TOP > 映画監督・俳優を探す > 東けんじ

年代別 映画作品( 1957年 ~ 1967年 まで合計10映画作品)

1967年

喜劇 団体列車

  • 1967年11月12日(日)
  • 出演(東 役)

「喜劇 急行列車」のコンビの舟橋和郎がシナリオを執筆し、瀬川昌治が監督した東映鉄道路線のコメディ。撮影は「柳ケ瀬ブルース」の坪井誠。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
渥美清 大辻伺郎 市村俊幸 沢彰謙

喜劇 急行列車

  • 1967年6月3日(土)
  • 出演(新郎 役)

「東京博徒」の舟橋和郎がシナリオを執筆、「暗黒街シリーズ 荒っぽいのは御免だぜ」の瀬川昌治が監督したコメディ。撮影は「花札渡世」の飯村雅彦。

監督
瀬川昌治
出演キャスト
渥美清 佐久間良子 西村晃 小沢昭一

落語野郎 大泥棒

  • 1967年4月15日(土)
  • 出演(健次 役)

「落語野郎 大馬鹿時代」の新井一、吉松安五郎、椿澄夫の三人が今度も共同でシナリオを執筆し、「続社長千一夜」の松林宗恵が監督した“落語野郎”シリーズ第四作目。撮影はコンビの長谷川清。

監督
松林宗惠
出演キャスト
桂米丸 塩沢とき 牧伸二 谷幹一

落語野郎 大爆笑

  • 1967年2月11日(土)
  • 出演(助十 役)

「落語野郎 大脱線」の新井一と椿澄夫がシナリオを執筆し、杉江敏男が監督した喜劇。撮影もコンビの完倉泰一。

監督
杉江敏男
出演キャスト
三遊亭歌奴 桂米丸 古今亭志ん馬 柳亭小痴楽
1966年

落語野郎 大馬鹿時代

  • 1966年11月20日(日)
  • 出演(健次 役)

「落語野郎 大脱線」でコンビの新井一と椿澄夫、それに吉松安五郎が加わり脚本を執筆、「落語野郎 大脱線」の杉江敏男が監督した「落語野郎シリーズ」第二作目。撮影は「てなもんや東海道」の鈴木斌。

監督
杉江敏男
出演キャスト
古今亭今輔 桂米丸 牧伸二 立川談志

新・事件記者 殺意の丘

  • 1966年8月31日(水)
  • 出演(松下 役)

島田一男の原作を「雨の中の二人」の高橋二三と前作「新・事件記者 大都会の罠」の監督井上和男が共同で脚色し、井上和男が監督した「新・事件記者シリーズ」の二作目。撮影はコンビの村井博。

監督
井上和男
出演キャスト
永井智雄 大森義夫 原保美 滝田裕介

落語野郎 大脱線

  • 1966年6月30日(木)
  • 出演(下っ引憲次 役)

「喜劇 駅前音頭」の新井一と椿澄夫が共同でシナリオを執筆。「じゃじゃ馬ならし」の杉江敏男が監督した喜劇。「バンコックの夜」の完倉泰一が撮影。

監督
杉江敏男
出演キャスト
牧野周一 牧伸二 一の宮あつ子 東京ぼん太

われらの友情

  • 1966年4月1日(金)
  • 出演(東 役)

「われら劣等生」の佐藤雄三と管沼貞憲が共同でシナリオを執筆、佐藤雄三が監督した青春もの。撮影もコンビの岩崎秀光。

監督
佐藤雄三
出演キャスト
山田太郎 東山明美 玉川良一 楠トシエ
1957年

勢揃い桃色御殿

  • 1957年6月4日(火)
  • 出演(千吉 役)

「折鶴さんど笠」の共同脚色者の一人、鈴木兵吾のオリジナル・シナリオを「「朝雲暮雲」より 野武士と女」の酒井辰雄が監督、「相馬の唄祭」の倉持友一が撮影した時代喜劇。主演は「大江戸人気男」の花菱アチャコ、「伴淳・森繁の糞尿譚」の紫千代、伴淳三郎、「情痴の中の処女 天使の時間」の小山明子、「大江戸風雲絵巻 天の眼」の近衛十四郎。

監督
酒井辰雄
出演キャスト
花菱アチャコ 宮城千賀子 紫千代 シリア・ポール

続二等兵物語 決戦体制の巻

  • 1957年3月26日(火)
  • 出演(川崎二等兵 役)

お馴染二等兵物語の第四弾、本土死守の一篇である。原作染取三義、脚色は「りんどう鴉」の安田重夫。「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の福田晴一が監督し同じく「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の片岡清が撮影を担当した。出演者は、「伝七捕物帖 美女蝙蝠」の伴淳三郎と「凸凹巌窟王」の花菱アチャコのほか伊吹友木子、瑳峨三智子、北上弥太朗、関千恵子、加藤嘉など。

監督
福田晴一
出演キャスト
伴淳三郎 花菱アチャコ 伊吹友木子 浦辺粂子

東けんじの関連人物

宮城けんじ  三遊亭歌奴  牧伸二  戸塚睦夫  春風亭柳好 
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/9/27更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > 東けんじ

ムービーウォーカー 上へ戻る