映画-Movie Walker > 人物を探す > バーバラ・カレラ

年代別 映画作品( 1976年 ~ 1993年 まで合計8映画作品)

1993年

マイケル・パレ ボディハード

  • 1993年9月11日(土)
  • 出演(Eva 役)

悪名高き貿易商の妻のボディガードとなった、元捜査官の活躍を描くアクション編。監督はプロデューサー出身で「ブラックピューマ」で監督デビューしたボブ・ミシオロウスキ。エグゼキュテイヴ・プロデューサーはアビ・ラーナー、トレバー・ショート、ジョアンナ・プラフスキー。製作はダニー・ラーナー。原作はジョージ・フェルナンデス。脚本はフェルナンデス、デイヴィッド・ジート、レス・ウェルトン。撮影はジョセフ・ウェイン、音楽は「ブラックピューマ」のウラジミール・ホルンツィ。一般映画制限付き。

監督
ボブ・ミシオロウスキ
出演キャスト
マイケル・パレ バーバラ・カレラ マイケル・アイアンサイド イアン・ユール
1983年

ネバーセイ・ネバーアゲイン

  • 1983年12月10日(土)
  • 出演(Fatima 役)

スペクターによって奪われた核ミサイルを、英国情報部員ジェームズ・ボンドが取りもどすまでを描くアクション映画。イアン・フレミング著「サンダーボール」(早川ポケットミ・ステリ)の映画化権を持つケヴィン・マクローリーが、その権利をジャック・シュワーツマンに売り、シュワーツマンが製作に当った。マクローリーはエグゼクティヴ・プロデューサーとクレジットされているが、名前だけで製作にはタッチしていない。監督は「スター・ウォーズ 帝国の逆襲」(80)のアーヴィン・カーシュナー。脚本はロレンゾ・センプル・ジュニア、撮影はダグラス・スローカム、音楽はミシェル・ルグランが担当した。主題歌をラニ・ホールが歌っている。第2班監督はミッキー・ムーア、水中場面監督はリコウ・ブラウニングがつとめている。出演は「007/ダイヤモンドは永遠に」(71)以来12年振りにボンド役を演じるショーン・コネリーの他に、クラウス・マリア・ブランダウアー、バーバラ・カレラ、マックス・フィン・シドー、キム・べイシンガー、バーニー・ケーシーなど。パナビジョンで撮影。日本版字幕は戸田奈津子。テクニカラー、シネスコサイズ。1983年作品。

監督
アーヴィン・カーシュナー ミッキー・ムーア
出演キャスト
ショーン・コネリー クラウス・マリア・ブランダウアー マックス・フォン・シドー バーバラ・カレラ
1985年

テキサスSWAT

  • 1985年11月23日(土)
  • 出演(Lola_Richardson 役)

一匹狼のテキサス・レンジャーが、娘を誘拐した武器商人を倒すまでのアクション映画。トップキック・プロが製作協力。製作はヨラム・ベン=アミ、スティーヴ・カーヴァー。監督は「超高層プロフェッショナル」(79)のスティーヴ・カーヴァーで、主演のチャック・ノリスとはAn Eye for An Eye(81)に次いで2作目のコンビ。H・ケイ・ダイアルとB・J・ネルソンの原案に基づき、B・J・ネルンンが脚色。撮影はロジャー・シャーマン、音楽はフランチェスコ・デ・マージが担当。出演はノリスの他に、デイヴィッド・キャラダイン、バーバラ・カレラなど。

監督
スティーヴ・カーヴァー
出演キャスト
チャック・ノリス デヴィッド・キャラダイン バーバラ・カレラ レオン・アイザック・ケネディ
1982年

探偵マイク・ハマー 俺が掟だ!

  • 1982年5月1日(土)
  • 出演(Dr._Charlotte_Bennett 役)

戦友が殺された事件をめぐって凶悪な敵に挑む探偵マイク・ハマーの命知らずの活躍を描くハードボイルド・アクション。製作はロバート・H・ソロ、監督は「フーリング」のリチャード・T・ヘフロン。ミッキー・スピレーンの原作を基にラリー・コーエンが脚色。撮影はアンドルー・ラズロ、音楽はビル・コンティ、編集はガース・クレーヴン、製作デザインはロバート・ガンドラックが各々担当。出演はアーマンド・アサンテ、バーバラ・カレラ、ローレン・ランドン、アラン・キング、ジョフリー・リュイス、ポール・ソルビノなど。

監督
リチャード・T・ヘフロン
出演キャスト
アーマンド・アサンテ バーバラ・カレラ ローレン・ランドン アラン・キング
1980年

世界崩壊の序曲

  • 1980年6月14日(土)
  • 出演(Iolani 役)

