TOP > 映画監督・俳優を探す > リチャード・ウォッシュバーン・チャイルド

年代別 映画作品( 1920年 ~ 1936年 まで合計6映画作品)

1936年

忘れられた顔(1936)

  • 1936年
  • 原作

「再び逢う日」「青春の溜息」のハーバート・マーシャルが「再び逢う日」「女罠」のガートルード・マイクルを相手に主演する映画で、リチャード・ウォシュバーン・チャイルド作の小説に基づいて「クーパーの餓鬼大将」のマーゲリット・ロバーツ、「撮影所の惨劇」のロバート・ヨースト、「再び逢う日」のブライアン・マーロウが協力脚色し「泣き笑い人生」「黄金の唄女」のE・A・デュポンが監督にあたり、「航空十三時間」「最後の駐屯兵」のテオドル・スパクールが撮影した。助演者は「薔薇はなぜ紅い」「空中非常線」のロバート・カミングス、「珍芸騒動」のジェームズ・パーク、新人女優ジェーン・ローズ、ロバート・クレックラー、アーサー・ホール等という顔ぶれである。

監督
エワルド・アンドリュー・デュポン
出演キャスト
ハーバート・マーシャル ガートルード・マイケル ジェームズ・バーク ロバート・カミングス
1928年

忘れられた顔(1928)

  • 1928年
  • 原作

「ショウ・ダウン」に次ぐヴィクター・シェルツィンゲル氏監督作品でリチャード・ウォッシュバーン・チャイルド氏作の小説をオリヴァー・H・P・ギャレット氏が改作し、ハワード・エスタブルック氏が脚色したもの。主役は「暗黒街」「フラ」出演のクライヴ・ブルック氏が勤め、「罪の街」「三罪人」のオルガ・バクラノヴァ嬢と「非常線(1928)」「弥次喜多探偵の巻」のウィリアム・パウエル氏とが共演するほか、メアリー・ブライアン嬢、ジャック・ルーデン氏、フレッド・コーラー氏、ハリー・T・モーレイ氏が助演する。ちなみにかって「地獄花」と題して公開されたコスモポリタン映画”Heliotrope”は同じ原作を映画化したものである。

監督
ヴィクター・シェルツィンゲル
出演キャスト
クライヴ・ブルック オルガ・バクラノヴァ ウィリアム・パウエル メアリー・ブライアン
1925年

電光男児

  • 1925年
  • 原作

リチャード・ウォッシュバーン・チャイルド氏の原作によって「大速力」「運転手閣下」等と同じくチャールズ・ハインズ氏が監督したもので、主役は「運転手閣下」「大速力」等主演のジョニー・ハインズ氏で相手役は新進の花形ミルドレット・ライアン嬢が演じ、エドワード・ブリーズ氏、J・バーニー・シェリー氏等が助演している。

監督
チャールズ・ハインズ
出演キャスト
ジョニー・ハインズ エドワード・ブリース ミルドレッド・ライアン J・バーニー・シェリー

騒擾の巷

  • 1925年
  • 原作

リチャード・ウォッシュバーン・チャイルド氏の原作を、フレデリック・ハットン氏とファニー・ハットン女史とが脚色し「名家の秘密」「女は曲者」等と同じくウィリアム・A・サイター氏の監督である。主役は「返り咲く花」「キック・イン」「グラムピー」等出演のメイ・マカヴォイ嬢「正邪の岐路」「法に泣く女」「紐育の魔窟」等出演のジャック・マルホール氏で、その他「社交界の誘惑」のマートル・ステッドマン嬢「暁の光」「誰が罪ぞ」等のバーバラ・ベッドフォード嬢「ボー・ブラムメル」のアレック・B・フランシス氏、老巧のジョージ・フォーセット氏等も共演している。当時流行のジャッズ劇の1つである。

監督
ウィリアム・A・サイター
出演キャスト
メイ・マカヴォイ ジャック・マルホール マートル・ステッドマン バーバラ・ベッドフォード
1922年

愛に生きて

  • 1922年
  • 原作

「若き人の眼」等エキティ映画に大分主演したクララ・キンボール・ヤング嬢が其後コンモンウェルス社で主演しメトロ社が発売した大映画である。リチャード・ウォッシュバーン・チャイルド氏の雑誌英才小説をフランク・ベレスフォード氏が脚色し、例によってハリー・ガースン氏が自ら監督している。出演俳優は実に堂々たるもので、最近「愛は奪う」に出たエリオット・デクスター氏「月下の囁き」「家治まりぬ」等ヴァーノン・スティール氏、「禁酒御免」等のマーガレット・ルーミス嬢、その他エドウィン・スティーヴンス氏マートル・ステッドマン嬢等知名の人が多い。

監督
ハリー・ガースン
出演キャスト
クララ・キンボール・ヤング カウント・ジョン・オロフ エリオット・デクスター エドウィン・スティーヴンス
1920年

地獄花(1920)

  • 1920年
  • 原作

リチャード・ウォッシュバーン・チャイルドの原作を、ジョージ・D・ベイカーが脚色および監督した社会劇で、その簡潔なうちにも麗しい人の感情を描いた筋は、型に陷った映画劇から1頭抜きんでていると言う。主役は我国にはあまりなじみはないが確呼たる手腕を持ったフレッド・バートンとジュリア・スウェイン・ゴードンとである。

監督
ジョージ・D・ベイカー
出演キャスト
フレッド・バートン ジュリア・スウェイン・ゴードン William B. Mack ダイアン・アレン

リチャード・ウォッシュバーン・チャイルドの関連人物

マートル・ステッドマン  ヘッダ・ホッパー  フレッド・コーラー  ウィルフレッド・ライテル  Crawford Kent 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > リチャード・ウォッシュバーン・チャイルド

ムービーウォーカー 上へ戻る