映画-Movie Walker > 人物を探す > ラッセル・グリースン

年代別 映画作品( 1930年 ~ 1933年 まで合計7映画作品)

1933年

戦う米兵

  • 1933年公開
  • 出演(Williams 役)

「米国の暴露」「ロシア探訪飛脚」のリー・トレイシーが主演する映画で、「ミイラ再生」「全米軍」と同じくリチャード・スカイヤーが書き下ろし、プレスコット・チャップリンとウィリアム・N・ロブスンが脚色し、「死の航空路」「全米軍」のラッセル・マックが監督に当たり、「ミイラ再生」「鉄血士官校」のチャールズ・テューマーが撮影した。助演者は「大空の闘士」「魔の家(1932)」のグロリア・スチュアート、「ジェニイの一生」「街の狼」のドナルド・クックを始め、「競馬天国」のシャーリー・グレイ、「強力犯」のラッセル・グリースン、「雨」のウォルター・カトレット、「肉の蝋人形(1933)」のフランク・マクヒュー、エマ・ダン、アル・ヒル等である。

監督
ラッセル・マック
出演キャスト
リー・トレイシー ドナルド・クック グロリア・スチュアート シャーリー・グレイ
1932年

夫を殺すまで

  • 1932年公開
  • 出演(Norman 役)

「沈黙の秘密」「沈黙(1931)」と同じくマックス・マーシンとルイス・ガニエルが共同監督の映画。原作はアーサー・ブライナトの筆になる舞台劇でそれをマックス・マーシンが映画脚本に書き直し、「ミラクルマン(1919)」「頬はバラ色」のヘンリー・シャープが撮影した。主なる出演者は「明暗二人女」「鉄窓と花束」のウィン・ギブソン、「小間使(1931)」のパット・オブライエン、「鉄壁の男」「山猫酒場」のフランセス・ディー、「恋を食べる女」のジョージ・バービア、ダッドレイ・ディッジュス等である。

監督
ルイ・ガスニエ マックス・マーシン
出演キャスト
ウィン・ギブソン パット・オブライエン フランセス・ディー ダッドレイ・ディッジェス

令女学

  • 1932年公開
  • 出演(Billy_Wells 役)

ウィリアム・A・グルウの筆になる舞台劇を「国境の狼群(1930)」「サンタ・フェ・トレイル」のエドウィン・H・ノッフが「母性」のグラディス・レーマンと協力して脚色し、自身メガフォンをとった映画で主なる出演者はユ社売出しのシドニー・フォックス、「アメリカの悲劇」のフランセス・ディー、「西部戦線異常なし」のラッセル・グリースン、アラン・モーブレイ、ルシル・グリーソン等。カメラは「仮の塒」のチャールズ・ステューマーが担任。

監督
エドウィン・H・ノッフ
出演キャスト
シドニー・フォックス フランセス・ディー アラン・モウブレイ ルシル・グリーソン
1931年

強力犯

  • 1931年公開
  • 出演(Joe_Riley 役)

「ラスカ」のレオ・カリーロ、「名門芸術」「砲煙」のメアリー・ブライアン、「反逆者」「千万長者」ノア・ビアリー、「滅びゆく凱歌」「西部戦線異状なし」のラッセル・グリースンの4人が共演する映画で、ヘンリー・ラ・コシットのストーリーを、チャールズ・ローグが改作し、「トレイダ・ホーン(1931)」のジョン・トーマス・ネヴィルが撮影台本にまとめ上げ、「ボルネオの東」「愛欲の渦」のジョージ・メルフォードが監督した。カメラは「砂漠の生霊」「ボルネオの東」のジョージ・ロビンソンが担任である。

監督
ジョージ・メルフォード
出演キャスト
レオ・カリーロ ノア・ビアリー メアリー・ブライアン ラッセル・グリースン

滅びゆく凱歌

  • 1931年公開
  • 出演(Russell 役)

ホレース・ジャクスン及びジェームズ・グリースン両氏がストーリーを組み立て脚色したものによって「船出の朝」「夜襲」のジョン・S・ロバートソンが監督し、「海の荒鷲(1933)」「赤ちゃん母さん」のノーバート・ブロディンが撮影した映画で、主なる出演者は「脱走兵物語」「非常警戒」のビル・ボイド、「モンテカルロ」のザス・ピッツ、「ハア・マン」のジェームズ・グリースン、ラッセル・グリースン、新進マリオン・シリング、「毒瓦斬」のリシー・アルナ、ルー・コディー、フレッド・スコット、メアリー・カー、ウェード・ボトラー、セオドア・フォン・エルツなどである。

監督
ジョン・S・ロバートソン
出演キャスト
ビル・ボイド ザス・ピッツ ルー・コディ マリオン・シリング
1930年

オブライエン巡査

  • 1930年公開
  • 出演(Johnny_Dale 役)

「非常警戒」「脱走兵物語」のウィリアム・ボイドが主演する映画で、「南海の白影」「北欧の海賊」の脚色者ジャック・カニンガム氏が原作脚色台詞を書き、「旅役者」のテイ・ガーネット氏が監督、「恋の素顔」「非常警戒」のアーサー・ミラーが撮影したもの。助演者は「スピードウェイ」「コサック(1928)」のアーネスト・トーレンス、「恋多き女」「キートンの結婚狂」のドロシー・セバスチャン、「満腹狂想曲」「仮面の男(1929)」のクライド・クック、「西部戦線異常なし」のラッセル・グリースン、「アパートの殺人」のポール・ハースト、ラルフ・ハロルド等である。

監督
ティー・ガーネット
出演キャスト
ウィリアム・ボイド アーネスト・トーレンス ドロシー・セバスチャン クライド・クック

西部戦線異状なし

  • 1930年公開
  • 出演(Muller 役)

世界的な評判を得つつあるエリッヒ・マリア・レマルク氏の同名小説を映画化したユニヴァーサル社の特作品で「裏切者」「暴力団(1928)」のルイス・マイルストーン氏が監督に当たった。「楽屋行進曲」のジョージ・アボット氏と「暴力団(1928)」のデル・アンドリュー氏が協力して潤色脚色し、台詞はマクスウェル・アンダーソン氏とジョージ・アボット氏が筆をとり、キャメラは「薮睨みの世界」「娘乱暴記」のアーサー・エディソン氏が担任した。主なる出演者は新進のルイス・エイヤース氏を始め、「美人国二人行脚」のルイス・ウォルハイム氏、スリム・サマーヴィル氏、ベン・アレクサンダー氏、ベリル・マーサー夫人、ヨーラ・ダヴリル嬢、アーノルド・ルーシー氏等である。

監督
ルイス・マイルストーン
出演キャスト
ルイス・エイヤース ルイス・ウォルハイム ジョン・レイ レイモンド・グリフィス
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ラッセル・グリースン