南太平洋に浮かぶ、観光客で賑わうある島を舞台に、大噴火によって起こる数々の被害と対策を中心に、そこに展開される人間模様を描く。製作はアーウィン・アレン、監督は「ジェット・ローラー・コースター」のジェームズ・ゴールドストーン。ゴードン・トーマスとマックス・モーガン・ウィッツの原作を基にカール・フォアマンとスターリング・シリファントが脚色。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はラロ・シフリン、編集はエドワード・A・ビアリーとフリーマン・デイヴィス、製作デザインはフィリップ・M・ジェフェリーズ、特殊効果はL・B・アボットが各々担当。出演はポール・ニューマン、ジャクリーン・ビセット、ウィリアム・ホールデン、エドワード・アルバート、レッド・バトンズ、バーバラ・カレラ、ヴァレンティナ・コルテーゼ、ベロニカ・ハメル、アレックス・カラス、バージェス・メレディス、アーネスト・ボーグナイン、ジェームズ・フランシスカス、ジョン・コンシダイン、シーラ・アレンなど。日本語版監修は高瀬鎮夫。テクニカラー、パナビジョン。1980年作品。

監督
ジェームズ・ゴールドストーン
出演キャスト
ポール・ニューマン ジャクリーン・ビセット ウィリアム・ホールデン エドワード・アルバート
1978年

ドクター・モローの島

  • 1978年1月28日(土)
  • 出演(Maria 役)

ある熱帯の孤島にくりひろげられる、マッド・サイエンティストの世界を描くSF。製作総指揮はサミュエル・Z・アーコフとサンディー・ハワード、製作はジョン・テンプル・スミスとスキップ・ステロフ、監督は「新猿の惑星」のドン・テイラー、脚本はジョン・ハーマン・シェイナーとアル・ラムラス、原作はH・G・ウェルズの「モロー博士の島」(早川書房刊)、撮影はゲーリー・フィッシャー、音楽はローレンス・ローゼンタールが各々担当。出演はバート・ランカスター、マイケル・ヨーク、バーバラ・カレラ、ナイジェル・ダベンポート、リチャード・ベースハートなど。

監督
ドン・テイラー
出演キャスト
バート・ランカスター マイケル・ヨーク ナイジェル・ダヴェンポート バーバラ・カレラ
1977年

エンブリヨ

  • 1977年10月8日(土)
  • 出演(Victoria 役)

胎児が『成長ホルモン』により、4週間半で成人化したことから起こるSFサスペンス映画。製作総指揮はサンディー・ハワード、製作はアーノルド・H・オルゴリーニとアニタ・ドーハン、監督は「ソルジャー・ブルー」のラルフ・ネルソン、脚本はアニタ・ドーハン(ノヴェライゼーション/ルイ・シャルボノー著・番町書房刊)、撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はジル・メレが各々担当。出演はロック・ハドソン、バーバラ・カレラ、ダイアン・ラッド、アンヌ・シェディーン、ジョン・エリック、ジャック・コルヴィン、ヴィンセント・バゲッタなど。

監督
ラルフ・ネルソン
出演キャスト
ロック・ハドソン バーバラ・カレラ ダイアン・ラッド アンヌ・シェディーン
1976年

マスター・ガンファイター

  • 1976年12月4日(土)
  • 出演(Eula 役)

12連発銃と日本刀を持った過去ある1匹狼が、権力の横暴に単身挑む姿を描いたアクション映画で、「御用金」(昭和44年、監督五社英雄)を原作にしたものである。製作総指揮はデロレス・テーラー、製作はフィリップ・L・パースロー、監督はフランク・ローリン、脚本はハロルド・ラプランド、撮影はジャック・マータ、音楽はラロ・シフリン、美術はアルバート・ブレナーが各々担当。出演はトム・ローリン、ロン・オニール、リンカーン・キルパトリック、ジョー・アン・ソーサ、バーバラ・カレラ、ヴィクター・カンポス、ヘクトー・エイリースなど。

監督
フランク・ローリン
出演キャスト
トム・ローリン ロン・オニール リンカーン・キルパトリック ジョー・アン・ソーサ
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

見て良かったランキング
一度死んでみた
一度死んでみた

父親が嫌いな娘が父親の死の真相を巡り巻き込まれる騒動を広瀬すず主演で描くコメディ

ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY
ハーレイ・クインの華麗なる覚醒 BIRDS OF PREY

DCコミックスの人気キャラクター、ハーレイ・クインを主人公に描くアクション

三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実
三島由紀夫VS東大全共闘 50年目の真実

1969年の東大全共闘との討論会を通して作家・三島由紀夫の生き様を浮き彫りにする

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > バーバラ・カレラ