映画-Movie Walker > 人物を探す > マートル・ステッドマン

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1930年 まで合計26映画作品)

1930年

貰い児紛失事件

  • 1930年公開
  • 出演(Mrs._Overback 役)

「尖端一目惚れ」「恋多き女」のダグラス・フェアバンクス・ジュニア氏が主演する映画で、フロイド・デル氏とトーマス・ミッチェル氏合作の舞台劇を「僕の幸運日」「飛入り婿君」のグラディス・レーマン女史が脚色し、「娘喜べ水兵上陸」「スキナーの昇給」のウィリアム・ジェームズ・クラフト氏が監督した。助演者は「踊る娘達」「ブロードウェイ・メロディー」のアニタ・ペイジ嬢、「尖端脚化粧」「最後の先駆者」のサリー・ブレーン嬢、「ハニー」のザス・ピッツ嬢、「店曝しの天使」のロスコー・カーンス氏、新進のジョーン・マーシュ嬢、スリム・サマーヴィル氏、アルバート・グラン氏、マートル・ステッドマン嬢等で、キャメラは「恋の行末」「ネル・ギン」のロイ・オヴァボー氏がクランクしている。

監督
ウィリアム・ジェームズ・クラフト
出演キャスト
ダグラス・フェアバンクス・ジュニア アニタ・ペイジ サリー・ブレーン ザス・ピッツ
1929年

愛欲の轍

  • 1929年公開
  • 出演(Mrs._Faraker 役)

「レッドスキン」「上海目指して」等と同じくリチャード・ディックス氏主演映画でジェームス・バーナード・ファーガン氏作の舞台劇を「三週間」「狼の唄」のジョン・ファーロウ氏が脚色し、「レッドスキン」「コンサート」と同じくヴィクター・シェルツィンゲル氏が監督、エドワード・クロンジェガー氏が撮影したものである。助演者は「女の一生」「裏切り者」のエスター・ラルストン嬢と「手紙」「フーマンチュウ博士の秘密」のオー・ビー・ヘギー氏で、その他アーサー・ホイト氏、マートル・ステッドマン嬢、ニジェル・ドウ・ブリュリエ氏等も出演している。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
リチャード・ディックス エスター・ロールストン O・P・ヘギー アーサー・ホイト

極北恋の滑走

  • 1929年公開
  • 出演(Sister_Bnrton 役)

ベッキー・ガーディナー氏、フレデリック・H・ブレナン氏合作の原作を、ハリー・ベーン氏とアンドリュー・ベニソン氏が共同で脚色し、チャールズ・クライン氏の監督したもの。主役は「恋愛行進曲」「店曝しの天使」のナンシー・キャロル嬢「明日の結婚」「トレント大事件」のローレンス・グレイ氏、「好いて好かれて」「恋人強奪」のジョセフィン・ダン嬢、その他マートル・ステッドマン嬢、アンダース・ランドルフ氏等が出演している。

監督
チャールズ・クライン
出演キャスト
ナンシー・キャロル ローレンス・グレイ ジョセフィン・ダン マートル・ステッドマン
1928年

綽名副牧師

  • 1928年公開
  • 出演(Mrs._Clark 役)

「のんだくれ」「珍妙楽天王」のジーン・ハーショルト主演映画でジョン・B・ハイマーとルロイ・クレメンス合作の舞台劇に基づいて、チャールズ・ケニヨンが脚本化。監督は「我れ世に誇る」「のんだくれ」「えくぼ御用心」のエドワード・スローマン。共演者は「のんだくれ」「仇敵めがけて」のジューン・マーロウ、「ヨランダ姫」「夢の街」のラルフ・グレイヴスを始め、マートル・ステッドマン、トム・ケネディー、ジョージ・ペリオラットなど。

監督
エドワード・スローマン
出演キャスト
ジーン・ハーショルト ジューン・マーロウ ラルフ・グレイヴス マートル・ステッドマン

特製運動服

  • 1928年公開
  • 出演(Mrs._Elliot 役)

「飛入ボクシング大勝利」「上海目指して」などと同じくリチャード・ディックス氏主演喜劇でジェームズ・フォーブス氏作の舞台劇に基いてロイド喜劇專属のギャグマンのトム・クライザー氏がレイ・ハリス氏と共同して台本を執筆し、「恋のかけひき」「飛入ボクシング大勝利」等をものしたマルコム・セント・クレア氏が監督したものである。助演者は「イバニエズの激流」「愉快な嘘吐き」等出演のガートルード・オルムステッド嬢、「駄法螺大当り」「弥次喜多野球の巻」等のフォード・スターリング氏、フィリップ・ストレンジ氏、マートル・ステッドマン嬢等である。

