映画-Movie Walker > 人物を探す > エリオット・デクスター

年代別 映画作品( 1915年 ~ 1925年 まで合計23映画作品)

1925年

命を売る男(1925)

  • 1925年公開
  • 出演(Gordon_Harrington 役)

B・P・シュールバーグ氏の原案によりジョン・グッドリッチ氏が脚色し新進監督ジェームズ・P・ホーガン氏が監督製作したもので、エリオット・デクスター氏、ロバート・エリス氏、ジョージ・ハッカーソン氏、マーガレット・リヴィングストン嬢、クララ・ボウ嬢、メアリー・カー夫人等が競演する。

監督
ジェームズ・P・ホーガン
出演キャスト
エディ・フィリップス アレック・B・フランシス エディス・ヨーク ジョセフ・キルゴアー

ステラ・マリス

  • 1925年公開
  • 出演(John_Risca 役)

ウィリアム・J・ロック氏作の小説に基づきチャールズ・ブレイビン氏とメアリー・アリス・スカリー女史とが脚色し、「盲目の妻」「おお母よ」等と同じくチャールズ・ブレイビン氏が監督したもので、「オペラの怪人(1925)」「メアリー・ゴー・ラウンド」等出演のメアリー・フィルビン嬢が二役を演じ、「自由結婚」等出演のエリオット・デクスター氏、「ノートルダムのせむし男(1923)」等出演のグラディス・プロックウェル嬢及びジェイソン・ロバーズ氏、フィリップス・スモーリー氏等が助演している。本映画はメアリー・ピックフォード嬢が主演した「闇に住む女」と同じ原作の小説を映画化したものである。

監督
チャールズ・ブレイビン
出演キャスト
メアリー・フィルビン エリオット・デクスター グラディス・ブロックウェル ジェイソン・ロバーズ Sr
1924年

浮気征伐

  • 1924年公開
  • 出演(Richard_Sones 役)

フレディリック・ロンスデール氏作の舞台劇をクララ・べランジャー女史が脚色し「返り咲く花」「グラムピー」等と同じくウィリアム・C・デミル氏が監督したもので、「駅馬車(1925)」「性の敵」等出演のベティー・カンプソン嬢と「子の心親知らず」「禁断の楽園」等出演のアドルフ・マンジュウル氏と「ステラ・マリス」「自由結婚」等出演のエリオット・デクスター氏とが共演し、ザス・ピッツ嬢、クレア・アダムス嬢等が助演している。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
ベティー・カンプソン アドルフ・マンジュウ エリオット・デクスター ザス・ピッツ

男を茶にする女

  • 1924年公開
  • 出演(Peter_Noyes 役)

フレデリック・オーリン・バートレット氏の小説に基づき、イヴ・アンセル女史とジョン・グッドリッチ氏とが脚色し、「人獣の国」「乙女ごころ」等と同じくルイ・ガスニエ氏の監督したもの。主役は「クリスチャン」「極光に踊る女」等出演のメイ・ブッシュ嬢、「返り咲く花」「アダムス・リブ」等出演のエリオット・デクスター氏「砂漠の星影」等出演のフランク・メイオ氏等で、その他にもウォルター・ハイアース氏、エヴァ・ノヴァク嬢等が出演している。

監督
ルイ・ガスニエ
出演キャスト
メイ・ブッシュ フランク・メイオ エリオット・デクスター ウォルター・ハイアース
1923年

返り咲く花

  • 1923年公開
  • 出演(Prof._Charles_Giddings 役)

A・E・トーマス原作の舞台劇をクララ・S・ベランジャーが脚色し、「世界の喝采」「嵐の散る花」等と同じくウィリアム・C・デミルの監督したもので、「キック・イン」「センチメンタル・トミー」のメイ・マカヴォイ、「真夏の狂乱」のロイス・ウィルソン及び「アダムス・リブ」のエリオット・デクスターの共演である。

監督
ウィリアム・C・デミル
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ロイス・ウィルソン ロバート・エイニュー エリオット・デクスター

青春に浴して

  • 1923年公開
  • 出演(Doctor_Bobs 役)

ワーナー・フェビアン氏作の小説を「ロスト・ワールド」の監督者ハリー・O・ホイト氏が脚色し、「男の誓」と同じくジョン・フランシス・ディロン氏が監督したもので、主役は「勝敗の彼方へ」「冬の胡蝶」等出演のコリーン・ムーア嬢、相手役は「シー・ホーク(1924)」「街のマドンナ」等出演のミルトン・シルス氏で、エリオット・デクスター氏、シルヴィア・ブリーマー嬢、ベン・ライオン氏マートル・ステッドマン嬢、ウォルター・マッグレイル氏等名優連発出演の賑やかなもの。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
コリーン・ムーア ミルトン・シルス エリオット・デクスター シルヴィア・ブリーマー

若葉の庭

  • 1923年公開
  • 出演(John_Craig _as_a_man 役)

「懐かしの泉」「我が恋せし乙女」等の原作を書いたジェームズ・ウィッコーム・ライリー氏の作になる詩に基づいたもので、ルイス・D・ライトン氏の脚色、ハリー・ガースン氏の監督になったもの。主役は「アダム・リブ」「返り咲く花」等出演のエリオット・デクスター氏と「女性礼讚」「火焔の船」出演のヘレン・ジェローム・エディー嬢で、その他に子役として有名なメアリー・ジェーン・アーヴィング嬢パット・ムーア君等も少年時代に出演する。

出演キャスト
パット・ムーア エリオット・デクスター メアリー・ジェーン・アーヴィング ヘレン・ジェローム・エディー
1922年

愛に生きて

  • 1922年公開
  • 出演(Emlen_Claveloux 役)

「若き人の眼」等エキティ映画に大分主演したクララ・キンボール・ヤング嬢が其後コンモンウェルス社で主演しメトロ社が発売した大映画である。リチャード・ウォッシュバーン・チャイルド氏の雑誌英才小説をフランク・ベレスフォード氏が脚色し、例によってハリー・ガースン氏が自ら監督している。出演俳優は実に堂々たるもので、最近「愛は奪う」に出たエリオット・デクスター氏「月下の囁き」「家治まりぬ」等ヴァーノン・スティール氏、「禁酒御免」等のマーガレット・ルーミス嬢、その他エドウィン・スティーヴンス氏マートル・ステッドマン嬢等知名の人が多い。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング カウント・ジョン・オロフ エリオット・デクスター エドウィン・スティーヴンス

愛の盗人

  • 1922年公開
  • 出演(John_Annixter 役)

「汚点」やユ社「偉大なる愛(1921)」出演のクレア・ウィンザー嬢主演ゴールドウィン映画で、相手役としてエリオット・デクスター氏が出演している。アルバート・ペイソン・ターヒューン氏の原作をチャールズ・ケニヨン氏が脚色しウォーレス・ウォースリー氏が監督したもの。

監督
ウォーレス・ウォースリー
出演キャスト
クレア・ウィンザー エリオット・デクスター ローウェル・シャーマン

懐かしの小唄

  • 1922年公開
  • 出演(Gerald_Fitzgerald 役)

ギルダ・ヴァレシとドリー・バーンの合作を、フランク・ベレス・フォードが脚色し、「盲目の誓」「ノートルダムのせむし男(1923)」等と同じくウォーレス・ウォースリーが監督したもので、主役は「死霊と戦う女」主演のクララ・キンボール・ヤングで、同じくエリオット・デクスターが対手役である。

監督
ウォーレス・ウォースリー
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング エリオット・デクスター ルイズ・ドレッサー ライオネル・ベルモア
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > エリオット・デクスター