映画-Movie Walker > 人物を探す > ダイアン・ラッド

年代別 映画作品( 1970年 ~ 2007年 まで合計11映画作品)

2007年

世界最速のインディアン

  • 2007年2月3日(土)公開
  • 出演(エイダ 役)

「ハンニバル」のアンソニー・ホプキンスが、63歳で世界記録に挑んだ実在のライダーを演じる人間ドラマ。「リクルート」のロジャー・ドナルドソン監督が1960年代の実話を映画化。

監督
ロジャー・ドナルドソン
出演キャスト
アンソニー・ホプキンス ダイアン・ラッド ポール・ロドリゲス アーロン・マーフィー
1999年

パーフェクト・カップル

  • 1999年3月20日(土)公開
  • 出演(Mamma Stanton 役)

大統領選に出馬した矢先にスキャンダルに巻き込まれた州知事とその妻の大騒動を描いたコメディ。全米を揺るがせたビル・クリントン大統領のスキャンダルに材をとったベストセラー『プライマリー☆カラーズ 小説大統領選』(早川書房刊)の映画化で、監督・製作は「バードケージ」のマイク・ニコルズ、脚本は彼とのコンビで知られる同作のエレイン・メイがあたった。製作総指揮はニール・マクリス、ジョナサン・D・クレーン。撮影は「エアフォース・ワン」のミヒャエル・バルハウス。音楽は「エンド・オブ・バイオレンス」のライ・クーダー。美術はボウ・ウェルチ。編集は「コンタクト」のアーサー・シュミット。衣裳はアン・ロス。出演は「フェイス/オフ」のジョン・トラヴォルタ、「ウインター・ゲスト」のエマ・トンプソン、「アルマゲドン」のビリー・ボブ・ソーントン、「タイタニック」のキャシー・ベイツ、舞台で活躍し本作がデビューとなるエイドリアン・レスター、『ダラス』のラリー・ハグマン、「傷心 ジェームズ・ディーン愛の伝説」のダイアン・ラッドほか。

監督
マイク・ニコルズ
出演キャスト
ジョン・トラヴォルタ エマ・トンプソン ビリー・ボブ・ソーントン キャシー・ベイツ
1996年

傷心 ジェームズ・ディーン愛の伝説

  • 1996年当年公開
  • 出演(Mama Pier Angeli 役)

不世出のスター、ジェームズ・ディーンと女優ピア・アンジェリの恋を描いたラヴ・ロマンス。監督はマルディ・ラスタム。脚本はダン・セフトン。撮影はアーヴ・グッドノフ、ゲーリー・グレーヴァー。音楽はゴードン・ウォーラー。出演は本作の後「スターシップ・トゥルーパーズ」の主演で売ったキャスパー・ヴァン・ディーン、名優ロバート・ミッチャム(本作にも特別出演)の孫であるキャリー・ミッチャム、「ワイルド・アット・ハート」のダイアン・ラッドほか。

監督
マーディ・ラスタム
出演キャスト
キャスパー・ヴァン・ディーン キャリー・ミッチャム ダイアン・ラッド マイク・コナーズ
1993年

フォーエバー

  • 1993年9月24日(金)公開
  • 出演(Mabel 役)

あるMTVディレクターが、無声映画時代の女優の亡霊と共に無声映画監督殺人事件の犯人を追う物語。監督はトーマス・パルマー・ジュニア。製作はジャクリン・ジロー。脚本はジャクリン・ジローとトーマス・パルマー・ジュニア。撮影はゲイリー・グレーバー。エグゼクティブ・プロデューサーはオリーブ・マックィーンとメル・パール、ドン・レヴィン。

監督
トーマス・パルマー・ジュニア
出演キャスト
ショーン・ヤング キース・クーガン サリー・カークランド ダイアン・ラッド
1992年

ランブリング・ローズ

  • 1992年10月31日(土)公開
  • 出演(Mother 役)

1935年のアメリカ南部のとある一家にやって来た風変わりな娘が巻き起こす騒動と、家族の絆を描く。監督は「天才アカデミー」のマーサ・クーリッジ、カルダー・ウィリンガムの原作(邦訳・扶桑社刊)をもとに彼自身が脚色、製作は「ダイ・ハード2」の監督レニー・ハーリン、エグゼクティヴ・プロデューサーはマリオ・カサールとエドガー・J・シェリック、撮影はジョニー・E・サイエン、音楽は「グリフターズ 詐欺師たち」のエルマー・バーンステインが担当。91年モントリオール国際映画祭主演女優賞受賞(ローラ・ダーン)。