監督
マルコム・セント・クレア
出演キャスト
リチャード・ディックス ガートルード・オルムステッド フォード・スターリング フィリップ・ストレンジ
1927年

特急黒ダイヤ

  • 1927年公開
  • 出演(Mrs._Harmon 役)

「ニューヨーク狂想曲」と同じくモント・ブルー氏の主演する映画で、ダリル・フランシス・ザナック氏の原作を、ハーブェイ・ゲーツ氏が脚色し、以前ワーナー社のカッターや助監督を務めていたハワード・ブレザートン氏が昇進、監督の任に当たったものである。ブルー氏の相手役は「死線に立つ」等出演のエドナ・マーフィー嬢で、マートル・ステッドマン嬢、クレアー・マクドウェル嬢、ウィリアム・デマレスト氏、キャロル・ナイ氏等が出演する。

監督
ハワード・ブレザートン
出演キャスト
モント・ブルー エドナ・マーフィ マートル・ステッドマン クレア・マクドウェル

蛮婚崇拜

  • 1927年公開
  • 出演(Mrs._Montgomery 役)

「最後の栄冠」と同じくメアリー・アスター嬢ロイド・ヒューズ氏共演映画でリチャード・コネル氏作の物語をアデレード・ヒールブロン女史が脚色し、監督に昇進したマーヴィン・ルロイ氏が処女作品として監督したものである。助演者は「男見るべからず」「娘新旧両面鏡」のハラム・クーリー氏を始め、ヴァージニア・リー・コービン嬢、マートル・ステッドマン嬢、ジェッド・プラウティー氏等で、主演者アスター嬢の最近作には「僧房に咲く花」「美人国二人行脚」があり、ヒューズ氏は「鴛鴦の歌」「曲者揃い」等にも出演している。

監督
マーヴィン・ルロイ
出演キャスト
メアリー・アスター ロイド・ヒューズ ハラム・クーリー マートル・ステッドマン

与太成功記

  • 1927年公開
  • 出演(The_Widow 役)

「与太奮戦記」と同じくチャーリー・マレイ氏、ジョージ・シドニー氏共演映画で、マン・ペイジ氏作の物語をハワード・ジエー・グリーン氏が改作し、カーテイス・ペントン氏が脚色し、「雀」「カナデイアン」等と同じくウィリアム・ボーデイン氏が監督したもの。助演者はマートル・ステッドマン嬢、サム・ハーディ氏、ジユーン・マーロウ嬢及びステイーヴン・カー氏である。

監督
ウィリアム・ボーディン
出演キャスト
チャーリー・マレイ ジョージ・シドニー サム・ハーディ マートル・ステッドマン
1925年

踊子サリー

  • 1925年公開
  • 出演(Mrs._Ten_Brock 役)

原作はガイ・ボルトン氏作のミュージカル・コメディーでニューヨークでジーグフェルドが長期興行をなして当てたものである。ジューン・メイシス女史が脚色したものを「小公子」「滑稽ホリウッド」等と同じくアルフレッド・E・グリーン氏が監督した。主役は「愛の救援列車」「青春に浴して」等出演のコリーン・ムーア嬢で「ロスト・ワールド」及び「嫉妬の創痕」等出演のロイド・ヒューズ氏が相手役を演じ、ジーグフェルド一座で大当たりを取ったレオン・エロール氏が同じく公爵の役を演じ、その他エヴァ・ノヴァク嬢、マートル・テッドマン嬢等が助演。

監督
アルフレッド・E・グリーン
出演キャスト
コリーン・ムーア ロイド・ヒューズ レオン・エロール ダン・メーソン

親心子心

  • 1925年公開
  • 出演(Eunice_Ingals 役)

かつてニューヨークビジュー座に上演されたルイス・ビーチ氏作の戯曲を映画化したもので「紅ばらの唄」「眠らぬ街」と同じくウォルター・ウッズ氏とアンソニー・コールドウェイ氏とが脚色し、ジェームゥ・クルーズ氏が監督した喜劇である。「ピンチヒッター」「我が子」等出演のコンスタンス・ベネット嬢、「美女競艶」「女軍撃退」等出演のエスター・ラルストン嬢、マートル・ステッドマン嬢、ジョージ・アーヴィング氏、エドワード・ピール・ジュニア氏、等が共演している他ガートルード・クレアー嬢も出演する。

監督
ジェームズ・クルーズ
出演キャスト
コンスタンス・ベネット マートル・ステッドマン ジョージ・アーヴィング エスター・ロールストン
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > マートル・ステッドマン