TOP > 映画監督・俳優を探す > Harry Dunkinson

年代別 映画作品( 1919年 ~ 1927年 まで合計11映画作品)

1927年

笑う門には福来る

  • 1927年
  • 出演(Potter 役)

アル・ボースバーグ氏が特に書き卸した物語をレックス・テイラー氏が脚色し、「痛ましの心」「鉄腕の男」等とおなじくジョン・フランシス・ディロン氏が監督したもので主役は「弱虫運動療法」「地下鉄サディー」等出演のジャック・マルホール氏と「舷々相摩す」「地下鉄サディー」等出演のドロシー・マッケール嬢が演じ、フイロ・マッカルー氏、イー・ジェー・ラトクリフ氏、ヨーラ・ダヴリル嬢、ハンク・マン氏、テイー・ロイ・バーンズ氏、チャールズ・タラーリー氏等が助演している。

監督
ジョン・フランシス・ディロン
出演キャスト
ジャック・マルホール ドロシー・マッケール フィロ・マッカロー E・J・ラトクリフ

天空爆破

  • 1927年
  • 出演(Mike_McCool 役)

「アリゾナの快男児」「ミックス曲馬大王」と同じくトム・ミックス氏主演の西部活劇で、後者と同じくベンジャミン・ストロフ氏が監督している。原作者はハリー・シンクレア・ドラゴ氏で、ハロルド・ビー・リプシッツ氏が脚色した。ミクス氏の相手役は「ドル箱シーモン」「喧嘩友達」出演のドロシー・ドワン嬢で、久振りに出演のフィロ・マッカロー氏が悪役を演じている。他にトム・ケネディー氏、クラーク・コムストック氏等出演。

監督
ベンジャミン・ストロフ
出演キャスト
トム・ミックス ドロシー・ドゥワン フィロ・マッカロー Jocky Hoefli
1925年

傍若無人(1925)

  • 1925年
  • 出演(Sberiff 役)

ウィリアム・マクレオド・レイン氏作の小説に基づいてチャールズ・ダーントン氏が脚色し、「一潟千里」「愛の虚言」等と同じくW・S・ヴァン・ダイク氏が監督したもので、主役は「殴り廻る男」「虎穴の壮漢」等主演のバツク・ジョーンズ氏が演じ、フローレンス・ギルバート嬢で、モンタギュー・ラヴ氏、エドナ・マリオン嬢、アーサー・ハウスマン氏、アーネスト・バタワース氏、カール・ストックデール氏等が助演している。

監督
W・S・ヴァン・ダイク
出演キャスト
バック・ジョーンズ フローレンス・ギルバート エドナ・マリオン アーネスト・バタワース
1923年

豪傑ダン

  • 1923年
  • 出演(Charles_Burke 役)

フレデリック・ハットン及びファニー・ハットンの共作になり、ウィリアム・A・ウェルマンが監督「死線突破」「巡業の群れ」等と同じくチャールズ・ジョーンズが主演したもの。対手役はマリアン・ニクソン。

監督
ウィリアム・A・ウェルマン
出演キャスト
チャールズ・ジョーンズ マリアン・ニクソン ベン・ヘンドリックス トリルビー・クラーク
1922年

速達郵便列車

  • 1922年
  • 出演(Harry_Joyce 役)

2、3の作品で既に紹介されているチャールズ・ジョーンズ氏の主演劇で、相手は「危険なる処女時代」「女市長」等出演のアイリーン・パーシー嬢。監督は最近フォックス社にその人在りと知られたバーナード・J・ダーニング氏である。

監督
バーナード・J・ダーニング
出演キャスト
チャールズ・ジョーンズ アイリーン・パーシー ジェームズ・メイソン ウィリアム・スティール
1920年

求むる心

  • 1920年
  • 出演(Arthur_Elkins 役)

サタデイ・イーヴニング・ポースド誌に載せたF・スコット・フィッツジェラルド原作の小説『ミラと彼の家族との対面』Myra Meets His Familyを、ジョセフ・F・ポーランドが脚色し、ハワード・M・ミッチェルが監督したもの。フォックス社でスターになったアイリーン・パーシーが、エモリー・ジョンソンを相手に撮影したものである。

監督
ハワード・M・ミッチェル
出演キャスト
アイリーン・パーシー エモリー・ジョンソン Jane Miller Harry Dunkinson

無敵の壮漢

  • 1920年
  • 出演(Ranch_Owner 役)

活劇名手トム・ミックスが自ら原作および監督の任にあたり、主演したフォックス映画で、相手役はユ社映画そのほかで知られているエヴァ・ノヴァクである。

監督
トム・ミックス
出演キャスト
トム・ミックス エヴァ・ノヴァク チャールズ・K・フレンチ L・C・シャムウェイ

恋を知る頃

  • 1920年
  • 出演(Jack_Herrick 役)

「メリー・アン」の前にできた映画で、例の通りメースン嬢お得意のコメディー。相手役は最近「モヒカン族の最後(1920)」に主役を演じたアルバート・ロスコー氏である。字幕に面白い工夫が施されている。「愉快な軽い喜劇」とニュース誌は賞めている。

監督
ハワード・M・ミッチェル
出演キャスト
シャーリー・メイスン アルバート・ロスコー Harry Dunkinson Lillie Leslie

えんじと富

  • 1920年
  • 出演(Max_Marro 役)

リヴ・ストーリース・マガジーン誌上に掲載されたケイレイ・ウォンダーリー氏の原作を、ハル・ホウドレイ氏が脚色し、ハリー・フランクリン氏が監督して製作した社界劇で、メエリー・マックラレン嬢とワーレス・マックドナルド氏の共演である其他「百万ドルの秘密」等出演のマーゲリット・スノウ嬢がドドに扮して居る。

監督
ハリー・フランクリン
出演キャスト
メアリー・マクラレン アルバータ・リー ロバート・ウォーカー Dorothy Abril
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/10/23更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 映画監督・俳優を探す > Harry Dunkinson

ムービーウォーカー 上へ戻る