監督
マーサ・クーリッジ
出演キャスト
ローラ・ダーン ロバート・デュヴァル ダイアン・ラッド ルーカス・ハース
1991年

死の接吻(1991)

  • 1991年9月21日(土)公開
  • 出演(Mrs. Corliss 役)

大富豪の財産を乗っ取ろうと双子の姉妹に接近する青年を主人公としたサスペンス・スリラー。エグゼクティヴ・プロデューサーはエリック・フェルナー、製作はロバート・ローレンス、監督・脚本はアイラ・レヴィンの原作を基に「パスカリの島」のジェームズ・ディアダン、撮影はマイク・サウソン、音楽をハワード・ショアが担当。出演はマット・ディロン、ショーン・ヤング、マックス・フォン・シドーほか。

監督
ジェームズ・ディアダン
出演キャスト
マット・ディロン ショーン・ヤング マックス・フォン・シドー ダイアン・ラッド

ワイルド・アット・ハート

  • 1991年1月15日(火)公開
  • 出演(Marietta_Fortune 役)

1990年のカンヌ映画祭でグランプリを受賞した、母親から逃れるためにカリフォルニアへと逃避行を続ける若い恋人たちを描いたラブ・ストーリー。エグゼクティヴ・プロデューサーはマイケル・クーン、製作はモンティ・モンゴメリー、スティーヴ・ゴリン、シガージョン・サイヴァットソンの共同、監督、脚本は「ブルー・ベルベット」以来4年ぶりのデイヴィッド・リンチ、撮影はフレデリック・エルムス、音楽はアンジェロ・バダラメンティが担肖出演はニコラス・ケイジ、ローラ・ダーンほか。

監督
デイヴィッド・リンチ
出演キャスト
ニコラス・ケイジ ローラ・ダーン ダイアン・ラッド ウィレム・デフォー
1987年

ブラック・ウィドー

  • 1987年5月23日(土)公開
  • 出演(Etta 役)

富豪の独身男性と次々に結婚し、その都度、相手を殺害して巨万の富を築く女と、彼女のあとを追う司法省捜査局の女職員の対決を描くサスペンス・ミステリー。製作はハロルド・シュナイダー、エグゼクティヴ・プロデューサーはローレンス・マーク、監督は「郵便配達は二度ベルを鳴らす」のボブ・ラフェルソン、脚本はロナルド・バス、撮影はコンラッド・ホール、音楽はマイケル・スモールが担当。出演はデブラ・ウィンガー、テレサ・ラッセル、サミー・フレーほか。

監督
ボブ・ラフェルソン
出演キャスト
デブラ・ウィンガー テレサ・ラッセル サミー・フレー デニス・ホッパー
1977年

エンブリヨ

  • 1977年10月8日(土)公開
  • 出演(Martha 役)

胎児が『成長ホルモン』により、4週間半で成人化したことから起こるSFサスペンス映画。製作総指揮はサンディー・ハワード、製作はアーノルド・H・オルゴリーニとアニタ・ドーハン、監督は「ソルジャー・ブルー」のラルフ・ネルソン、脚本はアニタ・ドーハン(ノヴェライゼーション/ルイ・シャルボノー著・番町書房刊)、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はジル・メレが各々担当。出演はロック・ハドソン、バーバラ・カレラ、ダイアン・ラッド、アンヌ・シェディーン、ジョン・エリック、ジャック・コルヴィン、ヴィンセント・バゲッタなど。

監督
ラルフ・ネルソン
出演キャスト
ロック・ハドソン バーバラ・カレラ ダイアン・ラッド アンヌ・シェディーン
1975年

アリスの恋

  • 1975年11月22日(土)公開
  • 出演(Flo 役)

突然の事故で夫を亡くした中年女性とその長男の旅を描く。製作はデイヴィッド・サスキンドとオードリー・マース、監督は「ミーン・ストリート」の新人マーティン・スコセッシ、脚本はロバート・ゲッチェル、撮影はケント・ウェイクフォード、音楽はリチャード・ラサール、編集はマーシア・ルーカス。出演はエレン・バースティン、クリス・クリストファーソン、ビリー・グリーン・ブッシュ、ディーン・ラッド、レリア・ゴルドーニ、レーン・ブラッドバリー、ヴィック・タイバック、アルフレッド・ルッターなど。

監督
マーティン・スコセッシ
出演キャスト
エレン・バースティン クリス・クリストファーソン ビリー・グリーン・ブッシュ ダイアン・ラッド
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > ダイアン・ラッド