TOP > 映画監督・俳優を探す > キャスリン・アダムス

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1949年 まで合計11映画作品)

1949年

恋愛十字路

  • 1949年6月
  • 出演(Katy 役)

「ママの思い出」「再会(1944)」のアイリーン・ダンが「湖中の女」「幽霊ニューヨークを歩く」のロバート・モンゴメリーを相手に主演する映画で「ステージ・ドア」「独裁大統領」のグレゴリー・ラ・カヴァが製作・監督した1941作品。脚本は「独裁大統領」と同じくユージーン・サックリーが書卸したもので、撮影は「新婚第一歩」「ホノルル航路」のジョゼフ・ヴァレンタインである。助演者は「決断の谷」のブレストン・フォスターを始め、「快傑ゾロ(1940)」のユージーン・パレット「4人の姉妹」のディック・フォーラン「旧友」のエスター・デール、「春の序曲」のウォルター・カトレットらである。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
アイリーン・ダン ロバート・モンゴメリー プレストン・フォスター ユージン・ポーレット
1924年

良人の不在中

  • 1924年
  • 出演(Edith_Langwell 役)

ミルドレッド・バーボアー女史作の小説をC・グレアム・ベイカー氏が脚色し「深夜の警鐘」「漂浪の健児」等と同じくデイヴィッド・スミス氏が監督したもので、主役は「子の心親知らず」「結婚哲学」等出演のフローレンス・ヴィダー嬢で、「深夜の怪船」等出演のロバート・ゴードン氏、「子供の世界」等出演のロックリフ・フェローズ氏、「漂浪の健児」等出演のアール・ウィリアムス氏及びクレエル・ディブレー嬢、シャーロット・メリアム嬢等が助演している。

監督
デイヴィッド・スミス
出演キャスト
フローレンス・ヴィダー ロバート・ゴードン アール・ウィリアムス ロックリフ・フェローズ
1922年

熱国の勇者

  • 1922年
  • 出演(Norma_Graves 役)

クライド・ウェストーヴァー、ロティー・ホーナー、フローリン・ウィリアムスの3人が共同で原作を書き、「黄台風」そのほかと同じくエドワード・ホセが監督したもので、「北を指して」が最近紹介されたアール・ウィリアムスが主演で、「狐」など出演のベティー・ロス・クラークが相手である。

監督
エドワード・ホセ
出演キャスト
アール・ウィリアムス チャールズ・ヒル・メイルズ ボリス・カーロフ ベティー・ロス・クラーク
1920年

八一三

  • 1920年
  • 出演(Doroles_Castleback 役)

「虎の牙」で仏国の探偵小説家モーリス・ルブランの名は我が邦の愛活家の間にも知られるようになった。これもアルセーヌ・ルパンを主人公としたルブラン原著探偵小説ですでに原本は1919年保篠龍緒氏によって翻訳され金剛社から出版されて洛陽の紙価を高からしめている。これはその原作をW・スコット・ダーリング氏が脚色し、スコット・シドニー氏が監督し、古くユ社にあり近くは「正義の囁き」に出演したウェッジウッド・ノウエル氏がルパンに扮して撮影し、1921年1月早々発売された映画である。波乱は波乱を生んで興味の尽きるところを知らない程である。ウォーレス・ビアリー氏と、キャスリン・アダムス嬢がノウエル氏を助けて主要な役を演じている。ニュース誌は-ミステリーに満ち、活劇味に豊み、真に1流の探偵活劇である。-と激賞している。

監督
スコット・シドニー
出演キャスト
ウェッジウッド・ノウエル ウォーレス・ビアリー キャスリン・アダムス John P. Lockney

大幸福

  • 1920年
  • 出演(June_Dant 役)

パン氏の原作を「コルシカの兄弟」や「美の悲哀」を監督したコーリン・キャンベル氏が監督し、ウィリアム・ファーナム氏の令兄ダスティン氏が2役を演じて居る。氏がロバートスン・コール社に移ってからの第1回作品である。

監督
コリン・キャンベル
出演キャスト
ダスティン・ファーナム キャスリン・アダムス フレッド・マラテスタ ヴァイオレット・スクラム

禁断の女

  • 1920年
  • 出演(Madame_De_Clermont 役)

クララ・キンボール・ヤング嬢の第二回エキティー映画で、嬢の対手は「二週の後」「笑みのたたり」等に出演したコンウェイ・タール氏である。その他「護国の少年」等出演のウィンター・ホール氏や「義侠のラッフルズ」「成金の末路」等出演のキャスリン・アダムス嬢も出演して居る。監督は新顔のジョン・ヴォシェル氏。

監督
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング コンウェイ・タール Jiquel Lanoe キャスリン・アダムス

海図になき海峡

  • 1920年
  • 出演(Sylvia_Kingston 役)

ケニス・クラーク氏及びユージーン・B・ルイス氏共作の正喜劇で、「妄執の影」等と同じくヘンリー・キング氏監督、H・B・ワーナー氏主演である。「成金の末路」「禁断の女」等出演のキャスリン・アダムス嬢が対手。その他ユ社にいた腕利きのサム・ド・グラッス氏が悪役をしている。過激派の宣伝を主題とし、ワーナー氏は富豪の息子で怠け者のティモシー・ウェッブに扮している。「労働問題に対する時宜を得た解決を与えている。軽い気分が愉快である。」とはニュース誌の評。

監督
ヘンリー・キング
出演キャスト
H・B・ワーナー キャスリン・アダムス サム・ド・グラッス エヴェリン・セルビー
1919年

臆病者の家

  • 1919年
  • 出演(Lady_Evelyn_Bazelhurst 役)

ジョージ・バー・マッカッチョン氏原作、ウィリアム・C・ドウラン氏監督の人情劇で、主役は「冒険娘」主演のペギー・ハイランド嬢。その他ジャック・リヴィングストン氏、キャスリン・アダムス嬢、ブル・モンタナ氏等お馴染みの人々が出演している。

監督
ウィリアム・C・ドウラン
出演キャスト
ペギー・ハイランド ジャック・リヴィングストーン アーサー・ホイト キャスリン・アダムス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/25更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > キャスリン・アダムス

ムービーウォーカー 上へ戻る