映画-Movie Walker > 人物を探す > シャーロット・ランプリング

年代別 映画作品( 1967年 ~ 2019年 まで合計33映画作品)

2019年

ともしび

  • 2019年2月2日(土)公開
  • 出演(アンナ 役)

シャーロット・ランプリングが、第74回ヴェネチア国際映画祭で主演女優賞を受賞したヒューマンドラマ。ベルギーの小都市で夫と老後を慎ましく暮らすアンナ。だが夫が犯したある罪によって、その生活の歯車は狂い始め、不安と孤独の冷たい雫が彼女に流れ込む。共演は「ル・アーヴルの靴みがき」のアンドレ・ウィルム。監督は、本作が長編2作目となるイタリア出身の俊英アンドレア・パラオロ。

監督
アンドレア・パラオロ
出演キャスト
シャーロット・ランプリング アンドレ・ウィルム ステファニー・ヴァン・ヴィーヴ シモン・ビショップ
2018年

レッド・スパロー

  • 2018年3月30日(金)公開
  • 出演(Matron 役)

ジェニファー・ローレンスが妖艶な女スパイを演じるサスペンス・アクション。ミッションのために近づいたロシアの女スパイとCIA捜査官が互いに惹かれ合い、騙し合う予測不能のストーリーが繰り広げられる。元CIA工作員という異色の経歴をもつジェイソン・マシューズの同名小説を『ハンガー・ゲーム2』のフランシス・ローレンスが映画化。

監督
フランシス・ローレンス
出演キャスト
ジェニファー・ローレンス ジョエル・エドガートン マティアス・スーナールツ シャーロット・ランプリング

ベロニカとの記憶

  • 2018年1月20日(土)公開
  • 出演(ベロニカ・フォード 役)

英国ブッカー賞受賞小説『終わりの感覚』を「めぐり逢わせのお弁当」のリテーシュ・バトラが監督したミステリードラマ。引退生活を送るトニーの元に、弁護士から一通の手紙が届く。それによると、40年前の初恋の人の母親がトニーに日記を遺しているという。出演は、「ミス・シェパードをお手本に」のジム・ブロードベント、「さざなみ」のシャーロット・ランプリング、「つぐない」のハリエット・ウォルター、ドラマ『セルフレス 覚醒した記憶』のミシェル・ドッカリー。

監督
リテーシュ・バトラ
出演キャスト
ジム・ブロードベント シャーロット・ランプリング ミシェル・ドッカリー エミリー・モーティマー
2016年

さざなみ

  • 2016年4月9日(土)公開
  • 出演(ケイト・マーサー 役)

2015年の第65回ベルリン国際映画祭で主演男優賞と主演女優賞をW受賞するなど、各国の映画賞に輝いた、とある夫婦の姿を映す人間ドラマ。シャーロット・ランプリングが長年連れ添った夫の元に届いた1通の手紙により心を乱される妻を、その相手を『長距離ランナーの孤独』のトム・コートネイが演じ、イギリスの名優の共演となった。

監督
アンドリュー・ヘイ
出演キャスト
シャーロット・ランプリング トム・コートネイ ジェラルディン・ジェームズ ドリー・ウェルズ
2009年

バビロン A.D.

  • 2009年5月9日(土)公開
  • 出演(ノーライト派教主 役)

『リディック』のヴィン・ディーゼルが屈強な傭兵の主人公に扮したSFアクション。謎の女を運ぶ仕事を請け負った男が、世界各地で壮絶なバトルを繰り広げるさまを描く痛快作。

監督
マシュー・カソヴィッツ
出演キャスト
ヴィン・ディーゼル ミシェル・ヨー メラニー・ティエリー ランベール・ウィルソン

ある公爵夫人の生涯

  • 2009年4月11日(土)公開
  • 出演(レディ・スペンサー 役)

18世紀末の英国を舞台にした歴史ドラマ。故ダイアナ妃の直系の祖先にあたる実在の公爵夫人のスキャンダラスな生き様を、きらびやかな映像で語り明かす。

監督
ソウル・ディブ
出演キャスト
キーラ・ナイトレイ レイフ・ファインズ シャーロット・ランプリング ドミニク・クーパー
2008年

彼が二度愛したS

  • 2008年11月8日(土)公開
  • 出演(ウォール街の美女 役)

現代のマンハッタンを舞台にしたスタイリッシュなラブ・サスペンス。恐るべきワナにはまった青年の運命を、官能的なムード漂う映像でスリリングに語り明かす。

監督
マーセル・ランジェネッガー
出演キャスト
ヒュー・ジャックマン ユアン・マクレガー ミシェル・ウィリアムズ マギー・Q
2007年

エンジェル

  • 2007年12月8日(土)公開
  • 出演(ハマイオニ・ギルブライト 役)

「スイミング・プール」のフランソワ・オゾン監督による女性ドラマ。英国に実在した女流作家をモデルに、そのきらびやかな成功の日々と、その先に訪れる悲劇を、色彩豊かな映像でつづる。

監督
フランソワ・オゾン
出演キャスト
ロモーラ・ガライ シャーロット・ランプリング サム・ニール ルーシー・ラッセル
2006年

氷の微笑2

  • 2006年11月11日(土)公開
  • 出演(ミレナ・ガードッシュ 役)

シャロン・ストーンが妖艶な悪女を演じた大ヒット作の14年ぶりの続編。美貌衰えぬストーンが、再びエロティックで謎多き犯罪小説家に扮するサスペンス。

監督
マイケル・ケイトン=ジョーンズ
出演キャスト
シャロン・ストーン デイヴィッド・モリッセー シャーロット・ランプリング デイヴィッド・シューリス

家の鍵

  • 2006年4月8日(土)公開
  • 出演(ニコール 役)

第61回ベネチア映画祭で3つの賞に輝き、イタリアで大ヒットした人間ドラマ。初めて我が子と対面した父親の心の葛藤を見据え、人と人との絆の尊さを問う感動作だ。

監督
ジャンニ・アメリオ
出演キャスト
キム・ロッシ・スチュアート アンドレア・ロッシ シャーロット・ランプリング アッラ・ファエロヴィック
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

Facebook&Twitter
MovieWalker_Facebook MovieWalker_twitter

映画-Movie Walker > 人物を探す > シャーロット・ランプリング