監督に転じたライオネル・バリモアが第1回の作品である。ウィラード・マックが台詞を執筆し、「俺は水兵」のアーサー・リードが撮影を担任。主役は「サラアと其の子」「笑う女」にも出演した舞台出のルース・チャッタートンが特に招かれて演じ、「野性の蘭」「恋多き女」のルイス・ストーン、「海の狼(1930)」のレイモンド・ハケット、「疑惑の渦」のホームズ・ハーバート、ユージェニー・ベッセラー、ウルリッヒ・ハウプトとの他が助演している。

監督
ライオネル・バリモア
出演キャスト
ルイス・ストーン ルース・チャッタートン レイモンド・ハケット ホームズ・ハーバート

青春の幻想

  • 1929年
  • 出演(Mrs._Jacob_Schmittlap 役)

「恋愛行進曲」と同じくチャールズ・バディー・ロジャース氏とナンシー・キャロル嬢が共演する全発声映画で、アーサー・トレイン氏作の小説を「底抜け騒ぎ」「父と子」のE・ロイド・シェルドン氏が脚色し、「四枚の羽根」「都会の幻想」のロタール・メンデス氏が監督、「カナリヤ殺人事件」「船隊入港」のハリー・フィッシュベック氏が撮影した。助演者は「ロマンスの河」「愛の医者」のジューン・コリアー嬢を始め、「アリバイ」のレジス・トゥーミー氏、「曲線悩まし」のケイ・フランシス嬢、エメリー・メルヴェル嬢、モード・ターナー・ゴードン嬢、エディ・ケーン氏等である。

監督
ロウター・メンディス
出演キャスト
チャールズ・バディー・ロジャース ナンシー・キャロル ジューン・コリアー レジス・トゥーミー

スピードウェイ(1929)

  • 1929年
  • 出演(Mrs._McDonnald 役)

「活動役者」「世界に告ぐ」と同じくウィリアム・ヘインズ氏の主演映画で、「世界に告ぐ」「大飛行艦隊」「ブロードウェイ・メロディー」のアニタ・ペイジ嬢、「俺は探偵」「俺は曲芸師」のカール・デーン氏、「シンガポール」「コサック(1928)」のアーネスト・トーレンス氏、ジョン・ミルジャン氏、ユージェニー・ベッセラー夫人、ポリー・モーラン嬢が助演している。バイロン・モーガン氏の原作から同氏及びアル・ブロック氏、アン・プライス女史が共同脚色をなし「踊る娘達」「ブロードウェイ・メロディー」のハリー・ボーモン氏が監督し、「滑れケリー」「鉄假面」のヘンリー・シャープ氏が撮影したものである。

監督
ハリー・ボーモン
出演キャスト
ウィリアム・ヘインズ アニタ・ペイジ アーネスト・トーレンス カール・デーン

サンダーボルト(1929)

  • 1929年
  • 出演(Mrs._Morgan 役)

「ニューヨークの波止場」「ウォール街の狼」に次ぐジョージ・バンクロフト氏主演映画で、「ニューヨークの波止場」「女の一生」のジョセフ・フォン・スタンバーク氏が最初の発声映画として監督したもの。原作は「暗黒街」のチャールズ・ファースマン氏と「ニューヨークの波止場」のジュールス・ファースマン氏とが共同執筆し、ジュールス・ファースマン氏が脚色した。撮影は「裏切者」「中華街の夜」のヘンリー・ジェラード氏で、「君恋し」「マンハッタン・カクテル」のリチャード・アーレン氏と「結婚行進曲」「罪の街」のフェイ・レイ嬢とが共演するほか、タリー・マーシャル氏、フレッドコーラー氏、ロバート・エリオット氏等も出演している。オール・トーキーと無声版とが提供される。

監督
ジョセフ・フォン・スタンバーグ
出演キャスト
ジョージ・バンクロフト リチャード・アーレン フェイ・レイ タリー・マーシャル
1928年

ライラック・タイム

  • 1928年
  • 出演(Madame_Berthlot 役)

コリーン・ムーア嬢主演の最初の超特作映画で、「断想悲曲」「僧房に咲く花」をものしたジョージ・フィッツモーリース氏が監督したもの。ジェーン・カウル及びジェーン・マーフィン両女史原作の舞台劇をウィリス・ゴールドベック氏が映画的に改作し、「トロイ情史」「ベン・ハー(1926)」と同じくケイリー・ウィルソン氏が撮影台本を作製した。「空行かば」「大尉の娘」等出演のゲイリー・クーパー氏が特にムーア嬢の相手役を勤め、キャスリン・マクガイア嬢、ユージェニー・ベッセラー嬢、バー・マッキントッシュ氏、ジョージ・クーパー氏、エミール・ショータール氏、クリーヴ・ムーア氏等が助演している。アメリカでは目下大好評裡にロード・ショウ中である。

監督
ジョージ・フィッツモーリス
出演キャスト
コリーン・ムーア ゲイリー・クーパー バー・マッキントッシュ ユージェニー・ベッセラー

姫百合の花

  • 1928年
  • 出演(Archduchess 役)

「断想悲曲」「鴛蔦の歌」の主演者ビリー・ダヴ嬢が「暗黒街」「鉄條網」に名技を示した。クライヴ・ブルック氏を相手役に選んで製作したもので、ラヨス・ビロ氏原作の舞台劇を「ベン・ハー(1926)」「ドン・ファン(1926)」のベス・メレディス女史が脚色し、「トロイ情史」「鴛鴛の歌」をものしたアレクサンダー・コルダ氏が監督した。助演者はニコラス・スーサニン氏、ジェーン・ウィントン嬢、グスタフ・フォン・セイファーティッツ氏、マーク・マクダーモット氏等の腕利きを網羅している。

監督
アレクサンダー・コルダ
出演キャスト
ビリー・ダヴ クライヴ・ブルック ニコラス・スーサニン ジェーン・ウィントン

天使の顔(1928)

  • 1928年
  • 出演(Mrs._Crandall 役)

「思い出」「ホリウッド・レビュー」出演のノーマ・シアラー嬢が主演する映画で、ルロイ・スコット氏の原作から「悪魔の日曜日」「巴里(1926)」の監督者エドモンド・グールディング氏が脚色し、「滑れケリー」「アンクル・トムス・ケヴィン」のA・P・ヤンガー氏が脚本化し「歓楽の唇」「娘弁護士」のロバート・Z・レナード氏が監督したもの。主演者のほかに「踊る娘達」「海の王者」のジョン・マック・ブラウン氏、「愛欲の人魚」「ホリウッド・レビュー」のグウェン・リー嬢、「楽園に帰る(1928)」「女心を誰か知る」のローウェル・シャーマン氏、「スピードウェイ」「サンダーボルト(1929)」のユージェニー・ベッセラー夫人、「高速度娘ジャズの巻」のバディー・メッシンジャー氏等が助演。キャメラは「破戒」「シカゴ」「キング・オブ・キングス(1927)」のペヴァレル・マーレー氏が担任である。音響版8巻、無声版8巻がある。

監督
ロバート・Z・レオナード
出演キャスト
ノーマ・シアラー ローウェル・シャーマン グウェン・リー ジョン・マック・ブラウン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

ジュディ 虹の彼方に
ジュディ 虹の彼方に

ミュージカル女優ジュディ・ガーランドの実話を基にレネー・ゼルウィガー主演で映画化

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ユージェニー・ベッセラー