TOP > 映画監督・俳優を探す > 山崎謙太

年代別 映画作品( 1942年 ~ 1960年 まで合計17映画作品)

1960年

扉を叩く子

  • 1960年4月13日(水)
  • 脚本

山崎謙太、井上芳夫の共同脚本を「あゝ特別攻撃隊」の井上芳夫が監督した、メロドラマ。撮影は「女は抵抗する」の小林節雄。

監督
井上芳夫
出演キャスト
川崎敬三 野添ひとみ 小野道子 葉山謙二
1952年

アチャコ青春手帳 大阪篇

  • 1952年11月13日(木)
  • 脚本

連続放送劇の映画化で、アチャコの大学生時代を扱った東京篇の続編。

監督
野村浩将
出演キャスト
花菱アチャコ

二人の母

  • 1952年12月11日(木)
  • 脚本

「母の罪」のシリーズ篇として製作されたため、共同脚本の山崎謙太(アチャコ青春手帳)を除き、企画の金平軍之助、脚本の館岡謙之助、監督の伊賀山正徳、撮影、音楽の西川庄樹、大久保徳二郎等、主なスタッフは「母の罪」と共通している。配役も「流れの旅路」の徳大寺伸、「清水の次郎長伝」の浜田百合子等の他は折原啓子、小畑やすし(旧名、木幡泰)、千石規子、植村謙二郎、石黒達也、三門博、天津羽衣と、すべて「母の罪」と同じ顔ぶれをそろえている。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
徳大寺伸 折原啓子 小畑やすし 千石規子

アチャコ青春手帳

  • 1952年8月28日(木)
  • 脚本

製作は児井プロの兒井英生。BKの連続放送劇から「母を恋う歌」の山崎謙太が脚本を書き、「若き日のあやまち」の野村浩将が監督に当っている。撮影も同じく平野好美である。出演者は、「新やじきた道中」の花菱アチャコと清川虹子、「花嫁花婿チャンバラ節」の大泉滉のほか、木匠久美子、堺駿二、清川玉枝、古川緑波、益田喜頓などである。

監督
野村浩将
出演キャスト
花菱アチャコ 浪花千栄子 小倉繁 木匠久美子

喧嘩安兵衞

  • 1952年7月30日(水)
  • 脚色

「生きる」の本木莊二郎が製作に当り、長谷川幸延の雑誌『平凡』掲載の原作から「霧の夜の兇弾」の松浦健郎と「母を恋う歌」の山崎謙太が脚色し、「やぐら太鼓」の滝沢英輔が監督に当っている。撮影はやはり「やぐら太鼓」の会田吉男である。出演者の主なものは、「四十八人目の男」の市川段四郎、「トンチンカン三つの歌」の榎本健一に関千恵子、その他ニュー・フェースの田代百合子や浜田百合子、山茶花究、中村是好、内海突破、坊屋三郎、益田キートンなどである。

監督
滝沢英輔
出演キャスト
市川段四郎 二本柳寛 田代百合子 関千恵子

涙の恋千鳥

  • 1952年7月23日(水)
  • 脚本

製作は新映株式会社で「母を恋う歌」の山崎謙太と高柳春雄のチームの脚本を「夢よいづこ」の小田基義が監督し、東健が撮影を担当している。出演者の主なものは「浮雲日記」の重光彬、「右門捕物帖 謎の血文字」の月丘千秋の他、御橋公、石井麗子などである。なお壽々木米若、小唄勝太郎が特別出演している。

監督
小田基義
出演キャスト
壽々木米若 小唄勝太郎 月丘千秋 重光彬

母を恋う歌

  • 1952年6月5日(木)
  • 脚本

「ある夜の出來事」「夢よいづこ」の新映プロの製作で、脚本は「紅涙草」の山崎謙太と高柳春雄の共同執筆、監督は「魚河岸帝国」の並木鏡太郎、撮影は小原譲治が担当している。出演者の主なものは「結婚行進曲」の高杉早苗、「恋風五十三次」の若山セツ子、「朝の波紋」の岡田英次のほか利根はる恵、二本柳寛等である。

監督
並木鏡太郎
出演キャスト
高杉早苗 若山セツ子 岡田英次 三津田健
1951年

雪割草(1951)

  • 1951年3月24日(土)
  • 脚本

製作は「消防決死隊」の須田鐘太、脚本は「妻も恋す」の山崎謙太がジアーニ・フラーの原作より書いたもので、「どぶろくの辰(1949)」以来の田坂具隆監督の作品である。出演者は、四人切りという異例のキャストで、「絢爛たる殺人」の宇佐美諄、「消防決死隊」の三條美紀、「紅蝙蝠(1950)」の水戸光子、子役の伊庭輝夫など。

監督
田坂具隆
出演キャスト
宇佐美淳也 三條美紀 水戸光子 伊庭輝夫

紅涙草

  • 1951年11月23日(金)
  • 脚本

「湯の町情話」の新映株式会社の第二回作品。原作、浪曲、主題歌作詞は萩原四朗、「雪割草」の山崎謙太の脚本で、「湯の町情話」の伊賀山正徳が監督し、「姉妹星」の柿田勇が撮影に当たっている。主演は「炎の肌」の宇佐美諄に、「女豹の地図」の折原啓子。それに、河野秋武、潮万太郎、千石規子などが助演している。

監督
伊賀山正徳
出演キャスト
折原啓子 河野秋武 武内孝子 炭谷恒夫
1950年

妻も恋す

  • 1950年3月19日(日)
  • 脚本

企画は黒岩健而の担当。原作は吉屋信子(婦人世界連載)で、「ホームラン狂時代」の山崎謙太と、岡田豊が協力執筆し、「人生選手」につぐ田中重雄が監督する。カメラは「愛染草」の山崎安一郎の担当。主演は「女の顔」の水戸光子と「妻の部屋」「続不良少女」の龍崎一郎で、それに「月の出船」の小柴幹治、「魔の黄金」「氷柱の美女」の相馬千恵子、「氷柱の美女」の美奈川麗子らが出演する。

監督
田中重雄
出演キャスト
水戸光子 小柴幹治 岡村文子 三島雅夫

山崎謙太の関連人物

水戸光子  羽鳥敏子  浜田百合子  若山セツ子  益田喜頓 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/20更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 山崎謙太

ムービーウォーカー 上へ戻る