映画-Movie Walker > 人物を探す > クララ・キンボール・ヤング

年代別 映画作品( 1918年 ~ 1937年 まで合計15映画作品)

1937年

荒原児(1937)

  • 1937年
  • 出演(MaHutchins 役)

「山寒の荒鷲」「広野の叫び声」と同じくウィリアム・ボイド主演のホパロング・キャシディ物で、チャールズ・マルフォードの原作をモーリス・ジェラティが脚色し、ネイト・ワットが監督し、アーチー・スタウトが撮影した。相手役は例によってジョージ・ギャビー・ヘイスで、その他スティーブン・モリス、ラッセル・ヘイドン、ゲイル・シェリダン、クララ・キンボール・ヤング等が助演する。

監督
ネイト・ワット
出演キャスト
ウィリアム・ボイド ジョージ・“ギャビー”・ヘイズ スティーブン・モリス ラッセル・ヘイドン
1935年

社長は奥様がお好き

  • 1935年
  • 出演(Parsons 役)

「或る夜の出来事」「クレオパトラ(1934)」のクローデット・コルベールが主演する映画で、タイラ・サムター・ウィンスロー作の大衆小説を「歌の翼」「わたしのすべてを」のシドニー・バックマンが脚色し、「白い友情」「林檎の頬」のグレゴリー・ラ・カヴァが監督に当たり、「三日姫君」「接吻とお化粧」のレオン・シャムロイが撮影した。相手役は「ナガナ」「お気に召すまま(1932)」のメルヴィン・ダグラスと「歌の翼」のマイケル・バートレットが勤め、「その夜の真心」「巌窟王(1934)」のレイモンド・ウォルバーン、「蛍の光」「旋律の殺人」のジーン・ディクソン、「白い蘭」のキャサリン・アレクサンダー、新進の子役エディス・フェロウズ、昔スターだったクララ・キンポール・ヤング等が助演する。

監督
グレゴリー・ラ・カヴァ
出演キャスト
クローデット・コルベール メルヴィン・ダグラス マイケル・バートレット レイモンド・ウォルバーン
1923年

謎の良人

  • 1923年
  • 出演(Cordelia_Marlowe 役)

ルローイ・スコット氏の原著の小就に基づき、フランク・ベレスフォード氏が脚色して「嵐の娘(1949)」等と同じくジョージ・アーチェンボード氏が監督した映画で、主役は「彫刻家の妻」「懐かしの小唄」等と同じくクララ・キムボール・ヤング嬢、対手役は「幸福の扇」「社交界の誘惑」等出演のハントリー・ゴードン氏で、メアリー・ジェーン・アーヴィング嬢、ロイド・ウィットロック氏、カロール・ホロウェイ嬢等も共演している。

監督
ジョージ・アーチェンボード
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング ハントリー・ゴードン キャロル・ホロウェイ ロイド・ウィトロック

塑像の女

  • 1923年
  • 出演(Vivian_Hunt 役)

ヘンリー・キステメーヘル原作の小説を、ホープ・ロアリングとルイス・D・ライトンが脚色し、「涙の船唄」「野の花庭の花」等と同じくキング・ヴィダーが監督したもの。主役は「懐かしの小唄」「死霊と戦う女」等主演のクララ・キンボール・ヤングで、「快男子ソーヤー」「ローナ・ドゥーン」その他で売り出しのジョン・ボワーズとロイド・ウィトロックとが相手役をしている。その他「笑王ベンターピン」出演のキャスリン・マクガイア等も主要な役を受け持っている。

監督
キング・ヴィダー
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング ジョン・ボワーズ キャスリン・マクガイア エドウィン・スティーヴンス

情熱の花を訪ねて

  • 1923年
  • 出演(Joyce_Addison 役)

H・W・ロバーツ氏原作の小説をフランク・ベレスフォード氏が脚色したもので「仮面の都会」等と同じくトーマス・ヘフロン氏の監督である。主役は「謎の良人」「懐かしの小唄」等と同じくクララ・キンボール・ヤング嬢で、相手は「異郷の露」等出演のアルバート・ロスコー氏である。

監督
トーマス・ヘフロン
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング ルイス・デイトン Louise Bates Mortimer アルバート・ロスコー
1922年

懐かしの小唄

  • 1922年
  • 出演(Prima_Donna_Lisa_Della_Robbia 役)

