TOP > 人物を探す > 小川三喜雄

年代別 映画作品( 1955年 ~ 1966年 まで合計16映画作品)

1966年

湖の琴

  • 1966年11月13日(日)
  • 企画

水上勉の原作を「沓掛時次郎 遊侠一匹」の鈴木尚之が脚色し、「冷飯とおさんとちゃん」の田坂具隆が監督した文芸もの。撮影はコンビの飯村雅彦。

監督
田坂具隆
出演キャスト
佐久間良子 中村嘉葎雄 二代目中村鴈治郎 山岡久乃

丹下左膳 飛燕居合斬り

  • 1966年5月21日(土)
  • 企画

林不忘の原作を「花と竜(1965)」の田坂啓と「五匹の紳士」の五社英雄が共同で脚色し、五社英雄が監督した異色剣豪もの。撮影は「のれん一代 女侠」の吉田貞次。

監督
五社英雄
出演キャスト
萬屋錦之介 木村功 淡路恵子 入江若葉

沓掛時次郎 遊侠一匹(1966)

  • 1966年4月1日(金)
  • 企画

長谷川伸の原作を、「宮本武蔵 巌流島の決斗」の鈴木尚之と掛札昌裕が共同で脚色、「明治侠客伝 三代目襲名」の加藤泰が監督した股旅もの。撮影は「花と竜 洞海湾の決闘」の古谷伸。

監督
加藤泰
出演キャスト
萬屋錦之介 池内淳子 二代目中村錦之助 弓恵子

続花と龍 洞海湾の決斗

  • 1966年1月13日(木)
  • 企画

火野葦平の原作を「隠密侍危機一発」の田坂啓と「大阪ど根性物語 どえらい奴」の中島貞夫が共で脚色、「花と竜(1965)」の山下耕作が監督した「花と竜(1965)」の続編。

監督
山下耕作
出演キャスト
萬屋錦之介 佐久間良子 淡路恵子 神木真寿雄
1965年

花と竜(1965)

  • 1965年11月20日(土)
  • 企画

火野葦平の同名小説を、「第三の忍者」の田坂啓が脚色、「関の弥太ッぺ(1963)」の山下耕作が監督した侠客もの。撮影は「新蛇姫様 お島千太郎」の古谷伸。

監督
山下耕作
出演キャスト
萬屋錦之介 佐久間良子 淡路恵子 神木真寿雄

宮本武蔵 巌流島の決斗

  • 1965年7月24日(土)
  • 企画

吉川英治原作から第一作の「宮本武蔵(1961)」以来コンビの鈴木尚之、内田吐夢が共同で脚色、内田吐夢が監督した「宮本武蔵」シリーズの完結篇。撮影も「宮本武蔵 二刀流開眼」の吉田貞次

監督
内田吐夢
出演キャスト
萬屋錦之介 入江若葉 木村功 浪花千栄子

股旅 三人やくざ

  • 1965年5月22日(土)
  • 企画

「日本侠客伝 浪花篇」の笠原和夫が第一話を、「御存じ いれずみ判官」の中島貞夫が第二話を、「赤い手裏剣」の野上龍雄が第一話を、それぞれ執筆、「御存じ いれずみ判官」の沢島忠が監督したオムニバス時代劇。撮影もコンビの古谷伸。

監督
沢島正継
出演キャスト
仲代達矢 桜町弘子 内田朝雄 尾形伸之介

冷飯とおさんとちゃん

  • 1965年4月10日(土)
  • 企画

山本周五郎原作“ひやめし物語”“おさん”“ちゃん”を「飢餓海峡」の鈴木尚之が脚色「鮫」の田坂具隆が監督した文芸オムニバスドラマ。撮影もコンビの飯村雅彦。

監督
田坂具隆
出演キャスト
萬屋錦之介 木暮実千代 原田甲子郎 岡田千代

徳川家康

  • 1965年1月3日(日)
  • 企画

山岡荘八の同名小説を「この首一万石」の伊藤大輔が脚色、監督した歴史時代劇。撮影もコンビの吉田貞次。

監督
出演キャスト
北大路欣也 畠山淑子 青木勇嗣 萬屋錦之介
1956年

続々獅子丸一平

  • 1956年2月11日(土)
  • 企画

毎日新聞連載の川口松太郎の小説を「子供の眼」の松山善三が脚色、「雄呂血の秘宝 (前後篇)」の共同監督者の一人、萩原遼が監督、「黒田騒動」の吉田貞次が撮影を担当した。主なる出演者は「晴姿一番纒」の中村錦之助、千原しのぶ、「「石狩川」より 大地の侍」の高千穂ひづる、「戦慄の七仮面」の喜多川千鶴、片岡栄二郎、「戦慄の七仮面」の安宅淳子など。

監督
萩原遼
出演キャスト
萬屋錦之介 高千穂ひづる 千原しのぶ 喜多川千鶴
最近チェックした映画館・映画
おすすめ特集

おすすめ情報

2020/7/14更新
映画ニュースランキング
Facebook&Twitter
MOVIE WALKER PRESS_Facebook MOVIE WALKER PRESS_twitter

TOP > 人物を探す > 小川三喜雄

ムービーウォーカー 上へ戻る