ギルダ・ヴァレシとドリー・バーンの合作を、フランク・ベレス・フォードが脚色し、「盲目の誓」「ノートルダムのせむし男(1923)」等と同じくウォーレス・ウォースリーが監督したもので、主役は「死霊と戦う女」主演のクララ・キンボール・ヤングで、同じくエリオット・デクスターが対手役である。

監督
ウォーレス・ウォースリー
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング エリオット・デクスター ルイズ・ドレッサー ライオネル・ベルモア

愛に生きて

  • 1922年
  • 出演(Nara_Alexieff 役)

「若き人の眼」等エキティ映画に大分主演したクララ・キンボール・ヤング嬢が其後コンモンウェルス社で主演しメトロ社が発売した大映画である。リチャード・ウォッシュバーン・チャイルド氏の雑誌英才小説をフランク・ベレスフォード氏が脚色し、例によってハリー・ガースン氏が自ら監督している。出演俳優は実に堂々たるもので、最近「愛は奪う」に出たエリオット・デクスター氏「月下の囁き」「家治まりぬ」等ヴァーノン・スティール氏、「禁酒御免」等のマーガレット・ルーミス嬢、その他エドウィン・スティーヴンス氏マートル・ステッドマン嬢等知名の人が多い。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング カウント・ジョン・オロフ エリオット・デクスター エドウィン・スティーヴンス
1921年

語るな過去を

  • 1921年
  • 出演(Vera_Stanford 役)

セシル・B・デミルの大作品「何故妻を代へる」Why Change Your Wife?の原作者として有名なセイダ・コウアンの原作を、ハリー・ガースンが監督した人情劇で、主役は「若き人の眼」などのエキティー映画で紹介されたクララ・キンボール・ヤングである。クララの相手はJ・フランク・グレンドンとキャスリン・ウィリアムスとである。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング J・フランク・グレンドン キャスリン・ウィリアムス ジャック・プラット
1920年

ラファエルの為に

  • 1920年
  • 出演(Marta_Raquel_Estevan 役)

エキティー映画に於けるクララ・キンボール・ヤング嬢の第3回作品で、キャリフォルニア州に於てスペインの教会が勢力を得ていた時分の物語で、有名なハリー・ガースン氏の監督であるが、ニュース誌によるとすこぶる冗長にして面白くない作品とある。相手は「ローンウルフの娘」や「黎明の女性」出演のバートラム・グラスビー氏である。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング バートラム・グラスビー ユージェニー・ベッセラー フアン・デ・ラ・クルス

ミッド・チャンネル

  • 1920年
  • 出演(Zoe_Blundell 役)

英国の劇作家として有名なアーサー・ウィング・ピネロ卿の原作になる舞台劇で、原本はすでに吾国にも紹介されている。ミッド・チャンネルというのは、フォークストンとブーローニュの間にある海峡の名で、静かに帆を挙げて出帆した船もミッド・チャンネルに入ると急に早い潮、荒い浪に戯れるけれど、そこを安全に過ぎ去れば再び静かな航海を続けることができる--ということと、結婚生活を始めて数年過ぎると色々不愉快な出来事が起こるが、相互の了解ができてその時機を経過すればやがてまた平和な日が来るものである。という事実とを対照して示している。ゾー・ブランデルは夫シオドーアと結婚生活を始めて数年経った今日、お互いに不愉快な月日を送っている。妻が短気で派手な性質と、夫がそれを理解しないこととが、2人を引き離す主要な原因となったのである。2人はついに別居した。夫は美しい女と、妻は美しい男と、それぞれ共同生活を始めたが、親切な友人の計らいで2人は再び相会ったけれど、やはりお互いは不満を感じた。そして、妻が自分を愛していると信じた恋人の許へ走った時、その男はすでに他の女と結婚の約束ができていた。ここへ夫が跡追って来た。妻は後悔の挙句自殺してしまう--立派な悲劇である。これで終われば文句はないが例によって以上女主人公が小説「ミッド・チャンネル」を読んだことにし、ハッピー・エンディングに終わってあるのは米国物として致し方あるまい。しかし美しい道具や衣装によって英国上流社界の雰囲気を出すことに成功し、立派な撮影及び仕上げの技術は賞賛すべき価値がある。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング エドワード・キンボール J・フランク・グレンドン バートラム・グラスビー
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > クララ・キンボール・ヤング